インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 山ヒルと万太郎山 2015/9/19日。

<<   作成日時 : 2015/09/19 22:33   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 17

川古温泉から、赤谷川林道を2時間ほど歩いて、谷川の万太郎山に行って見ようと出かけました。この道は紅葉の頃に何度か通った道ですが、暖かな時期には山ヒルが居るようなので気を付けながら行ってみようと思います。

      毛渡乗越と仙ノ倉方面
画像


この赤谷川林道から毛渡乗越への道と、赤谷川橋から大源太への道は、紅葉の頃は素晴らしい景色に彩られますが、今頃は花も紅葉もありませんが、林道の先からは素晴らしい滝の連続して見られる道です。

画像


画像


足元にヒルが取りついて居ないか時々注意しながら歩いていましたが、やはり吸い付かれてしまいました。

画像


憎っくきヤマヒルを、持ってきたライターで火炙りの刑にしようとしたら
ヒルは吸いついていた口を放して、頭をピョコピョコ下げて
「勘弁して下さい」 と言っているようでした。

画像


私・・・貴重な血を吸いやがって、勘弁して下さい なんて言われたって・・・

ヒル・・・ここの処、雨ばかり降っていて、1ヶ月以上も水以外は何も飲んでいないんです!!
     それに女房 子供も、水ばっかり飲んでいて  もうすっかり 針金のように細くなって
     この冬越せるかどうか心配なんです。

私・・・そうか それは気の毒だなー


     ここまでが赤谷川林道でここから本格的登りになります
画像


私・・・うーん可愛そうだから、ちょっとだけ吸わせてやろうか
    時間がないから早いとこ 吸って呉れよ!!

ヒルは喜んで足の血を吸い始め みるみる内に私の小指ほど太って来ました。


画像


ヒル・・・ああ 美味しかった!!有難うございました。これで何とかこの冬を越せそうです
     早く家に帰って、女房と子供に、美味しい血を分けてやろうと思います・・・

私・・・そんなに美味しかったのかい・・・

ヒル・・・一生に一度くらいしか飲むことは出来ませんが、やっぱり人間様の血は最高です。
     ネズミや猪の血とは全然味が違いますね!!


     林道終点から渡渉地点までのトラバースの道は荒れた急斜面でちょっと怖い道でした
画像


私・・・家は近いのかい!!

ヒル・・・はい インレッドさんの足なら10っ歩くらいですが、私の足では1時間ほど掛かります
     ほら その先にあるミズナラの大木の下ですよ!!

私・・・ああ あの木の下ですか、それなら連れて行ってあげましょう!!

私の手の平に乗せて木の下まで連れて行ったら、シダの蔭に3匹のヒルが居ました

私・・・この3人(匹)さんが ご家族ですか!!

ヒル・・・そうなんです、女房に娘の3人(匹)です

私・・・本当に細く痩せていて 針金と言うより針見たいに細いですね!!

画像


私・・・ついでだから、奥さんと二人の娘さんにも、少し分けてやろうか!!

ヒルの奥方・・・えっ 本当にいいんですか!!。有難うございます 有難うございます!!

二人の娘・・・私たちもいいんですか??。

私・・・勿論だよ、好きな所の血をいっぱい吸っていいよ!!

奥方も娘さんも、ピョコピョコと頭を下げて、涙を流しながら、私のモモの血を吸い始めました。



画像


すっかり太ったヒルの家族は私にお礼をしたいと言います。

ヒルの父・・・インレッドさん、何かお礼をしたいのですが
        何か望みがありますか・・・

私・・・ウーン それならば人間の小説に「高野聖」と言う本があります。
         その物語は、若い坊さんが山を歩いていたら、やはり沢山のヒルに
         血を吸われて、近くの沢の滝の側で裸になって体を吹いていたら
         ヒルが妙齢な美女に化け、裸でその僧の体を拭いてやったと言う
         物語があります。 そんな風に化けて私の体を拭いて呉れたら嬉しいかな!!

ヒルの父・・・そのくらいならば簡単ですよ、来年になれば二人の娘も年頃になりますから、精々美しい美女に
        なれるように、今から一生懸命に勉強させますから、その時はまた美味しい血を少し分けて下さい。



画像


私・・・解りました。皆さんはどんな血の味が好きですか!!

ヒルの父・・・やはり日本酒か焼酎の味が少しすると最高です。

ヒルの奥さん・・・私はワインの味が少し・・・

ヒルの娘さん二人・・・私はね 牛肉の味がいいなー

私・・・血の滴るレアなヤツね

ヒルの娘さん二人・・・そう そう言うやつ・・・

私・・・解りました 酒を飲みワインを飲んで牛肉をいっぱい食べて
    来年の猛暑日が続くころに、すぐそこの笹穴沢に行きますから
    その時に寄って行きます


画像


ヒルの父・・・インレッドさん その時はそのミズナラの木を トン トン トン と3回叩いて下さい
        そしたら、 会いに来ます

私・・・この冬は元気で過ごしてね、来年を楽しみにしています、但し体を拭いて呉れのは嬉しいのですが
    牛や獣に変えないでね!!

ヒルの娘二人  笑いながら・・・ 悪いことをしなければ 無事に帰して上げますよ、一層元気にしてね!!

じゃーねー と別れて先に進みましたが、ヒルの一家は、またまたピョコピョコと頭を下げて見送って呉れました

     

画像



     万太郎付近から霧雨が降って来ました。
画像


画像


一日中会う人が居ないので、そんなバカな事を考えながら渡渉地点に来ました、雨の為か少し水嵩が増えていて、靴を脱ぎ膝少し上まで浸かりながら渡りましたが、そのあたりからは滝の水しぶきにコヌカ雨降る登りになり、カメラをザックにしまいカッパを着て急登を喘ぎつつ登って毛渡乗越に着きました。

     これから登る万太郎方面
画像


     下に毛渡乗越の分岐と上に仙ノ倉方面
画像


     万太郎方面
画像


ここはまさに気流の分水嶺です、上州は秋の青空の下ですが、越後の土樽方面はどんよりと曇った空の中でした。

     山頂
画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん こんにちは
ヒルの家族とのお話、楽しく拝見しました。
一人で歩いていると、いろんなことを考えますね。
気流の分水嶺とは云い得て妙ですね。
谷川岳あたりも稜線はもう色づいてくる頃でしょうか。
はなねこ
2015/09/19 22:56
はなねこ さん、お早うございます。
今回は上の稜線に出るまでは、何もない林道歩きなので、ヒルと話をしながら登りました。山頂付近は既に紅葉が始まっていましたが、濃い霧の中で良い画像がありませんでしたので載せませんでした。
インレッド
2015/09/20 10:01
こちら方面の者には、ヒルといえば、東丹沢を思い出すので、
法師温泉付近にもいると聞いて意外でしたが、赤谷川あたりにもいるのですね。
静かなロングコースを歩かれましたね。雲の間から見える稜線がよい感じです!
アイ
2015/09/20 17:58
インレッドさん こんばんは。
万太郎へ今日土樽から行って来ました、予定は谷川から茂倉の縦走でしたが、出だしから雨とガスでピストンで戻りました。用意して置いた地図を忘れてしまい、GPS頼りで行きましたが登山口を通り越してしまい、少しあわてました、夜中の初めての登山道は気持ちが悪かったです。
夢創歩
2015/09/20 18:05
こんばんは。
谷川岳から見る万太郎山はとても美しいので一度行ってみたいと思っています。
でもヒルがいるんですね。ヒルは沢山いるのでしょうか。
ヒルの話楽しく読ませて頂きました。
ゴキブリも家の中に入ると外へ逃がしてあげる人を知っています。確かに人間より先に地球に生きている昆虫です。見た目が悪すぎて可哀そう。でも私は殺します。御免なさい。
カスミッシモ
2015/09/20 18:35
アイさん、今晩は。
その後、如何お過ごしでしょうか、ここはアイさん夫婦と始めて出会った、仙ノ倉のあの先に行くとこんな稜線になります。なかなか良い稜線なのですが、ピストンだときつくて、縦走ですと車に戻るのに苦労します。
インレッド
2015/09/20 19:02
夢創歩さん、今晩は。
吾策新道は何度か通りました、万太郎谷もそこから入ります。結構きつい道ですね。でもそちら側の方が景色も紅葉も良いと思います。
GPS持参で迷ってしまっては困りましたね。あそこには立派な道標があったと思いますが・・・。
インレッド
2015/09/20 19:08
カスミッシモさん、今晩は。
この稜線にはヒルは居ませんが、このあたりでは谷川温泉付近には沢山います。この林道には少しですがいます。谷川ではそのくらいですから安心して登ってください。ヒルは昔は血圧が高い人は腕に数匹取りつかせて吸わせて居ましたよ。
インレッド
2015/09/20 19:12
こんにちは。
谷川近くの山ですね。ヒルもインレッドさまに食いつけば
楽しく面白そうですね。
いや〜〜山登りも色々ありますね。
猿ヶ京温泉入浴致しました、多分「ところてん」付きでした。
地図で登山道は何処からか見れました♪

今テレビで「群馬県こんにゃくパーク」放送していましたよ♪

13年間「OB会」の幹事も若いお方に引き継ぎponiesも肩の
荷がおり、私もホット致しております。(軽い難聴になられました)
たかちゃん
2015/09/21 10:17
万太郎の稜線はアルプス見たいで
なかなか良いですね。こちらにはヒルは
あまりいませんが、やはりちょっと気持ちが
悪いです。
nori
2015/09/21 21:47
たかちゃん さん、お早うございます。
この日は花も無く紅葉には少し早く、ずーっと一人旅でしたのでこんなことを考えながら歩いて居ました。そうでもしないとブログに書くことがないので・・・
大変お粗末様でした。
インレッド
2015/09/22 09:03
noriさん、お早うございます。
平標から谷川までこんな稜線が続き全部歩き通したいのですが、車の便が悪くてなかなか出来ません。その内是非やって見て下さい。中々良いですよ。
インレッド
2015/09/22 09:05
こんばんは。
インレッドさんの手にかかると、嫌われもののヒルもなんだか可愛くなってしまうから不思議ですね。
万太郎山は美しい姿をして惹かれますが、行くのに大変そうですね。
orihimeff
2015/09/22 20:16
orihimeffさん、お早うございます。
万太郎には土樽から吾策新道を登れば1本道ですが、結構アップダウンがあります。こちらの赤谷川からですと林道歩きが2時間ほどありそこから、かなり危険なトラバースの続く道が1時間ほどあります、その後渡渉もあり、そこからはかなりの急登になり、あまりこちらから登る人は居ません、毛渡乗越から下山に使う方がたまにいるだけの道です。それでも紅葉はかなり綺麗な所です。
インレッド
2015/09/23 09:16
インレッド様もヒルと闘ってましたか。
でも、吸わせてあげる(?!)なんて優しいですね。
こちらは、リーダーがアルコールを用意してくださって難を逃れました。
ご馳走をいただくと、あんなにぷっくりなんですね。
るたん
2015/09/24 07:11
るたん さん、今晩は。
そうなんですよ、一度 るたん さんも数匹のヒルに血を吸わせてあげたらいかがでしょうか。きっとほっそりと一層美しい体型になることと思います。
インレッド
2015/09/24 20:58
こんばんは
前からインレッドさんが書かれるヒルが恐くて、夏には谷川岳に近づかないようにしていますが、紅葉の頃にもいるんですね、今回は写真付きで恐過ぎます(ゾ〜〜)
そう言えば、夏は沢登りに興じていらっしゃいますが、ヒルの害はなかったですか?
酒を飲みワインを飲んで、牛肉をいっぱい食べて猛暑日が続く頃に、インレッドさんが笹穴沢に行かれる時は、みなさんどうなるのか楽しみにしている人も多いかもしれませんね♪〜
リッキー
2015/10/07 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
山ヒルと万太郎山 2015/9/19日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる