インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の三国街道  2015/10/31日。

<<   作成日時 : 2015/11/01 15:59   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 20

新潟の山に行く時に三国トンネルを越えて行きますが、その尾根にある、旧三国街道はまだ歩いたことがありませんでした。残雪のころか紅葉の頃は良さそうで、やっと今回歩くことにしました。

     三国街道の紅葉
画像


旧三国街道はいくつかの登山口がありますが、今回は群馬側の一番下から歩きます。峠まで片道約7k程ですから往復14k歩くことになります。

     旧三国街道の登山口
画像


     歩き始めの道
画像


画像


この街道は古くは坂上田村麻呂や「毘」の旗印を掲げて上杉謙信さんも通り、良寛さん、河合継之助も通りました。長岡藩や新発田藩・村上藩・村松藩・三根山藩と多くの藩も参勤交代で通った道です。

画像


画像


画像


今はこの下の国道をトラックや自家用車が息せき切って通って行き、あっと言う間に峠に着いてしまいますが、昔はかなりの難所の街道でした。

画像


画像


画像


高田瞽女(ゴゼ)さんも手を引かれ雪の峠を越えて、猿ヶ京・新治村・水上あたりを門付けして歩きました。村の人々もゴゼさんの三味線と語りを楽しみにしていました。葛の葉子別れの段や、山椒大夫の船別れの段などが淡々と語られ、松前心中などの口説きもあって、その後は民謡や流行り歌で陽気に閉めてお開きになります。あまり娯楽の無い時代に、楽しいひと時だったのかも知れません。

画像


画像


画像


越後の国は半年が雪の中の生活になり、働く場所も限られて居ました。その為多くの人が出稼ぎで三国峠を越えて上州や関東に来ました。

画像


画像


画像


そして一番哀れを感じる人が、困窮の為、女衒に手を引かれて通った越後の娘さん達でした。僅かなお金で身を売られ、働く場所は殆どが倉賀野宿や木崎宿などの宿場で飯盛り女として働かされました。

画像


画像


画像


          出入り七年困窮となりて
          新発田様にはご上納ができぬ
          田地売ろうか子供を売ろか
          田地は小作で手がつけられぬ
          姉はじゃんかで金にはならぬ
          妹売ろうとご相談きまる

          わたしゃ上州に行ってくるほどに
          さらばさらばよ父さんさらば
          さらばさらばよ母さんさらば
          またもさらばよ皆さんさらば
                 
                        ・・・今でも盆踊りの際に歌われている木崎音頭より

画像


画像


画像


世間では、さげすまれた女性達ですが、身をもって家族を助け、家を守った、仏様か菩薩様のような人達です。殆どの方が結核や梅毒で年季の開ける前に亡くなり、二度と故郷に帰ることはありませんでした。

画像


画像


画像


この街道には更に歴史を感じさせられる、大般若塚があります。この峠で雪崩のため亡くなった方や、行き倒れになった方々の亡霊や妖怪変化が現れて旅人を脅かしたそうです。その為ここに亡くなった方の名前と、般若心経を石に書いて埋め供養塔を建てました。それからは妖怪変化が出なくなったそうです。

      大般若塚
画像


更にこの三国街道は越後の小出から80里越えで会津に繋がります。小出は会津藩の飛び地になって居て代官も住んでいました。白河の会津街道と、先日ブログにアップした三斗小屋宿のある会津中街道とこの三国街道は会津を守る為の重要な街道で、会津兵が駐屯していました。

    三国山方面
画像


戊辰戦争の前哨戦として、この三国街道で慶応4年に、新政府軍と壮烈な山岳戦争が始まりました。四方から攻めて来る新政府軍と戦い会津軍は徐々に後退しましたが、小雨降る戦場で町野久吉と言う若干17歳の白虎隊の兵士が大槍を持って獅子奮迅の戦いをしました。先祖伝来の藩主から戴いた大槍で次々と新政府軍の兵をなぎ倒しました。

画像


驚きたじろいでいた新政府軍も、やがて銃砲を乱れ打ち、ついに町野久吉は倒れてしまいましたが、止めを刺そうとした新政府軍の兵士を更になぎ倒して生き切れました。白虎隊の最初の戦死者が町野でした。村の人達はその町野久吉を憐れみ、彼の碑がこの峠の下の方に今でも建っています。

画像


更に少し先には長岡藩の侍7人の遭難の碑があります。元文5年2月、江戸から罪人を遠丸篭に入れて護送中に雪崩に逢い7人が亡くなりました。雪のある頃はこの峠を越すのはかなり大変だったようです。

     長岡藩士7人の遭難の碑
画像


遭難の碑の先から急なトラバースの道になり峠も近くになって来ました。

画像


画像


峠の御阪三神社に着きました、上野の赤城神社・信濃の諏訪神社、越後の弥彦神社の神々を祀り、ここから三国峠の名が付きました。

     峠に建つ御阪神社
画像


    小雪交じりの霧雨に隠れる三国山方面
画像


鉛色の空の下、女衒に連れられてここを通った幼い子女達は、ここから故郷の空を眺めて涙を流したことでしょう。そして反対側の上州の空は雲一つ無い青空で、これから行く上州での暮らしに明るい望みを持ったに違い有りませんが・・・。
この冬初めての粉雪が舞い、はく息も白くなり、手袋をした手も冷たくなって来ました。

     今日の最後に三国山では無く反対側の長倉山に登りました
画像


帰りは国道17号線をひっきりなしに通るトラックやマイカーを避けて、右に紅葉の深い谷を眺め、左に真っ赤に染まった紅葉の尾根を眺めて、歴史と時の流れを感じながら駐車場に戻りました。

     帰り道の紅葉
画像


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
美しい紅葉です。
それにしても、いろんなことをほんとによくご存じですね。
その土地の歴史や謂われを知ると
更に思い入れも強く、感動も大きくなりますね。
小雪まじりの霧雨、冷たそうです。
nousagi
2015/11/01 18:30
今週も私の知らない道をありがとうございます。
紅葉が本当に綺麗ですね。
歴史の事も良くご存じで、勉強になります。
私は今日は誕生日でした。
天気が良かったのですが山は休み。
美容院やら車のオイル交換などで一日があっと言う間に終わりました。
西上州の山もそろそろ紅葉が良いシーズンになりましたね。
chiaki
2015/11/01 20:36
こんばんは。
三国街道のR17は何回か走行致しました、木々も空も見えて
美しい紅葉を拝見し楽しそうな街道ですね、歴史を教えて戴き
感謝です。
歴史のお話ですが、山口県「道の駅 潮彩市場防府」オープン
致しました、近くに「防府天満宮」があり「楫取素彦と文」の
銅像が有るそうです、訪問して見たいですね。

たかちゃん
2015/11/01 21:00
河合継之助や良寛さんも歩いたのですか。。知りませんでした。
実は、三国峠は17号線の事で、昔は清水峠が上州へつながる道だと思っていました。。(^^ゞ

山歩きと言えばピークハントと考えていましたが
旧街道歩きも良いですね。

アサレン
2015/11/01 23:26
nusagiさん、お早うございます。
昔の旅人もこんな紅葉の下の歩きならば、きっと楽しい旅が出来たでしょうね。途中には茶屋跡もありました。高田山あたりは丁度今頃が見頃のようですよ。
インレッド
2015/11/02 08:49
chiakiさん、ハッピー バースデー!!。
紅葉もさんだんと近くの山で見られるようになりましたね。
行きたい所だらけで、どこに行こうか悩みます
そんな良い悩みがあるから 又楽しい日々になります。
インレッド
2015/11/02 08:54
楫取素彦と文の銅像がそちらにですか、今 テレビでは丁度 群馬県令として活躍しているシーンが出て来て、こちらでも話題が沸騰中です。
インレッド
2015/11/02 09:00
アサレンさん、お早うございます。
清水峠よりはこちらの方が多少楽な道で、雪もこちらの方が多少少ないと思います。新潟からの米や佐渡金山で採れた金などもこの峠を越えて江戸に行きました。峠にはこの峠を通った主な人の名が書いてあります。与板藩主もこの道を通ったと書いてありましたよ。
インレッド
2015/11/02 09:05
女衒に連れられて越後の女子も通った道ですか、可愛そうな人達ですね、そう言えば美空ひばり さんの歌にも越後獅子が出て来ますね。雪国の人は昔は苦労が多かったようです。一度私も通って見たい街道です。
nori
2015/11/02 09:09
noriさん、今晩は。
そちらの塩の道と違ってこちらは少し寂しさの残る峠です。雪がちらちら と舞ってきましたので、余計にそんなことを感じました。それでも紅葉はなかなか美しい街道でした。
インレッド
2015/11/02 19:16
こんばんは。
綺麗な紅葉の中を、その土地の歴史や生活を回顧しながらの静かな街道歩き、
まさにインレッドさんの世界で素晴らしいですね。
三国街道起点の高崎本町1丁目から歩き出して、何回も何日もかけて街道を歩いている知人がいますが、楽しみ方や趣味は様々ですね。
orihimeff
2015/11/02 21:27
こんばんは
「三国」の謂れを知り なるほどと感心しました
様々な歴史を刻んできた三国街道ですが
いまでも当時のまま残る街道が歴史の重さを示しているようです
見事な紅葉ですが
往復14kmとは長丁場でしたね
シィーモ
2015/11/02 22:24
こんにちは。
三国峠の旧道はきれいな道なんですね、トンネルの少し下の方から登るようですね、一度行ってみたいです、峠から反対側も行けるのですね、稲包山が近いとは知りませんでした。
三国の意味を初めて知りました、那須の三本槍と同じような歴史があるのですね。
夢創歩
2015/11/03 16:16
始めまして。
いつもブログは拝見していますが、紅葉の画像は素晴らしいです。いつも行った気分で眺めさせていただいています。同じ道を一緒に歩いているようで、楽しく拝見しました。
はるはる
2015/11/03 18:25
こんばんは。
美しい紅葉です。この中に身を置きたくなります。
三国街道の歴史をお聞きしますと、我々が趣味で山歩きしているのが申し訳なく思います。平和な世界を生きているという事でしょうか。
カスミッシモ
2015/11/03 18:40
orihimeffさん、今晩は。
この旧三国街道は紅葉の頃も良く、雪のある頃もここから峠に行かずに直接 三国山に登れそうで、その時期にも登って見たい所です。木崎の大通寺には飯盛り女達の墓標がたくさんあります。
インレッド
2015/11/03 20:09
シィーモさん、今晩は。
往復14kでしたが、紅葉も綺麗で歴史にも思いを馳せながらの登りで、帰りは国道を通りましたが、いつも車でさーっとおりてしまい、あまり景色は見ていなくて、今回左右の紅葉の景色を眺めながら降りて来ましたので、それ程着かれず飽きもしませんでした。
インレッド
2015/11/03 20:13
夢創歩さん、今晩は。
今回はそのトンネルの下よりも遥かに下の方からで、猿ヶ京の温泉街の少し上から登りました。三国峠から稲包にも行くことが出来ます。残雪の頃は結構良いです、石楠花も結構咲いています。
インレッド
2015/11/03 20:17
はるはる さん、始めまして。
コメント有難うございます。
ここの所同じような紅葉の画像ばかりで皆さんに、飽きられないかと心配していますが、紅葉の景色が好きなので、飽きずに眺めて下さい。
インレッド
2015/11/03 20:19
カスミッシモさん、今晩は。
昔は昔で悩みが多く、今は今で悩みがたくさんありますが、それが人の生きる道ですから、いつの時代もこればかりは同じですね、かえって悩みが無い人は気の毒です。
インレッド
2015/11/03 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉の三国街道  2015/10/31日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる