インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧氷の烏帽子岳   2016/1/9日。

<<   作成日時 : 2016/01/10 12:20   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 28

やっと冬型の気圧配置になり、暖冬も一休みのようです、さっそく霧氷の出来る湯ノ丸・烏帽子岳に行き、綺麗なガラス細工のような霧氷を眺めようと出かけました。

     今日の烏帽子岳
画像


湯ノ丸スキー場に車を置き、湯ノ丸山の裾をキャンプ場方面へ歩き始めました。いつもの年の今頃ならばキャンプ場付近の落葉松林も美しい霧氷になっているのですが、今年は雪も少なく、霧氷にもなっていませんでした。

     キャンプ場付近より湯ノ丸山
画像


     これから向かう烏帽子方面は雲の中
画像


画像


アイゼンもスノーシューも履かずにツボ足でしたが、なんの問題もなく歩くことが出来て、この時期の登山道にしては少し物足りない気分でした。それでも湯ノ丸と烏帽子の鞍部が近付くに連れてやっと綺麗な霧氷が見られるようになりました。

画像


画像


画像


近くの山で美しい霧氷が見られる山は、赤城山とこの湯ノ丸・烏帽子です。特に烏帽子からは北アルプスあたりも眺められ、霧氷と展望を楽しみに、つい毎年訪れて見たくなります。

画像


画像


画像


画像


湯ノ丸と烏帽子の鞍部に着きました。レンゲツツジ咲くころは多くの人が、ズミの木の下で憩う所ですが、今日は時折、四阿山方面から冷たい風が吹いて来て、木々に付いた霧氷の吹雪が落ちてきます。

画像


画像


       振り返って鞍部付近より湯ノ丸方面
画像


サラサラと霧氷が落ちて来て、霧氷のトンネルは、ガラス細工の中の道になりました。

画像


画像


画像


最初はちょっと不満の残る歩き始めでしたが、この辺りまで登ると、さすがに来て良かったと思える美しい霧氷の道になりました。

画像


画像


画像


今日は雲が激しく流れています、さっきまで晴れていたと思ったら、すぐに厚い黒い雲が流れて来ます。

画像


     篭ノ登方面
画像


     烏帽子への稜線直下
画像


稜線へ登り上げました。ここから小烏帽子・烏帽子岳へと、展望を楽しみながら登りますが、少し怪しい雲行きになって来ました。

画像


     小烏帽子方面
画像


     小烏帽子山頂
画像


青い空が無くなり、暗い雲になってしまいましたが、私は晴れ男ですから、山頂に着くころは、カラリと晴れた青空になることを祈りながら歩いていましたが、どう見ても北アルプスなど拝めそうにはありません。

     烏帽子方面
画像


画像


ところが雲のベールが一気にはがれて、ジャジャジャーンと交響曲のクライマックスのように、青い青い空になって来ました。

      烏帽子岳
画像


      山頂より小烏帽子の右に富士 さらに右に八ヶ岳
画像


北アルプスや富士は雲の中で、今日は見ることは出来ないと諦めていましたが、晴れ男の面目躍如で、雲のベールがはがれ、槍も富士も眺められるようになりました。

     槍ヶ岳方面
画像


      穂高から槍
画像


やはり烏帽子や隣の角間山は、霧氷にこんな景色まで眺められる良い山です。

       金峰山・瑞牆山・富士山
画像


      瑞牆山と富士
画像


今日は麓の鹿沢スキー場あたりで気温は−4℃でした。この山頂付近はおそらく−7℃か−8℃くらいだと思います。この山のこの時期にしては温かな方で、日当たりのよい岩の下で、富士やアルプスを眺めて美味しい昼食にしました。

    下山時の小烏帽子と奥に八ヶ岳
画像


     下山時の浅間山方面
画像


画像


     小烏帽子の左に富士
画像


     篭ノ登・浅間方面
画像


帰る頃は今日の予報のように、青空の広がる良い天気になってきました。槍・穂高や富士の写真を何枚も何枚も撮りまくり、あまり眺めていると嫌われそうで、やっと帰ることにしました。

     左に湯ノ丸 右に浅間、真ん中に小さく浅間隠山
画像


画像


画像


この山は花も結構たくさん咲き、レンゲツツジも有名ですが、今年の大河ドラマの「真田丸」の真田氏の本拠地でもあります。あの猿飛佐助や霧隠才歳もこの辺りで修業をしたとか??。そんな訳でこの辺りはきっと賑やかな年になるかも知れません。

画像


画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさんの晴れ男力、すごい威力ですね!
私にとって霧氷の林は、スキー場でしか見かけない風景です。
ハンタマやたかつえだと、最上部付近でしか見られません。
あ・・・今年はダメかもです! まともにオープンで来ていないようですので!
山頂からの眺め、富士もtアルプスの山々も、素晴らしいですね!
宮星
2016/01/10 13:47
いよっ! 晴れ男!(笑)
霧氷に青空とはこの上なく恵まれてますね。
ちょっと触れると、パラパラと崩れる
ガラス細工のような霧氷、ほんとにキレイです。
雪は少なくても、寒さは冬本番になってきていますね。
nousagi
2016/01/10 15:57
今年は雪が少ないですね。
でも霧氷が綺麗ですね。
北アもバッチリ、槍ヶ岳も良く見えたんですね。
山ヤにとって、槍ヶ岳と富士山が見えると嬉しいですよね〜。
chiaki
2016/01/10 18:35
宮星さん、今晩は。
そうですね、この冬は白馬あたりのスキー場でも全面滑走可能なスキー場は無いようですから、本当に雪が少ないですね。私もスキーはやりたくてうずうずしているのですが・・・。
インレッド
2016/01/10 19:46
nousagiさん、今晩は。
ここはこのくらいの気温では温かなほうです。以前はペットボトルのポカリがカチカチに凍って飲めないくらいでした。稲含山で寒いなんて言っている方は、ここに来れば冷凍人間になってしまうかも知れませんが、冬のテントの中よりは温かいと思うのですが・・・。
インレッド
2016/01/10 19:51
chiakiさん、今晩は。
そうですね、霧氷が見られて、おまけに北アに富士とくれば、文句の付けようがありません。やはりこの界隈は良い山です。道路は凍っていませんから、ぜひお出かけ下さい。
インレッド
2016/01/10 19:54
こんばんは
温かさと冷たさが入り混じり、素晴らしい写真になりましたね♪〜
この年でなければ撮れない傑作と、槍と富士の眺望とまでが重なり、普段の行いがよろしいようですね♪〜
リッキー
2016/01/10 20:46
リッキーさん、お早うございます。
こちらは今年は異常に雪が少ないですが、そちらは如何でしょうか。そろそろ新潟の山に行き雪見登山でもしたいのですが、なかなか上越地方は晴れないので、こちらをうろうろしています。
インレッド
2016/01/11 09:14
こんにちは。
9日は晴れて草津白根から谷川まで丸見えだったですが、午前はそうでもなかったようですね。
私は9日に出掛けず10日に奥白根に行きましたが天気が悪くて失敗しました。
てるてる坊主さんのおまじないをザックに付けようかなー(*^_^*)
それにしても烏帽子の霧氷はばっちりでしたね、本当に綺麗です。この時期に雪の無い斜面なんて信じられませんが、かえって新鮮に思いました。
夢創歩
2016/01/11 16:00
霧氷、繊細で綺麗です!!
インレドさんは美しい時をいつも逃さず、山選びも達人ですね。
烏帽子岳は四季折々素敵な風景を見せてくれる良い山で私も時折歩きます。
以前スノーシューで入り、深雪でラッセルが大変でしたが、一面真っ白に輝く世界に感激でした。
キラキラ光る霧氷に会いに今年も行きたくなりました。
orihime
2016/01/11 17:46
美しい霧氷の風景を良く撮られていますね、
どの画像も素晴らしい画像ばかりです。
曇っていてもちゃんと撮られていますから、
やはり腕でしょうか。
nori
2016/01/11 19:39
夢創歩さん、今晩は。
10・11日は成人式に行くB子ちゃんが来るので、山には行くことが出来ない為、この日にしました。相変わらずこの界隈の山は霧氷が綺麗でした。もう少し寒ければ下の方も霧氷になっていたと思うのですが、案外温かな日でした。今年は本当に雪が少ないですね。
インレッド
2016/01/11 19:45
orihimeffさん、今晩は。
ここはほとんど毎年来ていますので、だいたいの様子は解っていますが、今年は異常なくらい雪が少ないですね、白馬あたりにスキーに行きたいのですが、全面滑走可能なスキー場は、まだ無いようなので、まだ行くことをためらっています。
インレッド
2016/01/11 19:48
noriさん、今晩は。
はやくそちらのスキー場に行って滑りたいのですが、今年は全面滑走可能なスキー場はまだ無いようなので躊躇っています。
ここの処コンデジでばかり撮っていましたが、今回は1眼で撮りました。
インレッド
2016/01/11 19:51
こんばんは。
まるで絵に描いたような美しさ!
目の前でみたら本当に美しいんでしょうね。溜息が出ちゃいます。
カスミッシモ
2016/01/11 21:00
「綺麗なガラス細工の様な霧氷を見に]氷点下の世界へ
行く…凄く寒いでしょうね。一昨年の初夏、レンゲツツジを
見に湯の丸山、東籠の登と登りましたが登り易くて展望も
良くて良い山ですね。

2016/01/12 15:07
インレッドさん、湯の丸と角間山はレンゲツツジの時期にあるいたのですが、
去年の冬は湯の丸に行こうと思って言ったのですが、どこから登って良いのか判らず、角間山に行ったものの雪が多くて撤退しました。
今週あたりなら樹氷目的に壺足で歩けそうですね。
キャンプ場から登山口は判りやすいですか?
さえ
2016/01/12 17:09
カスミッシモさん、今晩は。
霧氷は青空には良く似合います。本当に綺麗で、おまけに富士に金峰・瑞牆・北アルプスと良い眺めです。この界隈の山か、根子岳あたりに是非登って見て下さい。
インレッド
2016/01/12 21:34
夢 さん、今晩は。
そちらの雪の具合は如何でしょうか。そろそろそちらの雪山にと思っているのですが・・・。
展望はごらんの通り富士や北アルプスまで眺められますから、なかなか良いやまですね。また是非お出かけ下さい。
インレッド
2016/01/12 21:36
さえ さん、明けましておめでとうございます。
湯の丸の山に登っても良いのですが、左にキャンプ場があります。そこを真っ直ぐに行けば大丈夫です、踏み跡はしっかりと有ると思います。今週末なら天気が良ければもっと良い霧氷が見られると思いますが、寒いですから温かな服装でお出かけください。
インレッド
2016/01/12 21:40
こんにちは。
物足りない積雪のようですが、霧氷は近畿「金剛山」で
見ました、いや〜素晴らしい霧氷で感動致しますぅ〜♪
穂高岳・槍ヶ岳連峰は高ボッチ山(1665m)雪の無い連峰を
眺めた時が甦り嬉しいですね。
ありがとうございます。

群馬県庁のPは高い車も入庫出来まして嬉しかったです。
「道の駅関東地方スタンプラリー」商品券千円当選(2回目)
また訪ねまして・・・ワ〜〜楽しみ・・・
「北海道駅長賞」も当選、豪華でした。びっくりぽんや〜です。
たかちゃん赤
2016/01/13 11:57
あれ〜〜また”おっちょこちょい”
この頃コメントしていますと「カーソル」が飛び回るので、
本当に失礼致しました。
たかちゃん
2016/01/13 12:04
たかちゃん赤 さん、今晩は。
商品券に駅長賞まで貰いましたか、それだけ沢山お伺いしているからでしょうね。
お城が好きなようですから、是非 吾妻の岩櫃城にお出かけください、磐櫃山もなかなか良い山です。
インレッド
2016/01/13 19:49
高ちゃん さん、今晩は。
どうぞ遠慮なく何度でもお越下さい。お待ちしております。
インレッド
2016/01/13 19:51
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年も山歩きのご指導のほどよろしくお願いします。
今週の寒波で少し雪の量も増えたかな?と思われますが・・・

今週末はお気に入りの湯の丸方面に登ろうかな?と思っています。
雪は多すぎても手に負えませんが少し少な目ですね。
冬の角間山も登って見たいのですが迷います。
izumi
2016/01/14 14:35
インレッドさん こんにちは
烏帽子岳もずいぶんと雪が少ないのですね。
白一色の山と霧氷の 冷たい美しさは言うまでもないですが
笹の緑や冬枯れの木々の中に映える霧氷も
味があって素晴らしいですね。
はなねこ
2016/01/14 20:48
izumiさん、今晩は。
帰って来ましたか、良い旅だったようですね。
烏帽子に行かずに湯の丸ならば角間峠まで行き湯ノ丸に行きまた峠まで戻って次に角間に行ったら如何でしょうか。少し欲張りかなー。角間は紅葉館の少し上から真っ直ぐに尾根に登っても行くことが出来ます。不安でしたらGPSにルートを入れて登って見たら如何でしょうか。
インレッド
2016/01/15 19:48
はなねこ さん、今晩は。
そうですね、この時期にこんなに雪が少ないのは始めてです。霧氷と雪の山は大好きなので、これからはこんな景色を眺める山登りになりますが、スキーも好きなので、迷います。
インレッド
2016/01/15 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧氷の烏帽子岳   2016/1/9日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる