インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪庇の続く阿能川岳  201/2/27日。

<<   作成日時 : 2016/02/28 15:13   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 20

この冬始めてドップリと雪山に浸り、、真っ白い風景を楽しもうと、関越トンネルを潜り新潟に入りました。湯沢辺りからは雪国のそんな風景になって来ましたが、魚沼市あたりに入ると、やはり雪模様にになり見通しが利かなくなって来ました。早朝に沼田付近を通った時は、谷川岳は青い空の下、白銀に輝いていましたので、急遽引き返し谷川付近の山に登る事にしました。

      左より平標・仙ノ倉・中央付近に小出俣山その右に万太郎山方面
画像


谷川のどの山に登ろうかと迷った末、久し振りに阿能川岳に登って見ようと思いましたが、パッキングして登る頃には10時半をまわってしまい、山頂まではとても無理ですから、いつものように行ける所までと思い、登り始めました。

     登り始め
画像


この阿能川岳にはヨシガ沢山・鍋クウシ山・天子山・・三岩山を超えて山頂に達します。鍋クウシ山辺りまでは、長いダラダラ登りが続き、天子山から三岩山辺りは岩場のヤセ尾根になり危険な所もあります。片道は4時間から5時間はかかりますが、一応群馬の100名山です。標識類は全く無く、登山道も途中の送電線の鉄塔までは巡視員の方の踏み跡はありますが、その先は無雪期ならば藪漕ぎの道になります。。


     送電線の鉄塔と奥に吾妻耶山
画像


今まで4度ほど登っていますが、そのうち2度は途中で敗退しています。特に始めて登った時は、5月でしたので、すでに笹薮の登りになり、雪を拾いながら登りました。赤テープを持って来るのを忘れたため、笹の上部を手で折って目印にして登りましたが、帰りにその目印を見失い、探し探し降りて来て、途中で雪を少し被った笹に足を滑らして10mほど滑落、大事なデジカメを谷に落としてしまいました。夜の8時頃になって黒い影になった台形の吾妻耶山を目指して無我夢中で降り、なんとか登山口に出た苦い想い出もある山です。

画像


画像


画像


一度は隣の谷川本谷尾根を関越道の谷川パーキングエリア付近から登ったこともあります。やはり急登の連続で雪を何度も踏み抜き、山頂手前の大ーまでがやっとでした。

画像


画像


画像


この山には、普通はみなかみ町から猿ヶ京へ行く途中の仏岩ポケットパークから登ります、登山口には今日は車は1台も停まっていず、登山道にも4・5日前くらいの踏み跡が一つだけあるだけの寂しい登りでした。

画像


画像


画像


三岩山を超えれば展望の開けた稜線歩きになりますが、今日は無理ですので、手前の天子山から三岩へ登る途中に、大きな雪庇になった展望の良い所があります。そこ迄なんとか登りたいと思っていますが、ラッセルが少しきつくなって来ました。

画像


その雪庇になった尾根が近付いて来ました。

     振り返って登って来た尾根
画像


     今日の目標だった雪庇の尾根
画像


     雪庇の山頂より万太郎山方面
画像


     俎ーから谷川方面
画像


     平標山・仙ノ倉方面
画像


正面に以前、吹雪になり手袋を飛ばされて凍傷になり、ホワイトアウトになって、やっとGPSを頼りに下山した小出俣山が大きく聳えています。その正面の急登の連続する尾根を登りました。

     小出俣山
画像


     下に関越道の谷川サービスエリア
画像


今日は案外暖かく、雪庇の上で朧に霞む景色を眺め食事にしました。彼方に空中楼閣になったような武尊岳が春霞の上に浮かんで見えました。

    武尊岳方面
画像


暗くなれば迷いそうですから、さあ帰りましょう。

画像


画像


画像


画像


画像


ここは雪庇の多い尾根です、その尾根を歩いていると深山幽谷に入ったようで、今日は風もなく、動くものは何もありません。聞こえるものは雪を踏む靴の音だけでした。

画像


画像


画像


最近はこの山に登る方は結構いるようです、今日はこんな良い天気の日でしたから、きっと登山者には出会うだろうと思っていましたが、一日中誰にも会う事のない静かな登山でした。

画像


画像


画像


もう10年以上も前に私の付けたペンキ印がまだ残っていました、少し懐かしくなり写真を撮りました。

画像


画像


画像


画像



    ♪♪かすみか雲か はた雪か
        とばかり 匂う その花ざかり・・・

        かすみて それと 見えねども
         なく鶯(うぐいす)に さそわれつつも
            いつしか来(き)ぬる 花のかげ・・・・

画像


画像


画像


暖かな良い日でした、もうそんな歌が似合いそうな、春も近くになったような今日の陽気でした。

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
阿能川岳は何年か前に5人で登りました。
確か雪がある時にしか登れない山ですよね。
一ヶ所ツルツルになっている所があり、12本アイゼンがしっかり効いて
活躍してくれた記憶があります。
一眼のイオスキスを使っていた頃だから、5、6年前だった気がします。
27日は雪山に行きたかったのですが、雪山同行者がいなくて、またもや山梨県の低山に行って来ました。
気温が上がって富士山は霞んでいました。
chiaki
2016/02/28 17:32
こんばんは。
昨日は予報がずれて良い天気でしたね、私は息子家族と玉原スキー場に行ってました。中々見られない谷川方面が少し霞んでましたが見ることが出来ました。二つ耳や万太郎、仙ノ倉、平標山は判りますが、小出俣山は特定出来ませんでした、カメラも持たずに来てしまった事を後悔しました。阿能川岳は今年は雪も少なくてどんな風なんだろうと思ってました、幾分少なめですが余計に危険そうですね、今年も行ってみたいけど・・・です。人が少ないのは意外ですね、やっぱり天気予報の為でしょうかねー。
夢創歩
2016/02/28 20:52
土曜日の魚沼は雪模様だったのですね。海側は晴天でした。
林間の尾根歩き。。こんな所を歩けたら楽しいだろうな〜と思いながら読んでいました。

ずっと雪山を楽しんでいましたが、魚沼はマンサクの花も咲き始め
海側は雪割草の季節が近づいてきましたよ。
アサレン
2016/02/28 20:55
本格的な雪山になるほど日本海側で冬のお天気は安定しないようですね。
谷川連峰付近まではお天気だったんですね!
この山は知りませんでしたが、周囲の山の雪の量が多く、頂上付近は真っ白ですね!
雪庇は歩く位置を熟慮しないと、事故の原因になる所ですよね?
冬山のお好きなインレッドさんだけあって、やはり色々とアブナイご経験も何度かあるんですね!
宮星
2016/02/28 21:08
新潟には雪がたくさんあるのですね。
先週インレッドさんが黒斑山へ行かれたのを見落としていたのですが、orihimeffさんのレポみて行ってきました。1週間でまたまた雪が少なくなっていましたよ。
さえ
2016/02/29 08:45
chiakiさん、お早うございます。
ツルツルになった所は たぶん三岩への前後あたりかと思います。この辺りはザイルが無いとちょっと心配な所もありますね。それでも三岩から先は気持ちの良い稜線歩きだと思います。こんな所にテン泊して次に小出俣山まで行ければ最高かと思いますので、そのうち如何でしょうか??。
インレッド
2016/02/29 08:49
ここからは宝台樹スキー場が見えましたよ。以前はこの山に登る人は余程の山好きな方くらいしか居ませんでしたが、群100になってからは少しばかり多くなったようです。その時の雪の状態によっては、山頂まで届かず、天子山くらいで引き返さなければならない時も良くあります。今年は雪はやはり少し少なかったとお思います。
インレッド
2016/02/29 08:55
アサレンさん、おはようございます。
そろそろそちらの山が気になって来ました。近い内にまた行こうと思っています。この日は雪のため高速も50k制限でした。次回そちらが晴れならばマンサクのたくさん咲く山かなー??。
インレッド
2016/02/29 08:58
宮星さんお早うございます。。
この山は群馬100名山なのですが、かなり厳しい山です。登山道は無く無雪期は藪山で登れず、この時期限定の山です。それでも谷川の眺めは素晴らしい山です。往復は約9時間近くもかかります。雪山に登っているとやはり危険なめに会うことも多くなりますが、最近はGPSなど便利なものも有り助かります。
インレッド
2016/02/29 09:04
さえ さん、おはようございます。
黒斑に行ってきましたか。頑張りましたね。
雪筋のある浅間の眺めは如何でしたでしょうか??。
後ほどゆっくりと楽しませていただきます。。
インレッド
2016/02/29 09:06
厳しい山のようですが、さすがは群馬の100名山だけありますね。
なかなか素晴らしい景色で、山の雪庇もすばらしいです。
nori
2016/03/01 08:51
残照録となっても、相変わらず精力的ですね。
ラッセルだ、誰もいない深山だと、
普通はなかなか行けるものではないと思いますが。
お察しの通り、口を明けて寝ていたわけではありませんが
風邪を引きました。
この時期は弱いです。
でも、すぐ復活します。
nousagi
2016/03/01 14:46
雪庇の多い尾根を、雪を踏むご自身の靴音だけの静寂のひとり歩き・・・
インレッドさんならではの山歩き、楽しく拝見しました。
以前付けたペンキ印は懐かしく愛おしいですね。
積雪期限定の山とはいえ、手強そうな山ですね。
orihime
2016/03/01 22:56
noriさん、お早うございます。
あまり知られて居ない山です、ちょっとロングコースですが山頂からの眺めは素晴らしい所です。雪の状態によっては山頂に届かない時もあります。
インレッド
2016/03/02 06:47
nousagiさん、おはようございます。
やっぱりそうでしたか、あんまり頑張り過ぎだったのでは???。昨日は東京へ出張してきましたが。電車の周りの人が皆、マスクをしてたので、風邪をうつされるかと心配しました。
長年の習慣でしょうか、晴れの日に家でじっとしているのは、かえって体に悪いような気がしてつい・・・。
インレッド
2016/03/02 06:52
orihimeffさん、お早うございます。
この山はロングコースでおまけに岩場の痩せ尾根があり、ちょっと危険な所もありますが、三岩を過ぎるころからは、谷川を眺めながらの稜線漫歩になります。この山も隣の小出俣山もなかなか良い山ですから機会がありましたら是非登って見て下さい。
インレッド
2016/03/02 06:58
こんばんは。
まだまだ、雪の世界ですね。
誰もいなさそうですから、雪山を独り占めですね。
静寂の世界が写真から伝わってきます。
カスミッシモ
2016/03/02 20:09
カスミッシモさん、今晩は。
はい、まだまだ5月末頃までは雪を追いかけますよ!。
ここは群馬00名山なのですがちょっと厳しい山です。
厳しい山ですが山頂の展望は抜群に良い山なのです。
インレッド
2016/03/02 21:16
インレッドさんは、いろんな静かで素敵な山をご存知ですよね。
こんな雪深い所は全く自信がありませんが、見ているだけで心が癒されます。
昨年のインレッドさんのレポですっかり気になってしまった三峰に行ってきました。雪はありませんでしたが、霧氷に会えました。
るたん
2016/03/03 21:53
るたん さん、、今晩は。
三峰に行って来たようですね。今年はやはり雪が少ないようです。良く晴れた日にまた出かけて下さい。そろそろ花を追いかける季節になって来ました。花に雪に忙しいです。
インレッド
2016/03/04 19:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪庇の続く阿能川岳  201/2/27日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる