インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の鳴倉山からトヤの頭 2016/3/5日。

<<   作成日時 : 2016/03/06 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 24

先週にこのあたりの山で雪山を楽しもうと思いましたが、雪が降っていたため、谷川の阿能川にしました。今日は湯沢あたりは晴れていて、塩沢から魚沼市に入ると、五里霧中の深い霧になりました。このあたりでは朝霧は良くあることで、朝霧ならば晴れ とも言われています。

     今日の鳴倉山方面
画像


除雪最終地点に車を置き、まだ深い霧の中、朝霧なら晴れ を信じて準備をしました、今日はアイゼンにスノーシューは勿論、ピッケルも持って行くことにしました。

     登山口の朝
画像


パッキングを済ませて登る頃になったら、やはり霧のベールがはがれて晴れて来ました。今日は良い天気になりそうです。

画像


     明神コースを登ります。
画像


画像


     小出付近の村と上に 下・上権現堂山
画像


雪国で暮らす人は、冬を超すのは大変かも知れませんが、こんな雪の田園風景は都会ではなかなか見ることが出来ません、美味しい米ができるのも納得する風景です。

     登って来た尾根と裾野の田園風景
画像


この山は関東の人には馴染みがあまり無い山ですが、地元では結構人気の山で、踏み跡はしっかりとありました。それでも今日は登っている人は、まだ誰も居ません。

    最初の目標の鳴倉山が見えて来ました
画像


画像


登山道の脇に立つ木はほとんどがマンサクの木で、今日はマンサクの黄色い花と、その奥に聳える景色も楽しみの一つでした。

画像


ちょっと時期が早かったようで、まだほんのちょっと花を付けているだけでした。

画像


山頂直下に尖がったピークがあります。以前に来たときはその雪庇が登山道方面に、いまにも落ちそうで、登るときは落ちないように祈りながら通過しました。。

     鳴倉山方面
画像


     ヒマラヤ襞の山裾
画像


    鳴倉山から、さらに越えるトヤの頭方面とヒマラヤ襞
画像


    山頂直下の尖がりを通過しました、そこから登って来た尾根方面
画像


いよいよ鳴倉山が近くになってきました。きつい1週間も終わり、こんな景色の山に来れば、また次の週も頑張れると思える風景です。

画像


     鳴倉山への最後の登り
画像


画像


大展望の山頂に着きました。本来ならば日本海まで眺められますが、今日は暖かな日で朧に霞む春の景色でした。

     鳴倉山山頂
画像


      その突端方面
画像


     突端より魚沼平野
画像


     山頂より冬の私の定番の山、大力山方面と黒禿の頭への稜線
画像


     八海山方面
画像


    越後駒ケ岳方面
画像


ここから更にトヤの頭方面に登りますが、ここまでは沢山の踏み跡がありましたが、ここから先はトレースはありませんでした。僅かに獣たちの踏み跡が人間の踏み跡のように微かに残っているだけです。

     一旦大きく降ります、上にトヤの頭
画像


画像


     ツボ足の踏み跡
画像



この辺りは雪崩の多い山域です、今日は朝方は雪も締まっていて、雪崩の心配は無く、アイゼンを付けてツボ足でしたが、ここからはスノーシューに履きかえてのラッセルになりました。

     振り返って 雪崩そうな鳴倉山直下
画像


    トヤの頭への稜線
画像


画像


画像


振り返って登って来た鳴倉山方面と、きつい登りになりましたので、ジグザグに切ってラッセルして登り、山頂も近くになって来ました。

画像


     トヤの頭 山頂
画像


山頂からは会津方面の山が眺められるようになりました。昨年の残雪の頃に登った未丈ヶ岳や苦労して登った荒沢岳などを眺め食事にしました。

     山頂より未丈ヶ岳方面
画像


画像


     荒沢岳方面??
画像


午後になると雪も緩んで来て、春の音の山鳴り(雪崩)も少し聞こえて来ましたので慎重に帰りましょう!!。

     越後駒ケ岳・八海山
画像


   下山の尾根
画像


画像


     今日はズーット眺められた上・下権現堂山と毛猛山方面
画像


麓に降りて見れば、
山や雪の田んぼから解けた雪が
小川にさらさらと流れていて
晴れた空からは
風に乗って
雪の結晶が舞い降り
長い冬の名残と
そして
短い命を惜しんでいるようでした。

      春近い魚沼の景色
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
一番乗り!
天上から名だたる山を見下ろして
ふわりふわりと舞うように歩いているように思えます。
いい天気で、映画でも見ているように
ぐるーっとの展望が素晴らしいからでしょうか。
雪崩、怖いですね。
そろそろ、春の山歩きになりますか。
nousagi
2016/03/06 17:26
タカマタギ、小出俣とか行きたいです。
私は最近は雪山から遠のいていて、低山歩きばかりです。
上越国境の山は良く知らないので、今週もインレッドさんの写真で楽しませて頂き、ありがとうございます。

chiaki
2016/03/06 17:38
知らなかったのですが、冬山らしい展望が効く山ですね!
それにしても、サイコーのお天気に恵まれましたね!
この平野が、アノ魚沼のお米の産地なんですか!
今年は雪が少ないそうですが、お米への影響はどうなんでしょうね?
宮星
2016/03/06 19:00
nousagiさん、今晩は。
この界隈の山はこれからは雪崩が心配になって来ますが、ここはマンサクの花が沢山咲く山でそれも楽しみでしたが少し早かったようです。次回も雪山にしたいのですが、3月も4月もカレンダーの絵が雪山では、私のカレンダーをもらった人は困るようなので、ちょこっと花の山も入れようと思っていますが????です。
インレッド
2016/03/06 19:45
chiakiさん、今晩は。
タカマタギは日白山から行けば簡単に行くことが出来ますが、土樽から棒立山経由ではちょこっと怖い所もありますから、二居の地王堂川沿い歩き途中から右の尾根に登って行けば楽に行くことが出来ます。小出俣山は千曲平の橋を渡ったらすぐに針葉樹の尾根に登れば一本尾根ですから迷わずに行くことが出来ます。ぜひ単独で登って見て下さい。
インレッド
2016/03/06 19:52
宮星さん、今晩は。
ここはコシヒカリの本場で清酒 八海山の産地です。あの美味しい酒も米もこんな良い雪山があるからだと思います。雪は最近では一番少ないような気がしました。
インレッド
2016/03/06 19:55
鳴倉山は、まだ登った事がありません。。(^^ゞ
ここも素敵な山ですよね。
天候も良かったので、尾根歩きが楽しかったと思います。
今年は少雪でしたので、沢山の方が鳴倉山〜黒禿の頭〜大力山周回をしてました。
だた少雪すぎて、新緑と残雪を楽しめるのか少々不安です。。

私は同じ日、例の場所でジョグを兼ね雪割草を観てきました。
アサレン
2016/03/07 12:45
朝霧が漂う田園の風景が素晴らしいですね。
この風景の中で美味しいコシヒカリや八海山が出来ると思うと納得です。
例年よりも雪は少ないのでしょうが残雪の越後の山々の美しさを楽しませて頂きました。
mikko
2016/03/07 20:12
アサレン さん、今晩は。
ここはまだ未踏でしたか。勿体ない!!。
鳴倉山までは踏み跡はしっかりとありましたが、その先は結構有ると思ったのですが、微かに凹んだ所があり、だいぶ前に登った跡かなーと思えるくらい 微かにしかありませんでした。ここまで登れば黒禿経由で降りた方が楽かなー と思いましたが、駐車した所まで戻るのに厄介なのでピストンにしました。。自転車でも置いて行けば周回もできますね。
例の所の花見は再来週あたりにします。
インレッド
2016/03/07 20:42
mikkoさん、ご無沙汰しています。
こんな雪景色を眺めていると、心身ともに清々しい気分になり、良いリフレッシュになります。今頃はトンネルを超えれば「雪国」なのですが、今年は湯沢辺りを通っても周りには地肌の見える所もあり、例年の半分くらいしか雪は積もって無いような気がしました。
インレッド
2016/03/07 20:49
綺麗な雪景色を拝見し、雪山歩きの気分を楽しませて頂きました。
パラグライダーを趣味に楽しんでいる友人から、以前《鳴倉山》から飛んだような話を聞いたことがありますが、もしかして無雪期にパラの基地がありますか?
大展望の山頂らしいのでもしや?と思いました。
orihime
2016/03/07 21:05
鳴倉山?
大力山の近くなんですね。
この時期、鳴倉山までなら私の技量でも登れるかな?なんて思いながら地図に出して「新潟の山」の保存ファイルに入れました。
標高600m弱の山でこれだけの積雪、例年より少ないのでしょうがさすがですね。

5日は越後の村松白山に登って来ました。
やっと登れた充実感と疲れで次の日の予定の登山は出来ませんでした。(笑)

六万騎山なら登れるかな?と思って小出方向に移動したのですが・・・

izumi
2016/03/08 10:44
こんばんは。
やはり魚沼の雪景色は別物ですねー、これでも普通の年の半分ですか?わずか570mの標高とは思えませんねー。何処の山なのかカシミールで調べました。私も日白山に行ってみたくなりました、雪崩が怖い所は判別が出来ないので敬遠します。ブルブル、四阿山に行って来ました、深い雪に難儀しましたが絶好の景色に大満足でした。
夢創歩
2016/03/08 17:42
orihimeffさん、今晩は。
そうです 無雪期にはパラグライダーの日本選手権も行われたようです。その分有雪期は大展望になっています。隣の下権現堂山や大力山も結構人気の山です。機会がありましたら登って見て下さい。
インレッド
2016/03/08 20:32
izumiさん、今晩は。
今年はやはり雪が少ないですね。同じ日に白山でしたか、良い眺めだったと思います。ここは大力山とほぼ同じくらいか、ちょっとだけ登り甲斐がある山で、結構人気の山ですから大丈夫ですが、その先にいくと少しばかり大変です。
六万騎山は無雪期ならば簡単過ぎるくらいの山ですが、今頃はどこが登山口か判らないくらい雪が多い山です。。
インレッド
2016/03/08 20:44
夢創歩さん、今晩は。
このあたりの山は関東の山に比べれば、雪の季節は1500mから2000mくらいプラスして考えた方が良いと思います。従ってこのくらいの標高でも、関東の山の浅間や白根山と同じくらいに考えた方が良いと思います。。以前に隣の下権現堂山に2月に登りましたが、北アルプスの3000mの山に登っているような気がしました。。
インレッド
2016/03/08 21:06
さすがは新潟の山は雪が多いですね。この標高で
この雪は驚きましたが、良い山ですね。。
nori
2016/03/08 21:08
こんにちは。
トレースはあるものの、人は見あたりませんね。今回も山独り占めのようですね。
日本海が望めるのはすごいです!
カスミッシモ
2016/03/09 16:49
noriさん、今晩は。
そちらの山に比べれば低山ばかりですが、
雪の量はそちらよりは多いかも知れませんも
知れません。なかなか良い雰囲気の山えしょう。
インレッド
2016/03/09 21:49
カスミッシモさん、今晩は。
なかなか雰囲気のよい山でしょう!!。
空気が澄んでいれば日本海も良く眺められますが、今回は春霞みのためか見えませんでした。雪の多い山は美しいですね。
インレッド
2016/03/09 21:55
おはようございます。
霧のベールはその場にいると視界も悪いしとても危険なものだと想うのですが、このようにお写真で拝見する霧のベールは、私はもの凄く好きです。
雪山に咲くマンサクもいいですね。
又たのしみにしています(*^^*)
まりぃ
2016/03/10 10:41
まりぃ さん、今晩は。
霧の中を歩くのは幽玄でそれも又良いですね。
この稜線にはマンサクの木がいっぱいあって、そろそろ咲き始める頃なのですが、まだちょっとしか咲いていませんでした。

まりぃ さんのブログはbiglobeはアドレスが解りますが。パソコンが壊れてしまい、biglobeでは無い方のアドレスが解らなくなってしまいました。「まりぃ」で検索してもヒットしないので、申し訳ありませんが またURL教えてください。
インレッド
2016/03/10 21:39
文章が長くなるのでメッセージの方が良いかと思い、メッセージさせていただいたのですが、パソコンの故障でご覧になれなかったのですね。
すみませんでしたm(__)m

biglobeは更新はしませんが、そのまま置いておこうと思っています。
ヤフーブログ「うぇぶろぐ」は  http://blogs.yahoo.co.jp/vegeayumail
こちらの方は、時間のある時に、今、気まぐれ更新しているニフティ・ココログの方へ、少しずつですがお引越しさせていこうと思っています。
そしてニフティ・ココログ「まりぃさんの ぶ・ろ・ぐ(๑•ᴗ•๑)♪」 は
http://vegeayumail.cocolog-nifty.com/_/ です。
なかなか思うように時間がとれず本当に気まぐれ更新なのですが、お時間のある時にでも覗いていただけると嬉しいです。
今後とも、よろしくお願いいたしますm(__)m
まりぃ
2016/03/10 23:36
まりぃ さん、大変お手数をかけて申し訳ありませんでした。
風邪をひかれたようですが、お大事にしてください。
インレッド
2016/03/11 10:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の鳴倉山からトヤの頭 2016/3/5日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる