インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨空の薄根川川場谷 2016/7/2日。

<<   作成日時 : 2016/07/03 14:51   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 18

梅雨真っ盛りの中、街も山も湿気の多い空気にすっぽりと包まれていて、立葵のピンクの花が上部まで届くようになり、そろそろ梅雨も終盤になったことを知らせているようです。そんな蒸し暑い日は、私にとっては沢を歩くのが、一番気持ちの良い遊びです。ちょっとばかり忙しい日々でしたので、今日は近くの武尊山麓でゆるりと沢を楽しもうと思います。

     今日のハイライトのナメ
画像


薄根川川場谷は川場ダムの上にあり桐の木平らキャンプ場あたりから入渓します。昨年は桐の木平らキャンプ場は営業していませんでしたが、今年は既にオープンしていて、大きなテントが数張り張られていて、若い親子が賑やかにバーベキューを楽しんでいました。

画像


画像


画像


この薄根川川場谷は、それほど難しい滝などはありませんが上部に行けば藪漕ぎもあります。今日はゆっくり、のんびりと楽しもうと思い、精々「獅子ノ牢」辺りまでで引き返そうと思います。

画像


画像


画像


良い滝やナメ床を歩いていると、沢音のリズムも軽快になり、そんな所では決まったように、小鳥の鳴き声が爽やかに響いて協奏曲を奏でます。そんな時は 今日ここへ来て良かったと言う気分になります。

画像


画像


画像


この川場谷は右に不動岳、左に剣ヶ峰が聳えていてその下の深い渓谷で、登り上げれば沖武尊に着きます。

画像


画像


画像


この沢で一番好きな大ナメの続く沢になりました。今日の空はガスの掛かった曇り空ですが、ブナの梢を揺らして落ちて来る微かな日差しは、木の葉を通して輝いています。

    大ナメのナメ床歩きが始まりました
画像


画像


画像


画像


沢は滑りやすく、滝を登っている時も、頼りない草付きを登っている時も、いつも危険と隣り合わせです。緊張の続く沢で、こんなナメた所を歩くときは、危険も無く1枚岩の上を、さざ波やブナの木と戯れながら歩く時が一番楽しい時間です。

画像


画像


画像


画像



イワナが飛んでくる羽虫を飛び上がって食べていたり、緩い瀬では悠々と泳いでいて、深山幽谷に入ったような気分でした。

画像


画像


ストラディバリウスが奏でるような沢の音楽を聴き、 さらに獅子ノ牢目指して上流に行きますが、今度は少し薄暗い登りなりました。もうすぐ獅子ノ牢かも知れません。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


獅子ノ牢と呼ばれている所は、左右の渓の岩が空を閉ざすように切り立っていて、まるで洞窟のようなゴルジュになっています。

      奥に獅子ノ牢の入り口
画像


     獅子ノ牢の入口の滝
画像


     獅子ノ牢
画像



ここ獅子ノ牢で数年前に単独の沢登りの方が滑落して亡くなりました。その前にも同じように単独の方が亡くなっています。時々その亡くなった方の「オーイ」と呼ぶ声が滝壺から聞こえて来るそうです。それに応えて返事をすれば、同じく滝壷に落ちて帰らぬ人になってしまうそうです。

画像


画像


画像


オーイと呼ばれたような気がしましたが、黙って先に進みます。

画像


画像


     暗いのでフラッシュを焚いて撮りました
画像


      上部の出口
画像


     さらに上には行かずここまでで帰ります
画像


なんとか無事に入口に戻りました、心身ともに寒くなって来ましたので、昼食にして下山します。

     入口付近
画像


サントリーさんから以前に、ノンアルビールのオールフリーを1ダースほど宣伝したお礼にと戴いたことがあります。そのお礼に今回もちょこっと・・・ 美味しかった!!

画像


さて オーイ と呼ばれない内に帰りましょう!!

画像


画像


画像


この辺りでは熊さんを良く見かける所です。やはり対岸で私を眺めていた熊さんがいました、カメラに興味があるようで、私を撮ってくれると言いますので、お言葉に甘えて撮って戴きました。

    暫く振りにお目に掛かります
画像


    のんびりと大ナメ床を歩きます
画像


画像


画像


今日は歩いている途中で2度ほど滑って転びました。カメラも水に浸けてしまいましたが、今日は防水コンデジでしたので無事でした。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
立葵の花を見ると、私も梅雨の後の夏を感じます。

蒸し暑い時は沢が涼しくて良さそうですね。

後姿も良いですが...実物に早くお会いしたいです。
私は土曜が仕事の事が多いから、バッタリ確率は少ないですが...でも諦めません。
chiaki
2016/07/03 15:21
今日はうんざりするほど蒸し暑かったですね!
たしかにこんな日は渓流の沢登りが涼しそうですが・・・『おーい!インレッドさんっ!』って呼びかけられるような沢はねぇ・・・聞いただけで背筋が寒くなってきました!?
ナメ床でも滑りそうだなぁと思って読んでいましたが、2度転んでもご無事なご帰還、よかったですぅ!!
あ、こんど、その熊さん、是非紹介してくださいっ!!
そうそう、私もノンアルビールは、キ〜ア〜サと飲み比べましたが、オールフリーが一番美味しいですね!
宮星
2016/07/03 18:18
いやー 涼しそうですね。今日はこちらもかなり蒸し暑くて
沢登りをやって見たい気がしました。
nori
2016/07/03 20:02
こんばんは。
今部屋は 31度 扇風機は廻っています。
涼しい画像を拝見致しまして、県道64〜花咲温泉〜
また沼田へ川場も走行いたしました、このあたりでしょう?。

熊さん、お目が可愛くてA4写真にして額に飾りました。
先日の旅で印象深い出来事でした〜(ちょっと変?な)
「Poniesのページ」up致しました。
何時もご覧戴きありがとうございます。
たかちゃん
2016/07/03 20:22
chiakiさん、お早うございます。
会うとがっかりしますから 会わない方が・・・。
夏は沢の登りは涼しくて気持ちが良いですよ、やって見ませんか、最近は沢でも女性を時々見かけますが、皆美人に見えてしまいます。
インレッド
2016/07/04 08:52
宮星さん、お早うございます。
この熊さんは、あの獣の熊さんでは無く、この下の野営場の管理人の星野熊吉さんです。この辺りの主のような人で、丁度イワナ釣りをしていました。カメラを沢に落としても使っていたので、見せて欲しいと言うので見せてあげて、ついでに撮ってもらいました。
インレッド
2016/07/04 08:58
noriさん、お早うございます。
暑くなりましたね。是非沢登り やって見て下さい。
そちらには良い沢が沢山ありますから、きっとくせに
なりますよ。
インレッド
2016/07/04 09:00
たかちゃん さん、お早うございます。
尻屋岬は歌でしっていましたが、あんな風景だったのですね。高清水公園でヒメサユリも見て来たようで、桧枝岐や只見あたりは私も良く行く所です。
インレッド
2016/07/04 09:02
こんちわ 
防水コンデジは画質が悪いと聞いていましたが、
凄い 良い画質で驚きました。
俺も買って水の中のイワナを撮って見ようかと!!。

2016/07/04 17:46
こんばんは。
涼しそうでいいですねー、今日は暑くて参りましたが夕立が来てくれて、今は涼しいので今晩はゆっくり寝られそうです。
いつも楽しそうですね、私はまだ沢を楽しんでいないので次回は是非とも楽しみたいです。
中学生の履く白の上靴の運動靴が良いとか聞きました、いろいろ試してみたいです。
ナメをお尻で滑ってみたいものですが、腰位までは普通に浸かるのですか?
夢創歩
2016/07/04 21:40
熊吉さん、コメントありがとうございます。
そうですね。通常はあまり画質は良くないのですが、設定を細かくやってなんとかこんな感じの画像になります。画質は普通はナチュラルとか鮮やかにして撮りますが、さらに彩度や色相・コントラストを細かく設定しています。この日は結構釣果はあったようですね。
インレッド
2016/07/05 09:01
夢創歩さん、お早うございます。
通常は膝位までしか水には浸かりませんが、この日は獅子ノ牢で腰くらい水に浸かりました。学生の上靴が良いと昔は言われていましたが、地下足袋とあまり変わりがないと思います。いつも滑ると思いながら気を付けて歩いていれば、易しい沢ならば大丈夫です。
インレッド
2016/07/05 09:07
ナメ滝をジャブジャブ、気持ち良さそうです。
流れに押されて滑らないのかなと思っていたら
インレッドさんでも滑って転ぶんですか。(^^)
初心者がズルッ、ジャブンは当然ですね。
寒くなるほど涼しい沢歩き、やっぱり魅力ですね。
nousagi
2016/07/05 09:59
nusagiさん、今晩は。
ナメ床歩きは滑りやすいので、うっかりすると流れに足を取られてしまうことがあります。まあ尻セードの積りで遊んでも良いのですが・・・。こんな大ナメの続く所ならば危険はありませんから是非歩いて見て下さい。
インレッド
2016/07/05 21:38
こんにちは!
ここが例の「薄根川川場谷」ですか。
登り始めに沢の音が聞こえるだけでも涼しげな気分になりますから、実際に沢歩きを始めたらやめられと言った所でしょうか?

山歩きを始めた2006年、10年前になりますが、白神岳の下山時、そこそこ水かさはありましたが、ロープも渡してある所で、岩に生えた苔で見事に滑った経験があります。
もちろん、足は立つ所でしたが、一瞬、体が水に浮いて帽子とペットボトルを見事に流されました。
今でもあの感覚が忘れられませんから、注意しながら渡っています。

熊さんに撮ってもらた写真を見ながら、沢歩きの様子が実感できました。
インレッドさん、姿勢がいいですね!!

izumi
2016/07/06 11:23
izumiさん、今晩は。
蒸し暑くなりましたね。そんな時は沢登りは涼しくて気持ちの良いものです。濡れて当たり前と思って歩いていますから、滑って転んで濡れてもあまり気にはなりません、楽しいですから易しい沢にでも行って経験して見て下さい。
インレッド
2016/07/06 20:03
こんばんは。
2日は武尊牧場の樹林帯を歩いていました。
近くの沢を歩いていらしたんですね。
渓流歩きがなんとも涼やかです。
獅子ノ牢は地図にも出ています。こんな所も歩けるんですね。素晴らしい!
カスミッシモ
2016/07/06 20:06
カスミッシモ さん、お早うございます。
そうですね、この獅子ノ牢は地図に載っています。川場谷の中間付近だと思います。どうですか 一度試しに沢登りをやって見ませんか。気持ち良いですよ。
インレッド
2016/07/07 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨空の薄根川川場谷 2016/7/2日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる