インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯檜曽川本谷から白樺沢へ  206/7/18日。

<<   作成日時 : 2016/07/20 18:10   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 14

梅雨も終盤になり蒸し暑い日々が続くようになりました。そんな日はやはり沢登りが気持ちが良くてやめられません。今日は長ーい林道を歩き、マチガ沢・一ノ倉沢・幽ノ沢・芝倉沢・武能沢と歩き入渓地まで3時間も歩かなければなりません。

     白樺沢の5m滝
画像


慰霊の園に車を置き、今日の無事を祈り、登山センターに登山届を出して、朝の8時半頃に歩き始めました。

画像


まだ観光客も居ない静かな林道を一ノ倉へと歩きます。以前は一ノ倉まで車は入れたので楽でしたが、今は一ノ倉まで1時間ほど歩かなければなりません。

    西黒尾根の登山口と林道
画像


    今日の白毛門・笠ヶ岳方面
画像


     マチガ沢方面
画像


    一ノ倉の岩壁が見えて来ました
画像


左下に滝沢リッジと上部にドーム、中央付近下の雪渓の上に3ルンゼとさらに上部に国境稜線、右下に南稜テラスとその上部に烏帽子岩と多くの岳人の命を奪った岩壁が圧倒するように聳えています。

     一ノ倉
画像


友達が、両親がこの岩場で亡くなった人を慰霊したプレートが、たくさんかけられ、今は静かに谷を眺めて眠っているようでした。

画像


画像


    珍しいカリガネソウも咲いていました
画像


画像


武能沢を越えてやっと入渓地点付近に着きましたが、まず魚止の滝は深い谷のため、上部の藪を漕いで入渓します。

     魚止めの滝
画像


画像


酒なら飲んで見たいような綺麗な水です

画像


画像


小さくても美しい滝・ナメ滝が続きます。

画像


画像


画像


画像


谷川の滝はどの滝も空が開けていて、岩畳のようなナメがあり、山も良いですが沢も素晴らしい沢ばかりです。

画像


画像


一旦胸まで水に浸かると、涼しくて時々はわざと水に浸かりながら滝を越えました。

    ここも涼しかったー
画像


     ここも水しぶきを浴びながら越えました
画像


湯檜曽川本谷はミニグランドキャニオンみたいなウナギ淵や十字狭・抱返りの滝など、今までに3度ほど歩きました。その為次の2段の滝を越えたら、本谷と別れてまだ遡ったことの無い、白樺沢に行こうと思います。

     2段の滝
画像


画像


     白樺沢の入り口付近の滝
画像


     先に細い滝が見えてきました
画像


ツッパリにはちょっと幅が広そうで、やはり左を巻きました

画像


画像


   上から眺めて
画像


     なかなか良い滝でした
画像


     先にまた滝が見えて来ました
画像


画像


5mほどの美しい滝は、しぶきをいっぱい浴びて右をよじ登りました。

画像


画像


画像


    上から
画像


この辺りで遅い昼食にして、濡れたシャツを暖かい岩場に置いて乾かし、ノンアルビールを飲み暫く一休み、一日中誰にも会わない深い深い谷は、どうしようもないほど静かな渓でした。

画像


     更に奥にも良い滝がいっぱいありました
画像


画像


画像


上部に大きな滝が見えて来ました、この沢のハイライトの一つの30m大滝のようです。

画像


今日は30m大滝まで行くと午後3時を過ぎてしまいそうです。日帰りでは無理ですから、またの機会の楽しみにして下山します。

     30m大滝のアップ
画像


画像


画像


 ♪♪泣いちゃいけない 笑顔のなりな
    たかがしばしの別れじゃないか
    可愛女房の 泣き顔見れば
    ザイルさばきの手が鈍る
      トコズンドコ ズンドコ
                    谷川小唄より

画像


♪♪急な草付き慎重に越せば
   やっと飛び出る国境稜線
   固い握手に心も霧も
   晴れて見えるはオキの耳

画像


♪♪さらば上越 湯檜曽の流れ
   さらば土合よ 谷川岳よ
   またの来る日を心に誓い
   たどる列車の 窓の夢
    トコズンドコ ズンドコ

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
谷川岳周辺の沢は全体が岩盤で出来ているかのような様相ですね!
滝を超えるための藪漕ぎ・・・奥只見での渓流釣りを懐かしく思い出します。
ピンクの花は?・・・と思っていましたら、こちらではとっくに終わっているシモツケソウでしょうか?
涼しげな渓流の沢や滝、堪能させて頂きましたぁ!!
宮星
2016/07/20 21:22
マチガ沢・一ノ倉の眺めよいですね、
沢も綺麗だし、やはり谷川は山も沢も岩もよいですね。
また行きたくなりました。今回は防水コンデジのようですが、
よい画像です。
nori
2016/07/21 06:24
18日、祝日でしたね。
やっぱりじっとはしていられないんですね。(^^)
綺麗な沢、滝、軽々と楽しんでいらっしゃるようですが
絶対無理だなぁ〜と思いつつ拝見しました。(^^;)
見るだけで、十分涼しいです。
nousagi
2016/07/21 12:18
こんにちは。
一ノ倉までは何回か行きました、水が冷たくて気持ち
良かったこと覚えております。
岩も美しくて素敵な沢ですね、「カリガネソウ」会って
見たいお花です。
たかちゃん
2016/07/21 15:40
こんばんは。
気持良さそうですね。
一服の清涼感を頂きホッとできます。夏は沢がいいです。これからも画像を楽しみにしています。
カスミッシモ
2016/07/21 19:02
宮星 さん、今晩は。
このあたりではシモツケソウは丁度咲き始めたところで、特に美しいころです。魚止めの滝があるせいか、ここで釣りをしている方は見かけたことはありません。
インレッド
2016/07/21 20:49
noriさん、今晩は。
谷川は岩も沢もよいのですが、更に花も沢山あります。毎週登っても飽きない山だと思います。そんな山が近くにあるのは嬉しいですね。
インレッド
2016/07/21 20:52
nousagiさん、今晩は。
そうなんですよ、雨でも降ってなければ、やはり出かけてしまいます。
沢はもう入門編は卒業しましたか。今度はぜひこちらの沢にお出かけください、良い沢が沢山あります。
インレッド
2016/07/21 20:54
たかちゃん さん、今晩は。
一の倉の眺めはなかなか良かったと思います。この時期は車では入れませんが、小さな乗合バスが運行しています。カリガネソウはあまり見かけませんが、ちょっと変わった花でなかなか美しい花ですね。
インレッド
2016/07/21 21:03
カスミッシモさん、今晩は。
夏は沢登りが涼しくてよいですね。もう少しガンガン暑くなると更に楽しくなります。潜ったり泳いだりできますからね。ぜひやって見て下さい。
インレッド
2016/07/21 21:06
こんばんは。
すごい涼しいですね(#^.^#)、武能沢の奥ですか、きれいな水で泳ぎたいようです。
それでも沢はやっぱり私には怖すぎです、ナメの所ばかりなら良いのですが・・・・・
滝もゴルジュもどうやって越せばいいのか分かりません。沢の両岸は割と木々が少なくて上の方なのですね。西黒沢と東黒沢と間違ってしまいました。チョロチョロ流れの石畳に肘を打ち付けて、肘よりあっちこっち痛いです。下の方で慢心したのでしょうね。
昨日も休みだったので霧ヶ峰に行って来ました、キスゲもまだいっぱい咲いてました。人の多さに女房はびっくりしていました。
夢創歩
2016/07/21 21:35
涼しそうですね、沢筋に咲いている花も綺麗です。
マチガ沢も一の倉も圧倒されそうな岩場です。
そんな所に沢山の慰霊碑は谷川の凄さを感じます。
hana
2016/07/22 16:20
夢創歩さん、今晩は。
谷川での巻き道は案外草付きが多いので、頼りない草を掴んで斜面を巻くのは怖いですね。沢では絶対に気を緩めてはダメです。いつも滑ると思って緊張していなければ、一瞬のうっかりが命とりになります。
インレッド
2016/07/22 19:27
hanaさん、今晩は。
一の倉の岸壁の眺めは圧巻ですが、怖さもあり、眺めも凄さを感じます。ここで今まで1000人位の人が亡くなっています。世界中の山で一番多くの犠牲者の出た山は谷川なのです。
インレッド
2016/07/22 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯檜曽川本谷から白樺沢へ  206/7/18日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる