インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 単独行について   2016/12/10日。

<<   作成日時 : 2016/12/10 14:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 32

今日は近くの山で霧氷などを楽しむ積りでしたが、山間部は荒れ模様のようなので、途中で引き返し、徒然なるままに前回の滑落事故について、改めて考えて見ました、皆さんにも参考になれば嬉しく思います。

      滑落したあたりの山々
画像


いつも単独で山に登っていると
孤独で寂しそう 
と良く言われます。
登山道の無い山や
誰にも会わない深い雪の尾根では
確かに孤独です
寂しさも少しあります。

それでも神々しい景色を
充分に楽しんでいます。
孤独イコール寂しさではありません
孤独は最高の遊び
そして最高の楽しさです


画像


一人なら
ゆっくり歩いても
早く歩いても
誰にも迷惑はかけません
目的地を勝手に変えても
途中で疲れて下山しても
誰にも文句を言われません

画像


最近は年老いて
一人になって死ねば
皆が孤独死と言って哀れに思います
それは違います
一人になって死んでも
趣味をいっぱい持ち
楽しく、お一人さんをしている方もいます
そんな豊かな気分で毎日を過ごし
亡くなる方もいます

画像


先日私は山で100m以上も滑落し
気絶していました
気が付いて見たら
急斜面で手足や首が動かず
額からは大量の血が噴き出ていました
動かなければ痛みはあまり感じず
ここで自分は生涯を終わるのかと思いました
そこからは前方に
桑ノ木山からネコブ山・下津川山と
後方には越後三山や利根川源流の山々と
私の大好きな嶺々が眺められます
そんな景色を眺めながら
ここで生涯を終えても
悔いは無いと思いました

     桑ノ木山
画像


どうせあと 数年もすれば癌や大病になり
痛み苦しみながら
人生を終えるのならば
ここで夜を向かえ出血多量になり
静かに眠るように死ぬのなら
それは最高の終わり方だと思いました

下にあった骨の人と
そこで土になり木の栄養になり
風になり水になって
ここで後の世を過ごすのも悪くはない
そんな風に本気で思っていました

    ネコブ山
画像


https://youtu.be/crCjW1LdHEk     ← 良い歌ですぜひ聞いて見て下さい。


画像


しかしながら
良く考えて見たら
我が家には以前
脳出血倒れた妻がいます
家事くらいはそれほど不自由なく出来ますが
階段の昇り降りや
歩くことも少し不自由です
重いものを持つことも出来ません

万一 また倒れたら今度は
寝たきりになってしまいます。
今まで散々 山に行き家を留守にして
それでも笑顔で送ってくれました。
そんな妻の倒れたとき

画像


面倒は私が見るほかありません
やはり勝手にここで
自分の人生を終わることは
どうしても出来ない
どんなことがあっても
絶対に下山して家に帰ろう

そう強く思いました
その信念が今回は勝ちました

画像


こんな時は弱気はダメです
絶対に無事に帰ると言う
強気の信念があれば
なんとか生還できるものです

やはり単独では
自由気儘ですが
その分人一倍
自分を厳しく強く律して
歩かなくては と
改めて思いました。


画像


今回の画像は数年前に撮った画像ですが、今回滑落した付近の嶺々の画像です

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
私も単独が多いですが、確かに寂しいと思った事がありません。(^^)
おっしゃられる通り、自分の好きなペースで歩き、立ち止まり、お昼を食べる。。
好奇心で先に現れるだろう絶景を、常に考えているとワクワクして
時間が経つのも忘れてしまいます。

しかし、リスクは大きいのも事実です。
待っている家族もいます。

今後はインレッドさんの事故を忘れずに
登山を楽しみたいと思います。
アサレン
2016/12/10 17:29
私も単独が多いですが、整備されたアルプスとかでは、登山者も多いし寂しいと思った事はないです。
雪山は単独はしませんが...というより実力がないのでできないのですが。
ソロは父が具合が悪くなってからでした。
父も亡くなりましたが、私も気を付けて登山をしたいと思います。

インレッドさんのブログを毎週楽しみにしていますので、治るまでは無理せずに。
chiaki
2016/12/10 18:57
「単独行」は避けましょう!と、私が所属している山の会では言われます。
世間的にも、たとえ高齢者になったとはいえ、一応女性なので、
山仲間からも単独行は止めましょう!と言われていますが、
マイペースで、日にち、山域、歩き方が出来るので、単独行をしています。
確かに、危険はありますが・・・
以前、岩崎元郎が講演の際に「確信犯の単独行」ならOKとか話していました。
覚悟を決め、とにかく下山するのだとの確信を持って!
自分の足で歩ける山は単独で行き、カメラ向ける自由、ゆっくり歩く自由、山小屋の方と話すゆとりなどなど・・・
すみません、まとまらないで。
のりこ
2016/12/11 03:28
おはようございます
単独行、私もほとんどがそうです。
大勢で賑やかに歩いてる人達を見ると、いいなあとは思います。
たまにはそんな山行もいいかなと思ったりします。
単独では孤独を感じたり、寂しさを感じたりすることももちろんあります。
でも、それに勝る楽しさ、気楽さを私は優先してます。
好きな時に好きなところへ、好きなように歩く。
誰に気兼ねすることもなく自由きまま。
好きなところでのんびり写真撮ったり、気持ち良い場所ではトレラン気分で走ったり…
単独だからこそ、出会った人たちと一期一会の楽しみを味わうことも多々あります。

事故を起こした時には確かに大変だな、やばいな、
このまま終わりかと思うこともあるでしょう。
だから余計用心深くなるんではとも思ってます。
必ず家に帰る!そう信じて行動、今後も山を楽しめればと思います。
ただ、年とったので無理な登山は初めからしないようにしてはいますが(*_*;
kyou
2016/12/11 08:58
アサレン さん、お早うございます。
そちらは雪は積もりましたか??。首輪が取れたらそちらの雪山に行きたいと思って居ます。
単独は自由気儘ですが、その分人一倍 用意周到し自分に厳しくことに当たっていれば、やっはり楽しいですよね、なんと言っても自由が良いですね。
この画像は桑ノ木やネコブあたりですが、良いでしょう!!。
インレッド
2016/12/11 09:26
chiakiさん、お早うございます。
アルプスや八ヶ岳など有名な山域ならば人も多いので寂しさは感じないと思いますが。この山のように一日中誰にも会わない登山道の無い山では、やはり寂しさは感じますが、誰も居ない雪山は神々しい景色で、楽しい寂しさと孤独感です。
インレッド
2016/12/11 09:32
のりこ さん、お早うございます。
この記事を読むと
あなたのこれまでのこと すべてが失ってしまうかも・・・私も読んでみようと思って言います。今は船戸与一の「山猫の夏」を読んでいますが、面白い冒険小説です。私も結構確信犯だと思って居ましたが、今回は事故ってしまいました。さすがに反省しています。
インレッド
2016/12/11 09:47
kyouさん、お早うございます。
歳をとったので・・・。まだまだ充分に若いでのでは
単独は自由気儘が一番よいですね、その代わり自分に厳しく用意周到が大事だと思います。アルプスなど登山者の多い山域では孤独はあまり感じませんが、登山道のないような雪の山では一日中誰にも会いませんから、孤独や寂しさは感じます。それでもそれが好きなので・・・。
インレッド
2016/12/11 09:52
インレッドさん こんにちは
単独行は好きな時に景色を眺めて写真を撮り休み食事をしたり
と気ままにできるから癒されます。私の場合は近くの里山なら
出来ますが臆病なので高い山、千メートル以上はできません。
最近は特に体調に気を付けて登っています。今までは携帯も
持たずに登っていましたがこれからは…。
インレッドさんが滑落された山がとても気になっていました。
魚沼の山は殆ど登っています。八海山(屏風道から)越後駒ヶ岳
荒沢岳、平が岳、金城山 中の岳(小天上まで)、丹後山と兎
岳は登った事がありません。豪雪地帯の魚沼の山山は急峻な厳し
い山が多いですね。思い出させてごめんなさい。もしかして
丹後山辺りでしょうか。
ブログを楽しみしています。

2016/12/11 15:05
単独行の方が気楽でいいですが、その分のリスクはありますよね!
私も原則、単独行ですが、インレッドさんほど厳しい山へは行っていません。
それでも、どの山でも危ない所や場面は何カ所かはあり、今までよく無事で来ているなぁ・・・と思っています。
インレッドさんの場合は、滑落直前に意識が朦朧とされたのではありませんか?
私は15年ほど前から上下とも血圧が20mmHgほど下がり、眩暈しやすいので、なるべく崖から遠い側を歩くようにはしています。
宮星
2016/12/11 18:27
夢 さん、今晩は。
その登ったことの無い、丹後山から大水上山・兎岳へと行き、中ノ岳への分岐から十字狭へ降りるつもりでしたが、霧が深くなって来たので、周回をやめて大水上山までで十字狭へ降りる途中でした。その対面の尾根が今回載せた画像の山々です。最後の秋の三ツの画像が中ノ岳より十字狭へ降りる途中の画像です。
インレッド
2016/12/11 19:38
宮星さん、今晩は。
いつも病院で血圧を測ると 120-60でベストと医師には言われています。意識が朦朧とするようなことは今まで一度もありませんし眩暈などはしたことがありません。一応落ちた辺りを探して見たのですが、怪我の最中で、どこで落ちたのか大体の場所しか解りませんした。いきなり落とし穴に落ちた感じです。
インレッド
2016/12/11 19:45
私が単独で歩くときは、それほど危なくない山域ですが
どんな山でも、危険は潜んでいますね。
観光地化した高尾山でさえ、事故はありますから。
事故のリスクは同じとしても、誰かが一緒にいれば
万が一のときも行方不明ということはなくなるかもしれませんね。
でも、好きな人は単独行はやめられないでしょう。(^^)
nousagi
2016/12/12 06:33
こんな周りの景色が良い山ならば、単独でも
ぜひ行きたいと思ってしまいますが
かなり危険な山のようです。やはり多少の危険を
おかさないとこんな景色は見られませんね。
nori
2016/12/12 09:00
こんばんは。
わたしも60歳までは単独主体でしたが、定年退職後はグループやツアー主体にしています。
皆さん単独行の良さを知り尽くしているようですので、何も云うことはありません。
体力は20歳を100%とすると60歳では50%ぐらいまで落ちるようです。とくに平行バランスは20%ぐらいになるようですので、日々のトレーニングが大切のようです。
カスミッシモ
2016/12/12 19:01
nousagiさん、今晩は。
アルプスや100名山のような所は登山者がたくさんいますから、あまり心配や孤独感はありませんが、登山道の無い山や雪山は孤独感もあり寂しさもあります。そう言う所が また神々しくて良い所なんですから困ったものです。
インレッド
2016/12/12 20:05
noriさん、今晩は。
そうですね、危険な山、困難な山だから登り上げた所からの眺めは最高なんですね。そんな山は達成感があり、思い出も鮮やかに残ります、困ったものですね。
インレッド
2016/12/12 20:08
カスミッシモさん、今晩は。
歳をとればそれなりの山に登れば良い訳ですが、簡単な山もたまには楽で良いのですが、やはり想い出に残るのは、やっと登ったような山の方が達成感があり想い出に残ります。仕事も同じようなものと思います。楽な登山ばかりやっている人は、仕事もそんな仕事ぶりと、私の周りの山友さんを見てると思います。
インレッド
2016/12/12 20:19
こんばんは。
少しは回復されましたでしょうか。
好きな事は中々やめられませんね、お気を付けられまして
お楽しみくださいませ。

近畿地方「道の駅」2訪問致しました、1088道の駅制覇です。
平成28年度全国「道の駅」スタンプラリー制覇表彰申請書を
提出いたしますと、全国制覇の認定証他戴けるようです。
たかちゃん
2016/12/12 22:31
こんばんは。
昨日中倉山、沢入山を歩いて来ました。もちろん普通の道です、昨日は風が強くて雪が舞って手が痛かったです、途中6人の団体の下山に会っただけで動物にも会いませんでした。沢入山まで踏んで来ようと行ったのですが、意外と遠うかったです。余り一人を感じる余裕が無かったです。インレッドさんは暮れの今頃太平山や社山を目指して登ってますねー。どこから取り付いたのかカシミールで見ています。今年の方が雪が少ないですね。太平山まで松木沢から行って見たいですがやっぱりそうとう遠いですね。
夢創歩
2016/12/12 22:32
山で単独の方を見かける事は多いですが
「きっと一人で気ままに歩く方が楽しいんだろうな〜」と思っていました。
先日も釈迦ヶ岳の山頂で特等席に座って富士山や南アルプスを独り眺めながらラーメンをすすっている男性がいましたが楽しそうに見えました。
私はそんな方を見かけるといつも素敵だな〜と思っています。
ただ滑落などの事故が心配ですね。
どうぞお気をつけ下さい。
mikko
2016/12/12 22:49
私も以前、守門岳で滑落してクレバスに落ち込み、自力で出られなくなりました。足と額を負傷していたからです。その時は事故から2時間後、偶然通りかかった麓のマタギの方に助けていただき、どうにか生きて下山しました。今は山から遠ざかっていますが、あの時の刹那は忘れることができません。どうかこれからも気を付けて山を楽しんでください。
高崎のN
2016/12/13 05:13
たかちゃん さん、お早うございます。
もうすっかり良くなったのですが、まだ医師の許可が無いのでコルセットは外せません。今年中には外せると思うのですが・・・。
1088も道の駅を訪問されたら、それは歴史ですね。
インレッド
2016/12/13 08:56
夢創歩さん、お早うございます。
沢入山からさらにオロ山へ登り備前楯山方面に周回できます。私は前回は沢入山からオロ山の途中まで行きましたが藪漕ぎになる頃雨が降って来たので下山しました。
大平山へは阿蘇沢への林道を歩き途中で尾根に取り付きます。
インレッド
2016/12/13 09:06
高崎のN さん、お早うございます。
コメント有難うございます。
守門はあの雪庇の頃でしょうか???。その頃何度か登りましたが、大きな割れ目が良くありますね、あんなところに落ちたら大変ですね、よくぞ無事で と思います。
また 少しは健康のため登山をやってください。
インレッド
2016/12/13 09:10
mikkoさん、お早うございます。
mikkoさんはいつも仲良く二人連れですが、こんど単独でちょこっと雪山にでも如何でしょうか、案外亭主の居ない登山も良いかも知れませんよ。
インレッド
2016/12/13 09:12
静かな美しい峰々の雪山風景ですね。
キンと張りつめた冷たい空気感が私も大好きです。
神々しい雪山に惹かれても、とても入ることの出来ない領域です。

私も気ままなひとり歩きが好きなので、危険の少なそうな山にたまに単独で出掛けますが、より心して楽しもうと思います。

怪我が完治されたら、また綺麗なお写真を楽しみにしてます。
orihime
2016/12/13 20:52
orihimeさん、今晩は。
危険の少ない山よりも、多少の危険がある山の方が達成感はあり、想い出にも残りますから、たまにはそんな山が良いと思います。特に雪山ならば人が全くいない山で、周りを眺めると、本当に神々しく思います。
インレッド
2016/12/14 19:56
ご無沙汰しています。
お一人様の良さはマイペース。その気楽さと楽しさは何物にも代えられませんね。
でもリスクが大きいのも事実のようで、友人も1人では出かけないそうです。
御無事で良かった。
ホッとしています。
ご無理をなさらずご自愛なさってくださいね(*^^*)
まりぃ
2016/12/15 11:23
まりぃ さん、今晩は。
こちらこそご無沙汰しています。
手の傷は治りましたか??。私は額を八針ほど縫い、頭のテッペンにも大きな傷が出来、腕は2か所ほど10cくらいベロンと皮がむけてしまい、背中も膝も大怪我をしてしまいましたが、今はほとんど治りました、ただまだ医師の許可が無いので首にはコルセットをしています。今年中には取れると思うのですが。散れたら懲りもせず、また雪山に行きたいと思って居るのですが・・周りの許可が出るかどうか。
インレッド
2016/12/15 19:18
こんばんは
単独行が殆どですが、他の人が見たら寂しそうと思うのかもしれませんが、当の本人は自由に自然と会話しながら歩ける至福の時です♪〜
その自由との引き換えは、責任と言う重いものを一人で背負って歩かなければならない事です・・・。
ツアーの方々が通過した跡などは、楽しんで歩かれるのは非常に喜ばしい事ですが、山道は嵐の如くに崩れ、土壌が剥き出しになり、山野草も踏みにじられ、ガッカリする事が多く・・・これを見て、どこかの山岳会に入って歩き方を皆さんに知ってもらわなければならないのかなぁー? と思う事も多々です。
自己責任において、冒険心をいつまでも持ちつつお楽しみください。
コルセットが外れても、無理はなさいませぬよう・・・。
リッキー
2016/12/15 20:10
リッキーさん、今晩は。
山登りは少しの冒険があるから面白いのですね。ツアーのように人任せではつまらないと思います。やはり自分で決めて苦労して登って充実感があるのだと思います。これからも懲りずに山は楽しもうと思います。
インレッド
2016/12/16 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
単独行について   2016/12/10日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる