インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジの栂ノ頭へ 2017/2/11日。

<<   作成日時 : 2017/02/12 10:15   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16

前回、栂ノ頭からコシキの頭へと行きましたが、登り始めの摩耶ノ滝の少し先で崖が崩落してどうしても通ることが出来ず敗退しました。この山は県内の登山者にも、あまり馴染みのない山で、「群馬300山」の著者横田さんが紹介して、僅かに山マニアの方に登られているだけです。摩耶ノ滝から日向見川を遡って途中より右に栂ノ頭方面へ、左に木戸山方面へとほんの少しの山ヤ達に登られている山域です。

     栂の頭より佐武流山方面
画像


摩耶ノ滝から先が通れなければ、どこからか登る事が出来ないかと、地図を良く眺めて見たら、少しロングコースになりそうですが、日向見温泉の上の道路から直接尾根に登り上げて、尾根伝いに登れば何とか登れそうです。ただし距離が長くアップダウンも多く、踏み跡は無い山域ですから、ラッセルが続けば、またまた途中で敗退するかも知れませんが、いつものように行ける所まで と思い挑戦して見ました。

      登り始め
画像


画像


画像


最初から急登が続きスノーシューを履いて登れば、ずり落ち、ずり落ちながらの登りになり、途中でスノーシューを脱ぎ、12本爪アイゼンを履き、つぼ足で登りました。

画像


画像


ツボ足ですから、やはりラッセルのきつい歩きになりました。

画像


画像


こんな尾根を登る方は全く居ないようで、踏み跡は勿論、テープ類も全くなく、只々冷たい風と、長野・新潟方面の山から舞って来る風花を友として、黙々と登っていました。

画像


画像


      木々の間に木戸山方面への尾根
画像


画像


       急登の尾根を振り返って
画像


折角登り上げたのに、大きく降りそしてまた登る、もうすっかり身体も足も心も「登るのは止めよう・・」と言い始めました。

画像


画像


北風が吹き荒れる手前のピークに着きました。此処までで引き返そうかと何度も思いつつ、なんとか午後2時までは登り2時を過ぎたら下山しようと登り続けました。

       手前のピーク
画像


        雪煙を上げて風が通り過ぎて行きます
画像


画像


なんとか栂ノ頭への稜線に出ました、展望も良くなり疲れた体に栄養となって少し元気が復活しました。

画像


画像


     栂ノ頭山頂(1564m)
画像


風を避けて苗場山や佐武流・白砂山などを眺め、午後の2時少し過ぎにパンと温かなコーヒーを飲みランチタイム。

画像


雪雲の間から見える、白砂山・佐武流山・苗場山などいつもと違った角度から眺め、頑張って来た甲斐があったと思いつつ眺めていました。ここからコシキの頭へは大きく降って行くだけですが、今日はかなりのアルバイトで疲れ、ここ迄で下山しようと思います。

     山頂より佐武流・苗場方面
画像


     白砂山方面
画像


    下山の尾根
画像


     下山途中の尾根より浅間山方面
画像


今日は人跡未踏のような尾根を、クタクタになりながら登り、かなりの冒険でした。それでも終わって見れば充分に楽しい登山でした。やはり登山を始め、遊びは多少の冒険があった方が面白い!!。

画像


     この下に道路があり そこから登りました。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがインレッドさん、マイナーな渋い山が似合います。
展望が開けると元気がでて、もうひと頑張りできますね。
遊びは多少の冒険があった方が楽しい....同感です。

昨日は寒い一日でしたね。
私は瑞牆山でした。
chiaki
2017/02/12 12:02
こんにちは。
挑戦が早かったですね♪ 木々の間から空が見えるのは
今の時期綺麗ですねぇ〜。山容も美しく拝見出来まして
嬉しいですね♪ ありがとうございます。

春に麗あたりまで行けると良いですね!!
此方も寒くて県北は積雪も多く大変のようです
近くの温泉へとのんびりモード。孫のデザイン画等見て来ました♪
たかちゃん
2017/02/12 14:57
ついにリベンジして来ましたか。凄い執念ですね。
地図を広げて見て見ましたが、本当にロングコースのようで
一人ラッセルではきつかったと思います。
nori
2017/02/12 20:39
chiakiさん、今晩は。
中之条で−6℃でしたから、山では−10℃くらいだったと思います。その上風が強かったので体感温度はもっと寒く感じました。この山域は日向見川が通れないので登る方は全く居ない山です。もう少し体力があれば更に奥まで行きたかったのですが・・
インレッド
2017/02/12 20:48
たかちゃん さん、今晩は。
この辺りには四万温泉・日向見温泉・沢渡温泉と良い温泉がたくさんあります。また機会がありましたらお出かけ下さい。
インレッド
2017/02/12 20:50
noriさん、今晩は。
本当はもう少し先のコシキの頭まで行きたかったのですが、ラッセルに疲れてここまででした。それでも途中で何度も引き返そうと思ったのですが、なんとかやっとここまで登れました。
インレッド
2017/02/12 20:54
>遊びは多少の冒険があった方が面白い!!。

思わず苦笑してしまいました。
同感です。
そうですよね。
もう、戻ろう、でもあそこまで・・・
迷って、頑張って、
だから充実感があるんですよね。
nousagi
2017/02/13 09:14
こんにちは。
リベンジおめでとうございます。すごいですねー。
地図で見ましたが、重そうな雪のラッセルはさぞかし大変だったでしょう、それでも冒険好きなインレッドさん面目躍如と言った所でしょうか(#^.^#)土曜日は天候が思わしくないので日曜に三峰山に行って来ました。佐久の山友に案内してもらいました。期待通りの山頂で、もっと北アルプスがいい日に再度行きたい所になりました。
夢創歩
2017/02/13 16:42
nousagiさん、今晩は。
そうですよね、苦労して苦労して登った山からの眺めは大抵は良いですから、いつまでも想い出に残ります。私の中で強烈に想い出に残っている山は皆そんな山です。
インレッド
2017/02/13 19:09
夢創歩さん、今晩は。
日曜日は天候はそちらはイマイチでしたか、今年はもう3度も追いかけられてしまったようですね。あそこは私の隠れ山ですから静かな方が嬉しいのですが・・・。
インレッド
2017/02/13 19:13
人の入らない静かな尾根の冒険歩き、
充分に楽しまれたようですね。
本来のインレッドさんの山スタイルでしょうか。

雪煙を上げて風の通り過ぎる様が、上手に撮れていますね。
orihime
2017/02/14 14:05
orihimeさん、お早うございます。
本当はもう少し展望の良い山に登りたいのですが、そんな山の方向は皆雪模様で、辛うじてこの辺りは青空もあるかなーと思いこちらにしました。最初はなんの変哲もない雪の尾根が続き苦労しますが、山頂付近になると、なかなか普段は見られない方向からの眺めが良く、登った甲斐がありました。
インレッド
2017/02/15 09:24
なんだか怖いくらいの尾根ですね
こんな所に一人で登って怖くはないのでしょうか。
hana
2017/02/15 09:25
もうリベンジなさったんですね!
さすがフットワークの良いインレッドさんですね!
地図を見たら・・・一番遠い尾根伝いのコースでしょうか?
スノーシューが滑るほどの急傾斜をツボ足で・・・
お疲れまでしたが・・・頂上ではすばらしい眺望に恵まれたんですね!
リベンジ達成、おめでとうございます!
宮星
2017/02/15 19:05
hanaさん、今晩は。
そうですね、ここは熊さんがたくさん棲んでいる所で、下の道路には200mの間隔で熊避けの鐘があります。登っている途中にも熊が爪でひっかいた跡もたくさんありました。人間よりも熊さんの住宅街のようです。
インレッド
2017/02/15 20:02
宮星さん、今晩は。
早速リベンジのようですが、ほんとは周りの山々はどちらも雪雲に覆われていて、晴れていそうなところはこの辺りだけのようでしたので、リベンジを兼ねて出かけました。本当はもっと真っ白な山に行きたいのですが・・・。
インレッド
2017/02/15 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジの栂ノ頭へ 2017/2/11日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる