インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の兆し   2017/2/15日。

<<   作成日時 : 2017/02/15 19:55   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 0

久し振りに暖かな水曜日、休みを取って、読みかけの詩集を2冊ほど持ち、近くの野山を歩き、春の儚い花 スプリングエフェメラルの花々や、ほんの少しの春を探しに歩いて来ました。

      今年初の節分草がたくさん咲いていました。
画像


画像


               春の花火より aki


冬の匂いはすでに親しんでいて
あんなに冷たかった朝の風にも
いつのまにか肌は慣れているらしかった
冬の装いをした木々の姿に
それほど違和感を感じなくなった頃
空を眺めている

画像


画像


太陽の肌触りのかけらに
どこかしら春の気配を感じて
やたらと懐かしさがこみ上げてきた
たった一年前の季節
なのにこんなにも心にあたたかい
たくさんの思い出も蘇ってきたよ

画像


画像


本格的な春の訪れは
まだすこし時間を待たなければならない
そうしてやがて薫るであろう春の匂いに
すこし心がドキドキする

画像


画像


寂しき春・・・・室生犀星

したたり止まぬ日のひかり
うつうつまはる水ぐるま
あをぞらに
越後の山も見ゆるぞ
さびしいぞ
一日もの言はず
野にいでてあゆめば
菜種のはなは波をつくりて
いまははや
しんにさびしいぞ

画像


画像


まだ夢の多い高校生の頃に
石川啄木の詩に
古賀政男が作曲した歌を
歌いながら
男体颪が冷たい
鬼怒川の長い鉄橋を
自転車を漕ぎながら
良く歌っていた歌です

https://youtu.be/OH9UvdN-lSY  ・・・良い歌です是非聞いてみてください。

「春まだ浅く」

     石川啄木

春まだ浅く 月若き 命の森の夜の香に
あくがれ出て 我が魂の 夢むともなく夢むれば
狭霧(さぎり)の彼方そのかみの 望みは遠くたゆたひぬ

自主の剣を右手(めて)に持ち 左手(ゆんで)にかざす愛の旗
自由の駒にまたがりて 
進む理想の道すがら
今宵命の森の影 水のほとりに宿借りぬ

画像


画像


そびゆる山は英傑の 跡を弔ふ墓標(はかじるし)
音なき川は千載に 香る名をこそ流すらむ
ここは何処と我問へば なが故郷と月答ふ

画像


画像


甘酸っぱいあの頃の光と影は、今頃どこを歩いて居るのだろうか
もう一度その頃に戻ってこんな歌を口ずさんでみたい気がします。
それでも 
まだまだ山にはたくさんの夢があります。

画像





       勝手気ままな記事ですのでコメント欄は休みます。


       尚 花の場所を知りたい方は次回の記事でお尋ねください。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
春の兆し   2017/2/15日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる