インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 大展望だった堂津岳 2017/4/30日。

<<   作成日時 : 2017/05/01 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 22

ゴールデンウイークが始まり、今年の残雪山登りのハイライトとして、以前から念願だった長野の堂津岳に登る事にしました。

      今日の堂津岳
画像


       奥裾花公園からの登り始め
画像


堂津岳と言っても関東の方にはあまり馴染みの無い山かも知れません。この山は妙高や戸隠の間に聳えていますが、その山々からは少し離れていて、孤峰の佇まいのするマッターホーンのような鋭峰なのです。

      奥裾花公園から標識のない道をGPS頼りに登り、尾根の直下の雪庇になりました
画像


この山には、通常の登山として登れる期間が、1年の内で僅か1週間か、10日程しか登ることの出来ない山だったのです。

     登り上げた尾根より(奥に白馬連峰)
画像


その理由は登山口への奥裾花への道が冬季閉鎖されて、道路の除雪は、このゴールデンウイークの頃にやっと開通します。そして開通後になると雪解けも始まり、尾根の雪も次第に解けて行き、雪が解ければ猛烈なネマガリダケの蜜藪になります。

     尾根から中西山方面
画像


     今日これから登る堂津岳への尾根(奥の尖がり山が堂津岳)
画像


以前のゴールデンウイークに、満を持して堂津岳を目指して登りましたが、その年は雪が少なかったようで、既に猛烈なネマガリダケの蜜藪になっていて、僅か10mほど入っただけで諦め、反対側の登山道のある中西山で展望を楽しみ下山しました。処が油断したのか、尾根から裾花公園に降りる雪庇で滑落し(この記事で上から3番目の画像付近)、左足を骨折した苦い経験のある山です。

     反対側の中西山と東山方面
画像


     尾根から上に堂津岳と右奥に妙高
画像


しかし最近では5年ほど掛かってボランティアの方の活動で、その蜜藪も刈り払いされ、雪が無くても登れるようになりましたが、刈り払いされたネマガリダケの道はかなり歩き辛く、やはり雪が無ければ登るのは困難なようです。

画像


画像


奥裾花から尾根に出るまでは標識類も無く、急登の道で尾根に登り上げると、少しのアップダウンがあるだけの楽な登りですが、ロングコースの雪の道は結構疲れます。

    左下の白い山が大渚山、右の山が雨飾山
画像


     奥にこれから登る堂津岳
画像


画像


    天狗原・金山・そして右に焼山
画像


雪のロングコースで少し疲れて来ましたが、最後に急登が待っています。大丈夫かなー と弱気になりながら歩いて居ました。

画像


    直下は藪も出て来て、ヤセ尾根もありました
画像


画像


    急登に苦しみながら眺めた高妻山・乙妻山方面
画像


    西岳を始め戸隠山方面
画像


    こんな怖い雪庇も越えなければなりません
画像


    雪庇を越えて、もう山頂かと思ったらまだ先でした
画像


画像


画像


     途中より白馬方面
画像


     またまた難儀な雪庇を越えます
画像


     やっと山頂直前になりました
画像


画像


クタクタのメロメロになり、自分の歳を痛感しながらやっとの思いで山頂に着きました。鋭鋒だと思って居たら、案外広い台地になっていて、それこそ360度以上の遮る物の無い大展望の山頂でした。

     堂津岳山頂 1927m
画像


    山頂より東山と右に白馬連峰
画像


    焼山・火打・妙高
画像


    白馬から栂海新道の山波
画像


     雨飾・天狗原・金山・焼山方面
画像


ゴールデンウイークの天気の良い日曜日でも、今日出会った方は、山頂直下で下山する3人連れの方と、やはり山頂付近で出会った大阪から来た男性だけでした。暫くその大阪から来たと言う男性と山頂で山談義。その方はなんと癌と闘病中とのこと、私よりも一回り若い方のようですが、癌の治療中でもこんな厳しい山に登れるのならば、きっと良い方に回復すると思いました。

    高妻・乙妻方面
画像


     戸隠方面
画像


     妙高方面
画像


     焼山・火打方面
画像


今までたくさんの山に登って来ましたが、この堂津岳はその山々の中でも、10指に入るほどの良い山でした。きっと何時までも、私の想い出の宝石箱に入る山だと思います。ただもうきっとこの山には登る事の出来ない山だとも思われます。大阪からの男性が帰った後も、暫くこの山からの眺めを独占し脳裏に刻み下山しました。

     その大阪からの男性に撮ってもらいました、(また後ろ姿で申し訳ありません)
画像


画像


画像


さてこの山は展望も抜群でしたが、木々の佇まいも良い山でした、都会の木々や登山者の多い山の木々と違い、それこそ深山幽谷に佇む木々のようで、幾星霜も厳しい風雪に耐えしのんだ、頑固一徹の深い皺を刻み、燻し銀のように佇む木々がたくさんありました。

画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
>10指に入るほどの良い山
そうですね〜、とてもいい山頂、
そして、すごい景色ですね。
特に、登るチャンスがほんの短い期間だけとなると
なおさら、登ってみたくなるのでしょうね。
nousagi
2017/05/01 22:30
素敵な眺めの、静かな山ですね。奥裾野って戸隠と白馬の間ですね。
まだこんなに雪があるんですね。
静かで眺めの良い山、…後ろ姿も山男で体調は万全ですね!?
るたん
2017/05/01 23:54
堂津岳は遥か10年以上前に長野の別宅を持っていた当時リーダーだった方始めベテラン方に連れて行ってもらいました。
最近、4年ほど前から夏道整備が始まったと聞いたのですが・・・
でも、夏道整備しても登る人が少なければ直に藪になるのでしょうけど・・・
もう、今は行けません(ーー;)
懐かしい風景を拝見して満足です!
のりこ
2017/05/02 09:08
こんにちは。
インレッドさんが10指に入るというのですから、きっとすごい山なんでしょうね
頚城の峰々が輝いてますね、雪庇を超えるのが怖そうです、登りやすそうな中西山が危ない山でしたか、怖いですねー。きっとその後も自力で下山したのでしょうね。連休明けに行けたら桑ノ木山まででも行きたいと思ってます、三国川ダムから歩かないとダメなようですね、除雪してあれば自転車もいいでしょうが・・・
夢創歩
2017/05/02 15:26
奥裾花のほうですか...行くまでも遠いですね。
それにしても素晴らしい景色ですね。
こういう所は行って見たくてもなかなか行けないので、
インレッドさんのブログで拝見させて頂きます。
メジャーな山よりこういう山は心技体がそろっていないと行けないですね。
インレッドさん、凄いです。
chiaki
2017/05/02 19:30
良い山に目を付けましたね。
ここはアルプスより良い山と私も思っています。
何しろ人が少なくて眺めが良くて、山の雰囲気も
大変良い山ですね。頑張って登った甲斐があったと
思います。
nori
2017/05/02 22:15
nousagiさん、お早うございます。
ここは反対側の中西山方面は登山道もあり雪の無いころでも登れます。これからは花もたくさん咲き展望も良いので機会がありましたら登って見てください。
インレッド
2017/05/03 10:18
るたん さん、お早うございます。
ここは残雪の頃しか登れない山ですが、反対側の中西山方面は登山道もあり雪の無い頃でも楽に登れます。花もたくさん咲いていますし、奥裾花公園では水芭蕉もたくさん咲いています。
インレッド
2017/05/03 10:21
のりこ さん、お早うございます。
この山に登りましたか、さすがですね。
刈払いされたと言っても太いネマガリダケはうっかり踏むと大変なことになりますから、やはり雪の無いころはあまり登る人が居ないようです。でも大変良い山でした。
インレッド
2017/05/03 10:24
夢創歩さん、お早うございます。
もう雪山はお終いでは・・・。ダムからは自転車で行くほどのことはありません歩いても雪が無ければ大丈夫です。山事体は危険な所はありませんから大丈夫です。
インレッド
2017/05/03 10:27
chiakiさん、お早うございます。
メジャーな山は人が大勢いますが、こんな山は登山者もあまり居なくて静かで良いですね。木々の佇まいもなかなか良い山でした。chiakiさんの足ならばなんの問題も無く登れますからぜひ登って見て下さい。
インレッド
2017/05/03 10:31
noriさん、今日は。
本当に良い山でした。
ゴールデンウイークの後半にはそちらの例の山に行こうと思っていましたが、ここで疲れてしまったので、近くの山に花見になるかも知れません。
インレッド
2017/05/03 12:04
こんにちは。
山頂ではどうもありがとうございました。骨折されても山登りされる気合、負けてはいられないと元気づけられました。それにしても素晴らしい山でしたねー。(当方のホームページにはまだアップ出来ていません。作成遅い!)
六右衛門
2017/05/03 13:26
思い出の宝石箱に良い山が入りましたね。
静かで厳しく眺望も素晴らしい山を楽しませて頂きました。
奥裾花自然園の水芭蕉の咲く頃に、中西山とセットで・・・と行きたい山リストに入れさせていただきました。
orihime
2017/05/03 18:39
六右衛門さん、今晩は。
無事帰れましたか。本当に良い山でしたね。記事もアップされたようで、今見させていただきました。お酒も好きなようで・・・。
こんな厳しい山に闘病中にもかかわらず登れるのですから、きっと病気は退散するかも知れません。これからも山を楽しんで下さい。
またどこかの山でお会いしましょう!!。
インレッド
2017/05/03 19:41
orihimeさん、今晩は。
水芭蕉の頃は5月半ば少し過ぎたころが良いと思います。水芭蕉も綺麗に咲きブナの林も美しい所です。
中西山までなら楽に登れます、時間があれば少しその先へ東山方面にでも行って見れば更に白馬方面が近くに見えると思います。
インレッド
2017/05/03 19:56
お疲れ様でした
本当に色々な山を沢山知ってますね。
この山を地図で確認しましたが、良い山に囲まれている巓なので
写真通り、山頂からの展望は素晴らしいものですね。(^^)

今日は家族とドライブがてら、戸隠の美味しい蕎麦を食べてきました。
行きは、上信越道から頸城三山を眺め
帰りは、関越道から越後三山を眺めながら車を走らせました。
目の保養になりました。(^^)v
アサレン
2017/05/04 21:31
アサレンさん、今晩は。
家族サービスの連休でしたか。此処や反対側の中西山も大変良い山です。これから5月半ば過ぎればミズバショウとブナの林も綺麗な所です。機会がありましたら是非登って見て下さい。
インレッド
2017/05/05 19:43
ご無沙汰しております。
残雪の峰嶺、堪らないですね。
会社で険しい山や雪山登山を禁止さてから3年、我慢もそろそろ限界。
出掛けたいとの衝動にかられますが、あと3年契機は残ってます。
なるべく見ないようにしているのですが、やっぱり雪を被った峰はいいですね。
残雪の峰嶺
2017/05/06 06:20
残雪の峰嶺さん、今日は。
契約はあと3年ですか、それからでも私の今の年齢までならば十数年ありますから、今から体を鍛えていてください。なおこの山の反対側の中西山ならばこれからは残雪歩きも出来て、裾花園付近はブナの芽吹きと水芭蕉の花がきれいですから、その辺りならば良いのでは・・・。
インレッド
2017/05/06 11:24
インレッドさんが<クタクタのメロメロになり>じゃぁ、並大抵の方には登れない山ですね!
ほんとに文字通り360°の展望のきく素晴らしい山頂ですね!
後姿も凛々しく、思い出に残る1枚ですね!
宮星
2017/05/06 23:56
宮星さん、お早うございます。
ここは1年の内でたった10日くらいしか登るチャンスのない山で前から登りたいと思っていました。一度数年間に挑戦しましたが、猛烈藪になっていて敗退しました。その帰りに滑落して左足を骨折してしまいました。今回はそのリベンジを兼ねて登りましたが、人のあまり入らない山は素晴らしい山でした。
インレッド
2017/05/07 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
大展望だった堂津岳 2017/4/30日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる