インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS コウシンソウ咲く庚申山 2017/6/24日。

<<   作成日時 : 2017/06/25 11:48   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 20

コウシンソウは国の天然記念物に指定されています。絶滅危惧種U類の貴重な花で、今は地球上には、このあたりにしか生息していません。今日は3年振りにそのコウシンソウを見に登る事にしましたが、岩々のアップダウンの多いこの山は、寝不足の身にはちょっときつい山です。

     今日咲いて居たコウシンソウ
画像


銀山平の駐車場に車を置いて、長い林道を庚申川の急流の音を聞き、エゾハルゼミの蝉時雨を聞きながら1時間ほど歩いて登山口の一の鳥居に着きます。

     一の鳥居
画像


エゾハルゼミの鳴き声に混じって、美しいオオルリの囀りも聞えて来て、小さな沢沿いの深緑の道は、この時期に相応しい、良い登山道でした。

画像


文久3年に建てられたと言う、丁目の掛かれら碑に導かれ、旧猿田彦神社の跡を過ぎて、庚申山荘に着きました。以前はここに泊まって(1泊2000円くらい)鋸山から皇海山に登ったものです。山荘の裏にはクリンソウが群生していて丁度見頃でした。

     庚申荘
画像


画像


画像


庚申山荘の裏から岩々の急登になります。今日は真夏日のような日ですから汗をいっぱいかきながら登りました。

画像


山頂に近い尾根にでると、岩場の陰にひっそりとコウシンソウが雪割草と一緒に咲いて居ました。無我夢中で撮り キリがないほど撮っていました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


腰をかがめて撮っていたら、痛いくらいになって来たので、切り上げて山頂へ向かいます。

     庚申山 山頂
画像


庚申山の山頂は展望が無くその先に皇海山などの展望の良い場所があり、そちらに行って昼食にします。

   その展望地から皇海山方面
画像


雲がかかっていて白根・男体は見えず、次にもう一つのコウシンソウの群生地に行きますが、そこは「初心者は危険ですから通行禁止」の立て札が立っています。

     こんな花も咲いていました
画像


旧猿田彦神社の跡までは文久3年に建てられた丁目石が立っていましたが、それを寄付した人は、江戸の紙問屋たちでした、なぜに紙問屋かは、この時代に大ヒットした滝沢馬琴の本、南総里見八犬伝が売れに売れたからのようです。

画像


     メガネ岩
画像


南総里見八犬伝は奇想天外の物語で、今読んでも大変面白い本です、お家を救うため伏姫のお腹から生まれた八つの玉が、主家の復興のため働く物語で、その中にこの庚申山が出て来るため、今の大河ドラマを見た人がその現場に旅するように、当時も多くの人が訪れました。

     鬼の耳摺り岩
画像


画像


     亀岩が見えて来ました、あの付近にもコウシンソウは咲いています。
画像


コウシンソウは、雪割草に侵食されたようで、以前よりはかなり少なくなっていました。

画像


画像


此処のコウシンソウは切り立った岩の上に咲いて居るため、カメラに収めるのは、かなり難しい場所に咲いています。

画像


こんな高い岩場で、花を目指して飛んでくる虫たちを、待ち構えて食べてしまう、美しい花や、美しい女性には気を付けて・・・。

画像


画像


    鹿に見送られ下山しました
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
今週はどちらへ?と思いを巡らせていました。
コウシンソウ、私も見に行きたかったのですが、
こちらからだと遠くてパスしちゃいました。
何処へ行くかを考えるのもなかなか大変で、良い山が思いつかずいつもの山へ行きました。

コウシンソウ、ユキワリソウ、インレッドさんの写真で楽しませて頂きました。

chiaki
2017/06/25 14:44
こんにちは。
コウシンソウ咲いてますね、そろそろ行って見たいと思っていました。山巡りの方は高い岩の上で危なそうです、前回こちらは見落としたので今度はしっかり探してみたいです、それにしてもきれいに咲いてますねー。ユキワリソウもすごく綺麗なのにどうしてもコウシンソウの方に目が行ってしまいますね。私もこんな可愛い花なら食べられてみたいものです。
夢創歩
2017/06/25 17:26
コウシンソウは全く知らない花ですが、貴重な花なのですね。食虫植物のようですが、なかなか可愛い花ですね。
hana
2017/06/25 19:04
コウシンソウ。まだ見ぬ花です。庚申山は自宅からそれほど遠い山ではいないのですが行ったのは山を始めた頃に一度だけ。それも花が終わり何もない時季に虫に追いかけながら大汗かきかき。もう行かないと決めていた山です(笑) 素敵な画像です。もう一度行ってみようかな♪
まな
2017/06/25 19:52
見たことの無い花ですが綺麗な花ですね。近ければ行って見たい山です。ちょっとばかり厳しい山のようで、私でも行けるかな。
nori
2017/06/25 20:30
chiakiさん。今晩は。
ここはそれ程遠くは無いですよ、県内の山とそれほど変わらないと思います。袈裟丸山とも尾根続きですから。今頃はヒメサユリを見れば次はどこの山にするか迷いますが、chiakiさんならば、アルプスでは・・・。
インレッド
2017/06/25 20:34
夢創歩さん、今晩は。
以前は山巡りの亀岩の所の方がコウシンソウは沢山咲いて居たのですが、雪割草に侵食されたせいか、かなり少なくなっていました。かえって、山頂直下の方がたくさん今は咲いて居ます。
インレッド
2017/06/25 20:37
hanaさん、今晩は。
かなり小さな花でカメラに収めるには大変難しい花です、何枚もブレてしまいました。この花は写真写りの良い花ですが、うっかりすると見過ごしてしまいそうな花です。
インレッド
2017/06/25 20:40
まな さん、今晩は。
そうですね、まな さん家からはかなり近い山ですね。見頃はまだ大丈夫ですから、ぜひ行って見て下さい。
インレッド
2017/06/25 20:42
noriさん、今晩は。
noriさんの行けない山などあるのですか。
この花は結構可愛い花ですから、機会がありましたら是非お出かけ下さい。
インレッド
2017/06/25 20:44
懐かしいですね。昨年、長年恋い焦がれて、ようやく拝見できて感動しましたよ。
最初に急登を選ばれて、さすがです。
長い林道歩きが帰りには応えますが、この苦労があっても見たくなるお花。
今年はここで拝見させていただき満足といたします!かわいいです。
るたん
2017/06/25 22:14
まだコウシンソウの記事が出ないなと思っていたら
やっぱりインレッドさんが行かれましたね。(^^)
コウシンソウも、ユキワリソウもよく咲いてますね。
昨年、初めて見ることができてウキウキでした。
また何年かしたら、また行ってみたいと思います。
あの林道がもう少し短くなるといいんですけど。(^^;)
nousagi
2017/06/26 12:05
コウシンソウで有名な山ですが、標高の割にはかなり厳しい山とも聞いています。
山頂付近にこんなに咲いているなんて・・・知りませんでした。
奥の崖の所の話は聞いていますが・・・
雪割草も・・・スゴイ咲き方ですね!
こういった山野草に合った自然環境の山なんですね!?
宮星
2017/06/26 14:12
るたん さん、今晩は。
谷川に尾瀬に群馬をいっぱい楽しまれたようですね。谷川は尾根も花も良かったと思います、トガクシショウマは6月始めころが良いと思います。ここは私も3年振りでしたが、たまには良いですね。
インレッド
2017/06/26 20:07
nousagiさん、今晩は。
昨年は雲竜渓谷のコウシンソウを見て庚申山荘に泊まってから、こちらの庚申山でしたっけ??。今回は私も3年振りでした、林道歩きは長いですが、今は銀山荘の上の駐車場は工事中で駐車が出来ず、もっと下の銀山公園に車を置いて歩かなければなりませんので、もっと長い林道歩きになります。以前は備前楯山の入り口よりも更に奥の方に車は置けたのですが・・・。まあたまには会いに行くのも良いですね。
インレッド
2017/06/26 20:18
宮星さん、今晩は。
そうなんですよ、ここはそれ程高い山ではありませんが、岩場のアップダウンが多く梯子やクサリ場が多い所で、所々道も不明瞭の所もあり、初心者には危険な所が多くあります。おまけにコウシンソウの咲いて居る所は、始めての方にはなかなか解らないと思います。
インレッド
2017/06/26 20:23
コウシンソウ、食虫植物ですか!
確かに妖艶な美しさがありますね(笑)
虫が入るとパクっと花弁を閉じてしまうのか、粘りのある液で溶かしてしまうのか
その瞬間を撮れたら凄いですね。
岩場のアップダウンでインレッドさんでもキツイ山では私には到底無理なのでお写真でコウシンソウの美しさを楽しませて頂きありがとうございます。
mikko
2017/06/27 08:23
mikkoさん、お早うございます。
コウシンソウは葉についてる粘液で溶かして食べてしまうようです。
mikkoさん ならばここは大丈夫ですから、来年にでも是非登って見て下さい。
インレッド
2017/06/27 09:26
こんばんは。
コウシンソウ美しくて可愛くて拝見していますと感動し
嬉しくなりました。車旅でタブレットで見ますと、ぐぐっと
拡大出来ます、それはより美しく見れますね♪
素敵な画像ありがとうございます。

京都府天橋立・観音寺の紫陽花見て来ました。
故郷の近くで熊に噛まれたお人がいました、熊にはご用心です。
たかちゃん
2017/06/28 22:24
たかちゃん さん、今晩は。
タブレットを使っていますか、私はスマホを利用しています。便利な山の地図などを時々使っています。
梅雨時ですから、アジサイは今頃は綺麗ですね。
インレッド
2017/06/29 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
コウシンソウ咲く庚申山 2017/6/24日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる