インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の大毛無山  2018/3/24日

<<   作成日時 : 2018/06/01 17:22   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

桜の花も咲き始め、ようやく春爛漫の季節になりました。FC2プロバイダーにアップしていた記事ですが、都合により またb iglobeのウエブリーブログに、公開致することになりました、たびたびの変更で申し訳ありませんが、旧ブログ同様宜しくお願い致します。


    今日の登った大毛無山より妙高・火打・焼山方面
画像



大毛無山と言っても、関東の方にはあまり馴染みのない山かも知れませんが、日本海に面したこの山は、冬季には10mを越える深い雪に木々も埋まり、山頂は丸い鉢のようになっています、その為 大毛無山なのだそうです。


     歩き始め
画像


     登り始め(前回登った重倉・籠町南山方面)
画像


この山へは冬季は旧新井スキー場 現ロッテ アライ リゾート付近のスキー場から登ります。


画像



処が登山者はリフトには乗せてもらえず、ゲレンデ内も歩いてはダメとのこと、散々パトロールの方と交渉して、ゲレンデの外を登れば良いと言うことになり、ゲレンデのロープの外を登ることになりました。

画像


画像



殆どのリフトもゴンドラも半分ほどは、ただむなしく空気をカラカラと運んでいるだけで、空気を運んでお金にになるならば良いのですが、旧新井スキーが倒産して、ロッテが買い占めてこの冬に再開したスキー場ですが、韓国から大勢のスキーヤーや登山者でも呼ばなければ、また倒産してしまうのでは・・・と思いました。

画像



     奥にこれから登る大毛無山
画像


それでもこの広大などこまでも広い山は、特に山スキーヤーには憧れの所のようです。


     今日は暖かで、思いもしなかった霧氷の山になりました
画像


画像
     

思わずの美しい霧氷と、左に妙高が見えて来ました、もうテンションが上がりっぱなしです。

     右奥が大毛無山
画像



     前回登った重倉・籠町南葉山と先に日本海
画像


     山スキーの方が憩う手前のピーク
画像


     山頂への辛い道も 妙高の山々に励まされ登りました
画像


     山スキーヤだけが登っている山頂手前のピーク
画像


     妙高・火打・焼山方面
画像


この先へは山スキーヤーの方は登らないようで、踏み跡は全くありません、フカフカの雪を踏みしめて、最後の登りに取りつきます。

画像


丸い雪の尾根が日本海へと落ちて行き、良い眺めでした

画像


画像


画像


画像


画像


雪深い山頂に着きました。その息を飲むような素晴らしい展望に、花に背いて、ここに来た甲斐があったと思いながら食事にしました。

      妙高〜火打
画像


     火打〜焼山
画像


     火打・焼山・天狗原 金山あたりかな??
画像


     昨年シャルマン火打より登った空沢山(中央付近の山)と奥に昼闇方面かな??
画像


案外暖かな天気で、これらの山々を御馳走にして、どちらを向いて食べようかと迷いながらランチにしました。


     下山の尾根
画像


     奥に信越トレイルの山々
画像



残雪恋し山男、日焼け雪焼けした顔に春を知る、今日も想い出に鮮やかに残る登山でした。

画像


画像




    他プロバイダーより移行した記事ですので
    コメント欄は休みます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
雪の大毛無山  2018/3/24日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる