ヒメサユリ咲く鬼が面山(前編)   2010/7/3日。

今年もヒメサユリのシーズンになりました。この花は新潟・福島・山形以外では咲いていないようです.。霧にうつむきながら咲いているピンクの花は、「乙女百合」の別称通り、可憐で可愛い花です。今までは新潟の浅草岳で見ていましたが、今年は違う山で・・・と思っていました。しかし天気予報もあまり芳しくなく、やはり近い浅草岳あたりの「鬼が面山」と言うチョット怖そうな山で眺めて見る事にしました。

                  霧に咲くヒメサユリ
画像


六十里越え登山口には、最シーズンのこの時期にもかかわらず、
  私の車を入れても、たった3台の車しか駐車していず。登山口には、
   登山カードを入れるポストがあるだけで、何の標識もありません。登りたい人だけ
     勝手に登って下さい、と言われているような気分でした。

                  登山口と登り始めの道
画像画像

















背の低い広葉樹の道をジグザグに登り始め、やがて平らな長い尾根道になります、
登山道は案外に広く、踏み固められていて、これが越後~会津へのあの六十里越え
の道なのでしょうか。

                  登って来た長い尾根
画像


マイクロ波を受ける高い電波塔を過ぎて少し行くと急登になります。
途中マイヅルソウ・ゴゼンタチバナ・チゴユリ・イワカガミなどは咲い
ていますが、目指すヒメサユリは一輪も咲いていず、この山には
ヒメサユリは咲いていないのかと、ちょっと心配になりました。
やがて南岳に着きました。展望の良い山頂から、周りを眺めて見ると・・・

                  南岳山頂
画像


これから登る登山道に咲いていました!!。ヒメサユリ ロードになりそうな
登山道のようです。

                  これから登る尾根
画像


   ♪♪ 私の頬は濡れやすい  私の頬が濡れた時
       あの日貴方が書いたのは  何の文字だか知らないが・・・

  霧にうつむきながら咲いているヒメサユリを眺めていると、
  中田 喜直作の「霧と話した」の歌をつい口ずさんでしまいます。

                  霧に咲くヒメサユリ
画像


                 ヒメサユリ ロード 1
画像画像


















画像画像
















    ♪♪ 霧で濡れた小さい頬  そこは少し冷たいが 
        
        二人はいつも霧の中  霧と一緒に恋をした・・・


                  ヒメサユリ咲く道
画像


                  トンボ飛び交う尾根と奥に浅草岳
画像


                  霧流れる尾根
画像


                  歩いて来た尾根
画像


                  ひめさゆりロード 2
画像画像


















画像画像


















画像


ヒメサユリの花を夢中で撮っていたらいつの間にか、トンボが群れ飛ぶ、
鬼が面山の山頂に着いてしまいました。

                  鬼が面山 山頂
画像


出来れば浅草岳まで行きたいのですが、とりあえずこの先の北岳を目指します。

                  これから向かう北岳方面
画像


道はさらに険しくなりますが、両側には相変わらずヒメサユリの花が
谷を眺め、流れる霧に揺れて咲いています。

                  これから登る尾根
画像


画像


北岳山頂で生き返るビールを飲み食事をすると、少々満腹になり、
これからある幾つものアップダウンを繰り返す事が難儀になって
来ました。最初の予定はここまででしたので前者の二人のように、
私もここまでで下山することにしました。

                  浅草岳までは、まだこんなアップダウンが待っています
画像


                  これから、こんな尾根を登り帰ります(奥に田子倉湖)
画像






   花が綺麗で沢山アップしてしまい、長いブログになってしまいました。前編はここまでとして、
   帰路は後編にしたいと思います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • クロちゃん

    インレッドさん、こんばんは♪
    この日(?)私は浅草岳でヒメサユリに会っていました。
    画像拝見すると浅草岳より多い感じがします。
    そうそう、登山口のネズモチ平の広い駐車場も私が戻った朝9時半分くらいで、3分の1くらいの車だったです。
    (朝7時には山頂でした。)
    私は初めて会ったヒメサユリの優しい色に魅了されました。(^^)/
    2010年07月04日 16:28
  • リッキー

    こんにちは
    いつも尾瀬の帰りに鬼ケ面山を眺めて気になりながらも険しく厳しい山の様相に近づきませんでしたが、インレッドさんが登られると何故か優しいイメージに変ってしまいますね。
    そしてヒメサユリがこんなにも凄~い・・・の一言です。
    いつかは訪れたくなる山に変わりました。
    2010年07月04日 17:03
  • インレッド

    クロちゃん、今晩は。
    朝の7時に山頂でしたか、早いですね、次にどこかの山にまた向かったのでしょうか??。
    浅草岳はこの日あたりは山頂付近は座るところが無いくらいに混むところです。

    そうですね、こちらの山は始めてでしたが、展望も花もこちらの方が良いように思いました。ここから浅草岳まで行ければ良かったのですが、疲れましたので北岳までにして下山しました。
    2010年07月04日 19:38
  • インレッド

    リッキーさん、今晩は。
    本当は大朝日あたりに行こうかなー と思っていたのですが、日帰りは無理ですので、こちらにしました。それでも結構ヒメサユリは咲いていて、展望も良く大満足の山旅でした。
    この山でしたらば、リッキーさんなら楽勝で浅草まで行けると思います。紅葉の頃も良さそうですので、その内に是非どうぞ・・・。
    2010年07月04日 19:43
  • インレッド

    MORINOBUNAさん、今晩は。
    ご無沙汰しております。
    気持ち玉 沢山戴きました、有難う御座います。
    2010年07月06日 19:23
  • ヤマノボリスキー

    こんばんわです。まさにヒメサユリロードですね。昨年は浅草岳に行きましたが、鬼が面山も素晴らしいですね。帝釈山・田代山の帰りに教えてもらった山ですね。山容は険しそうですが、来年は挑戦してみよーかな。花と岩峰と湖のショット写してみたいです。
    7/1はインレッドさんのコースで角間山、湯の丸山行ってきました。角間山は1月に新雪で断念した山でしたが、リベンジ初登頂です。・・・大袈裟かな

    2010年07月06日 19:58
  • インレッド

    ヤマノボリスキーさん、今晩は。
    角間に行って来ましたか。展望は良い山でしょう。残雪の頃にまた行って見て下さい。素晴らしいですよ!!。
    鬼ガ面山は見た目ほど難しくはありません、北岳あたりまでなら充分日帰りで行って来れます、ヒメサユリはこちらの方が多いかも知れません。是非来年に・・・。
    2010年07月06日 20:47

この記事へのトラックバック