インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤城雪譜 五輪尾根 2018/1/27日。

<<   作成日時 : 2018/01/28 09:57   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 20

ここの処、かなり寒い日が続き、陽だまり登山をと思いましたが、赤城の山も、きっと霧氷や雪庇が出来ているだろうと思い行くことにしました。赤城は既に多くのブロガーさんが、ブログにアップしているので、皆さんがアップしていない五輪尾根で今年も楽しんで来ました。

     陣笠山への尾根の霧氷
画像


家を8時ころに出掛け、黒桧への登山口に車を置き、除雪していない雪の壁を登り、その先へと林道を歩きます。もうそのあたりから踏み跡は無く、ラッセルを続け五輪尾根に取りつきます。

      今は通行止めの沼田への道
画像


画像


     五輪尾根への登山口
画像


谷川や武尊から吹きつけて来る冷たい風に、頬を凍らせながら登ります。

画像


画像


やはり美しい霧氷の道になっては来ましたが、風が強く吹いていて、かなり寒い登りになりました。

画像


画像


画像


画像


誰の踏み跡もない道に、微かに窪んだ道を探し、ラッセルして登ります。

画像


画像


画像


画像


風がザワザワと渦を巻いて通り過ぎて行き、そのたびに雪煙があがり、霧氷や木々に着いた雪が落ちてきます。

画像


画像


画像


頬が凍傷になってしまいそうなので、フードをすっぽりとかぶり、眼だけ出して歩きました。

画像


画像


画像


雲がかなり早く流れて行き、そのたびに晴れたり曇ったりと、天気はめまぐるしく変わります。

画像


画像


画像


画像


   陣笠山山頂
画像


次に薬師岳へと向かいますが、雪の量は一層多くなってきました、その為一人ラッセルはきついラッセルになって来ました。

画像


画像


画像


画像


     薬師岳
画像


     次に名張峠へと向かいます。
画像


北風のあたる場所は、先が見えないほどの猛烈なブリザードになり、雪のつぶてが顔に当り痛いくらいでした。

画像


その為、名張峠へは行かずに、この辺りから獣道を降りて大沼湖畔に降りました。

画像


画像


下山の道??は南斜面で風も無く、木々に着いた雪の花を見ながらの下山になりました。

画像


画像


画像


この日黒桧の登山口で出会った人 数人は、山頂まで行かず、途中で雪と風の為下山した、と言う方ばかりでした。前が見えないほどの強いブリザードの道では恐怖を感じたのかも知れません。

画像


湖畔の道でも風は強く吹いていて、地吹雪が舞っていました。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
雪景色は絶対的に綺麗ですね。
でも、ほんとに寒い毎日ですね。
こんな時にさらに寒いところに行くと
心臓が止まる気がします。(-_-;)
誰か、手袋型のホッカイロを考案してくれないでしょうか。
伸び縮みしてホカホカ。
その上からミトンをはめれば、手先は万全。
もちろん、靴下型のホッカイロも大歓迎です。(^^)
nousagi
2018/01/28 11:41
インレッドさんは静かな雪山にソロで入れて良いですね。
静寂が伝わってきます。
私はソロは自信が無いし、いつも同じ山が多いです。
土曜は驚くほどの数字、電光掲示板がマイナス21度を表示していました。
chiaki
2018/01/28 13:25
寒そうですが、霧氷の景色と雪の花は綺麗ですね。
寒くないとこんな景色は見られないと思いますが
よくこんな雪深い所に一人で行けますね。
hana
2018/01/28 15:06
インレッド様こんにちは。
雪景色は最高ですね、とても行く事の出来ない風景を
見せて戴きました。
ありがとうございます♪♪

温泉療養へ行きたい気分でおります。。。
たかちゃん
2018/01/28 17:04
おお 赤城山
お近くでも、こんな日があって山頂に到達できなこともあるでしょうね。
ブリザード、しかも人が歩かない道! 
でも確かに、雪花が咲いていました。美しい!
本読みと山歩き
2018/01/28 18:02
nousagiさん、今晩は。
現在の使い捨てカイロは、暖かな所では暖かく、寒い所ではちっとも暖かくなく、この日も厚手の手袋と、インナー手袋の間に入れていましたが、あまり暖かくなりませんでした。ひとつ頭の良いところで温かな手袋を考案してください。私はどう言う訳か手だけは冷たいので苦労します。
前回に太陽の光に当たり少しは善人になったような気がするのですが・・・。
インレッド
2018/01/28 19:04
chiakiさん、今晩は。
こちらは多分-15℃くらいだったと思いますが、風がありそれよりも寒く感じました。
chiakiさんの脚力ならば単独でどこにでも行けると思います。あとは経験と度胸だけです。今月号の「山渓」を見て下さい。単独がいかに素晴らしいか解ると思います。
インレッド
2018/01/28 19:08
hanaさん、今晩は。
この辺りの山は地元ですから、昼頃に登っても大丈夫です。寒くて厳しいようならば、直ぐに下山して帰れる山ですので、それほど怖くは無いのですが、遠くから来られる方は、こんな地吹雪の時は恐怖を感じると思います。
インレッド
2018/01/28 19:11
たかちゃん さん、今晩は。
ここは地元ですから、ゆっくりと出かけても結構早く下山出来て便利な山です、その上雪景色も良い山なので、毎年登ってしまいます。近くには温泉もいっぱいありますから、ぜひ又お越下さい。
インレッド
2018/01/28 19:14
本読み さん、今晩は。
赤城は一度こちらに来た際、たしか登った山ですね。ただこの五輪尾根は地元の人にでもあまり登られて居ない山ですが、冬はなかなか良いところで、人が居ない分私の好きな所です。
インレッド
2018/01/28 19:19
昨冬も確か赤城の五輪尾根を歩かれてましたよね?
今年は寒さと風が厳しかったようですね!
インレッドさんの装備でも寒いとおっしゃるくらいですから、普通の人なら遭難??
日がさしている時の写真ではホッと出来るのですが・・・
宮星
2018/01/28 23:48
本当にこの冬は寒いですね。
厳しい寒さの風景がびしびしと伝わってきます。
そのため美しい冬の景色ですね。
nori
2018/01/29 16:47
宮星さん、今晩は。
たいした装備はしていませんが、この辺りの地理は良く知っているので、あまり地吹雪が続けば逃げ道も解っています。知らない方はこの日は遭難の恐怖を感じるくらいの地吹雪だったと思います。その為殆どの方は途中までで下山したようです。
インレッド
2018/01/29 20:35
noriさん、今晩は。
この日は地吹雪で前が見ないくらいの時もありました。知らない山ならば途中で下山したと思うのですが、この辺りは地元ですから、逃げ道も知っていますので、歩いていました。
インレッド
2018/01/29 20:37
インレッドさん こんにちは。
土曜日に五輪尾根でしたか、黒檜山登山口の上はこうなっているんですね、前は五輪尾根の登山口の看板があったと思いますが今は見えないですね、先日の降雪後も寒く膝上位の雪でしたか?ラッセルは辛いですすね、でも寒さで汗はかかなかった様ですね、地吹雪で前が見えないと怖さを覚えます、去年の五輪尾根では野坂峠から下に降りましたがあの気持ち良さは格別でした。
夢創歩
2018/01/30 14:03
踏み跡の無いラッセルの続く道、
深閑とした空気、風の音、雪煙の舞い上がる様子などが、写真から伝わって来ます。
行ってみたいと思う静かな雪山ですが、今はとても私の入れる領域ではありません。
春になって雪の締まった晴天時には歩けるでしょうか?
orihime
2018/01/31 17:55
夢創歩さん、今晩は。
五輪峠の登山口には今は標識はなにもありませんから、こちらから登る方は解り難いかも知れません、この日はこのあたりの山をあまり知らない遠くから来た方はきっと恐怖を感じたかも知れません。
インレッド
2018/01/31 18:48
orihimeさん、今晩は。
ここは大沼湖畔から青年の家付近の先に名張峠への標識がありますから、そちらから登れば楽に登れます。雪のある頃は静かで良い所ですから、是非登って見て下さい。
インレッド
2018/01/31 18:52
こんにちわ
寒い日に歩かれたんですねえ。
黒檜山と違って、たっぷりの雪を単独でラッセルは楽しかったことと思います。
地吹雪は気力が失せそうですが、熟知したコースは安心できますね。
ホント赤城はいい山ですねえ。
山と渓谷単独行の記事、久しぶりに中々充実してました。
私は殆ど単独行ですが参考になりました。
今度枯葉の座布団作って座ってみたく思った次第です。
kyou
2018/02/01 15:16
kyouさん、今晩は。
この日は黒桧の登山口には他県の方の車が結構停まっていましたが、遅くに行った私が登山の準備をしていたら、多くの方が下山して来ました。もう下山ですか と聞いたところ殆どの方が地吹雪で怖くなって途中で諦めたと言っていました。五輪尾根も北側があいている所は前が見えないほどのブリザードでした、始めてここに登る方ならきっと恐怖を感じて下山するとおもいます。ここは何度か私は登っているので、逃げ道は解っているので、強行しましたが、出張峠へは行きませんでした。
インレッド
2018/02/01 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤城雪譜 五輪尾根 2018/1/27日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる