南魚沼市の要害山 2019/2/24日

今年始めて登った新潟の里山、坊谷山(ぼたんやま)から眺めた時、近くの山で山頂付近の台地が真っ白に輝く山がありました。家で調べて見たところ要害山と言う山だと解りました。ところがそんな山なのにwebで調べて見ても、その山の記録は一つもありません、前回同様どんな山か解りませんが、楽しんで来ようと思います。

      登り始めの雪解けの田んぼより八海山
画像


要害山と言う名の山は全国にたくさんあります。私の住む群馬にも、みどり市に同じ名前の山があります。今回の山の記録は無く、地図には微かに登山道らしき線はありますが、標識類も踏み跡も無く、近くの八海山山麓スキー場のゲレンデを登れば簡単に登れそうですが、例によって登山者はリフトは勿論ゲレンデを歩くこともダメと言うつれないスキー場の返事です。その為、茗荷沢あたりから適当に登る事にしました。

画像


今日はスマホに登りやすい所をルートとして保存してあります。それを頼りに登っていますが、時々ルートを外れて歩き易い所を選びながら登りました。

画像


画像


画像


尾根に登り上げると展望も良くなって来ました。

画像


     これから登る尾根
画像


画像


画像


     私の好きな大力山の上部、黒禿の頭・笠倉方面かなー
画像


     振り返って登って来た尾根
画像


山頂も近くになってきましたが、細い尾根が待ち構えています。

画像


     その途中より振り返って
画像


山頂直下には僅かに30cmくらいしかない、落ちたら無事に帰れそうにもない、細いナイフリッジが3mほどあります。まだ雪が締まっていて固いので、四つん這いになり這うように越しましたが、帰る頃は無理かも知れません。

画像


その怖いナイフリッジを越えると山頂はすぐそばにあります。あの細いナイフリッジがこの山を守り、孤高の姿を残しているのかも知れません。

      山頂のすぐ下にも雪崩れそうな所が有りました
画像


    ジャジャ ジャーンの山頂ですよ、こんな山があるから雪山は辞められません
画像


画像


画像


暖かい山頂で、越後三山を眺めて食事にしようか、私の好きな大力山や守門を眺め食事にししようかと迷いながら、もっともっと遅くに来て欲しい早春の眺めを楽しみました。

     近くのヨモギ山かな??、なかなか良い山のようです
画像


      大力山と上部の山々
画像

     
      そして身近にいつも逆光の越後三山
画像


画像


私の夢はいつも山に帰って行く
白銀の山へ 山の麓に咲く花々に
風の音を聞きながら
夕闇迫る尾根を
生きていて良かったと思いながら・・・

     駒ケ岳
画像


ここは雪の故郷
村人たちを嘆かせるように
激しく雪が降る
登山者には清い心を運んでくれる
優しい雪が降る・・・


    中ノ岳
画像


ここは私の心の故郷
忘れてしまった若き日の夢を
山なみの彼方に
新しい夢を探しながら
追いかける私の故郷・・・

     八海山
画像


想い出は少しずつ消えていく
淡い雪のように
白い雲のように
そんな想い出の中に
今はもう 会えない山友もいる・・・


       登って来た道は怖いので遠回りして帰ります
画像


街で出会って 次は
あの山を縦走しようと約束したのに
その約束を果たさずに
いつの間にか
流れる雲のように 
去って行ってしまった

今頃はきっと
白い尾根を
あちらの山で
追いかけているだろう

     振り返って 要害山
画像


画像


画像


道を何度か迷いながら1週して下山しました

画像


真っ赤に雪焼け 日焼けした顔が今日の楽しさを物語っているような、良い山でした。

画像


    後から登る方のために軌跡を残します、下山時は少し迷った跡もありますが
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

アサレン
2019年02月26日 06:33
要害山は城山のようですね。地図をみたら城址マークがありました。

インレッドさんのおっしゃる通り雪山の魅力は、「どこでもドア」であると思います。(^^)
nori
2019年02月26日 07:03
越後三山の絶好の展望台のようですね。それでいながら登山者が居ない と言うのも不思議な気がします。良い山を探しましたね。
2019年02月26日 11:04
そんな山の探し方&登り方があるのか!?とビックリしながら拝見しました!
<落ちたら無事に帰れそうにもない、細いナイフリッジ>滑落せずにご無事の通過!良かったですね!!
帰りは遠回りして下山されるという慎重さ・・・凄いです!!
結局、八海山麓スキー場の回りを一周されたんですね!
たかちゃん
2019年02月26日 11:37
インレッド様 こんにちは。
カタクリ咲く頃八海山のロープウエイに乗り雪の上を少し
歩いた事懐かしくてわくわくしました~♪
歩いたつもりで楽しませて戴きました。
美しくて感動いたしました♪♪。
ありがとうございます。

渋谷のNHK訪問しました。
cyu2
2019年02月26日 17:55
うわぁ・・・
同じ日、近くにおりました。
GW頃のような気温の日でしたね~
ナイフブリッジを四つん這いになりながらも進むインレッドさん!
本当にスゴイです。
わたしなんてみんながスタスタ登ってるところすら足元が怖いのに。
八海山はロープウエイ使っちゃいけないんですね(ノД`)

2019年02月26日 19:24
アサレンさん、今晩は。
そうですね、殆どの要害山は城や砦のあった所のようです。
ここは登山者は全く居ませんが、越後三山の展望台としては大変良い山だと思います。茗荷沢からでは無い場合はかなり解り難いですが、山頂だけがどこにあるか解っていれば、適当に尾根を登り届くと思います。是非登って見て下さい。
2019年02月26日 19:27
noriさん、今晩は。
ここは今回のように茗荷沢から登ると最後のナイフリッジで手古摺ると思います。反対側から登るとかなり解り難く、その為登山者は居ないのかも知れません。その分静かで良い山でした。
2019年02月26日 19:31
宮星さん、今晩は。
このスキー場は日曜日で快晴の日でも滑っている方はほんの少ししか居ないのですが、登山者はダメでスキーを履いて行ってもスキ-場の外に出る方はダメなのだそうです。リフトは殆ど空気を乗せて動いているだけなのですが。商売をする気があるのでしょうか と思ってしまいました。
2019年02月26日 19:34
たかちゃん さん、今晩は。
熱海の次は渋谷ですか、以前よりも一層あちこちと旅行を楽しまれているようで何よりです。
八海山は次回はカタクリの頃に行こうかな と思っています。
2019年02月26日 19:43
cyu2さん、今晩は。
近くの山でしたか、さてどこの山でしょうか??。暖かで良い登山が出来たとおもいます。
ここのスキー場は八海山スキー場では無く、ハ海山麓スキー場と言うスキー場です。こんな天気の良い日曜日でもリフトは殆ど空気を運んでいるだけでのスキー場なのですが、スキーを履いて行ってもスキー場の場外に行く人は乗せてくれないようです。まあ下から適当に登ったら静かで案外良い尾根歩きが出来ましたが、山頂直下のナイフリッジは怖かったです、朝方はカリカリに凍た尾根でしたので行くことが出来ましたが、午後になれば緩んできてダメだったと思います。
orihime
2019年02月26日 21:10
またまた未知の雪山を、開拓冒険登山で凄いですね。
お写真のナイフリッジや雪庇を見るだけでハラハラしてしまいます。
ご無事で良かったです。
苦労して登った山頂から越後三山を眺め、至福のひとときですね。
私は同日谷川岳天神尾根を歩いてきました。
案の定、激混み登山でした。やはり山は静かな方が良いですね。

nousagi
2019年02月26日 21:15
またまた足跡のない雪山ですね。
誰でも行けるというわけではないので
またまた貴重な情報になりますね。
2019年02月27日 09:15
orihimeさん、お早うございます。
谷川でしたか、天気が良くて良い眺めだったと思います。こちらも案外暖かくて良い登山日和でした。こんな静かで誰も居ない山頂でのひと時は、本当に長生きしそうな幸せの時間でした。
2019年02月27日 09:26
nousagiさん、お早うございます。
御蔭さまで ドロップボックスは使えるようになりました。まだ30日間無料試用期間ですが、案外簡単にカシミールに表示されました。今回の軌跡はブログを見れば解るので、ドロップボックスの画像は削除しました。
こう言うのができると、道無き道を自由に歩けると思いますので。マイナーな山を沢山楽しんで下さい。
今回の雪の道にはnousagiさん鹿さんや熊みたいな大きな足跡もいっぱいありました。下の方では鉄砲の音もしていました。
2019年02月28日 18:21
標高は低くても雪が沢山ありますね。
誰も登っていない、というか登れる力のある人しか登れない山、
インレッドさん、ソロで格好良いです。
2019年03月01日 12:13
chiakiさん、お早うございます。
登山者が居なくて静かで大展望で、本当に良い山を見つけたと言う気分でしたが、反対側から登ると、かなり迷いやすくて大変だったと思います。