今年も地蔵桜を見に行って来ました。

群馬で私の一番好きな桜は、沼田市上発地の地蔵桜(私が勝手に付けた名前です)です。今年も仕事で沼田に行ったついでに見て来ました。

     上発地の地蔵桜と武尊山方面
画像


迦葉山の麓で、今は玉原スキー場方面に行く途中の畑の中に地蔵桜はあります。平野部の桜より少し遅れて満開になり、武尊山の白い雪の嶺を後ろに、良い景色をつくっています。

画像


桜の花には日本人ならば大抵の人には、切ない思い出や、楽しい思い出などがあると思います。私にとっても幼い時に亡くなった、顔も知らない母の思い出に重なる花です。

      地蔵桜の地蔵さんが歩いて散歩でもしているように撮って見ました

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


百花繚乱の桜、樹齢数百年の桜と全国に名の知れた桜はたくさんありますが、ここの枝垂れ桜は、名も知られず、畑の中にぽつんと咲いている桜で、ここに咲いて百年前後、多くの人の苦しみや悲しみを慰めて来たと思う時、名も無き桜や訪れた人の、哀歌が聞こえて来るような気がします。

画像


画像


画像


この近くに薄幸の歌人 江口きち は生まれました。女啄木と言われた人ですが、父はヤクザで母と栃木・千葉と流れ流れてたどり着き、この地に兄と妹と住んでいました。いつも居ない父のため、母が小料理屋を営み細々と暮らしていました。

画像


画像


画像


 武尊嶺の雪を人づてにきくがほどふところ深く住ふわれかも

 武尊根のふところ高み町の鐘聴こえくるかも夕の静寂に・・・・きち

画像


画像


画像


母は きち が郵便局に勤め始めた僅か4ヶ月の日に亡くなり、幼い時に脳膜炎になった兄と、小さな妹と暮らして行くには、まだ見習い中の給料では、生活して行くことができず、母のやっていた小料理屋をやることにしました。

画像


画像


離り来て思へばあはれ武尊なる山辺にいのち小さかりけり  

帰りゆく武尊は荒れてその下に住ひうごかぬわが定めあり・・・きち

画像


画像


ふるさとを遠住む人よふるさとの山の明け暮れにおもひ走せずや

人送り人迎へつつ幾夏を侘び生くらむか武尊の裾辺に・・・きち

画像


画像


生活苦と道ならぬ恋に破れ、きち は自分で縫ったまっ白いドレスに、真っ赤なバラの花を胸に付けて、脳膜炎の兄を道連れに青酸カリを飲み服毒自殺をしました。

画像


画像


武尊根は吾が生れどころ小さきいのちいのち終らば眠らむところ・・・きち

きちは武尊を眺めるこの地に生まれ、この山懐に包まれ、日本が太平洋戦争に向かおうとした、1938年に12月2日に25年の短い生涯を終わりました。この桜も地蔵さんも、きっとその生涯を知っているかも知れません。

画像


画像





この記事へのコメント

hana
2019年04月24日 08:58
いやー 美しい桜ですね、画像も美しく、文章を読んでみてホロリとなりました。
いろいろと本当に詳しいですね。
2019年04月24日 10:06
インレッドさん、こんにちわ
景色の良いところに咲いている素敵な桜ですね、
行って見たくなります。ネモフィラを見に20、21日行って
きました。海までつずく広大な公園。行く前に
花影の道も行きたかったけども回れず。
他のカッコウソウなども見てきました。

たかちゃん
2019年04月24日 12:44
インレッド様 こんにちは。
ま~素敵、ここの桜一番見たかったです。以前何処かなって
近くを走行しました、時期が違うと残念なこと沢山ありますね。
見せて戴き本当に幸せです。
ありがとうございます。
2019年04月24日 16:14
桜そのものも凄いですが、立地も素敵ですネ!
冠雪の武尊山とのコラボがとても魅力的です!
赤い前掛けのお地蔵さまも印象的です。
<薄幸の歌人 江口きち>さんのエピソードと相まって、胸に迫ってきました・・・
足弱
2019年04月24日 17:52
病を得て、山からは遠ざかっていますが、このブログはいつも楽しく拝見しています。江口きちの辞世の歌「おおいなる この寂(シズ)けさや 天地(アメツチ)の 時刻(トキ)あやまたず 夜は明けにけり」を掛け軸にしていつも眺めているので、一言お伝えしたくなりました。小生と同年代のインレッドさんが、いつまでも元気で山の便りを続けて下さることを願っています。
2019年04月24日 20:22
hanaさん、今晩は。
江口きち さんの生涯を書いた、「かやつり草」と言う本を以前に読んだことがありました。この近くには きち の記念館もあり見学したこともありましたので、少しは知っていました。
2019年04月24日 20:27
夢さん、今晩は。
日立海浜公園にでも行ってきましたか??。花影の道の岩根山はもう終盤ですが、カッコウソウの根本山はこれからが見頃です。お出かけください。
2019年04月24日 20:31
たかちゃん さん、今晩は。
ここは天狗の山で有名な迦葉山のそばです。近くにはここより有名な「発地の彼岸桜」もあります。機会がありましたらお出かけ下さい。
2019年04月24日 20:34
宮星さん、今晩は。
ここは玉原スキー場のすぐそばです。冬はスキーで賑わい、夏はラベンダーで大変多くの観光客が訪れるところです。機会がありましたら出掛けください。
2019年04月24日 20:42
足弱 さん、今晩は。
以前にもコメントを戴いたことがありましたね、今回もコメントありがとうございます。辞世の歌は以前に載せたことがありますので、今回はよしました。学校の跡にある記念館は見に行ったことがあります。
同じ歳でしたか、最近はすっかり登山の方は足腰が弱くなりましたが、まだまだ楽しみたいと思っています。
nousagi
2019年04月25日 10:08
ちょっとウルウルしてきそうでした。
桜を見ていると、いろんな思いが涌いてきますが
その華やかさに、ウキウキワクワクだけでなく
なぜか胸がキュッとくるのは何なんでしょうね。
2019年04月25日 19:29
nousagiさん、今晩は。
日本人ならば誰でも桜には、切ない想い出があると思います。そのあたりが人気の花の所以だと思います。この辺りに来る機会がありましたら。川場村の役場のそばにある廃校になった学校に、江口きち の記念館がありますから見て下さい。
orihime
2019年04月25日 22:50
青空に映えて、姿の美しい枝垂れ桜ですね。
いつの年か、花の頃に訪ねてみようと思います。
先日、高頭城址公園のコヒガンザクラを見てきました。
ちょっと赤みのある桜が丁度満開で見事でした。
2019年04月26日 17:58
orihimeさん、今晩は。
高遠の桜はここと趣が違って、歴史がいっぱいあって良いですね。
ここは玉原スキー場へ行く途中にありますが道路からは見えません。土地の人に地蔵さんの立っている桜 と聞けば解ると思います。