インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 群馬の秘境の山 コシキの頭途中で敗退(1564m・1610m)  2009/3/7日

<<   作成日時 : 2009/03/08 20:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 24

雪のある頃は、普段は藪漕ぎなどで登ることの出来ない山でも、丸く積もった雪に助けられて登ることが可能になります。そんな山を毎晩地図を眺めて探していると、県内の山で山頂付近が平坦になった山を見つけました。四万温泉付近の奥にある、栂ノ頭・とコシキの頭付近の尾根は平坦になっていて、面白そうに思えたので早速登って見ることにしました。

                 栂ノ頭より佐武流方面
画像


この山に取り付くには四万温泉からさらに奥の日向見温泉に行きます。
「摩耶の滝」への遊歩道を歩きますが、入り口には熊を追い払う為の
鐘と、ヒル除けのスプレーに入った忌蛭剤が置いてあります。

                 摩耶の滝への入り口
画像


熊を追い払う鐘は、約200mおきに幾つも置いてありカーンカーン
と打ち鳴らして通ります。今は冬、ヒルは居ませんが、この
あたりの山には何処に行っても、たくさんのヒルが枝から、あるいわ
草むらから襲ってきて、注意していても喰われてしまいます。まるで
泉鏡花の「高野聖」のような所に、入り込んだ様な気のするところです。

                  遊歩道
画像


高血圧で心配の方は、一夏この山あたりを登って、ヒルに血を
イッパイ吸われて来ると、相当血圧が下がるかも知れません!!。
夏はヒルと、かなりの藪漕ぎ、冬は踏み跡の無い急登の連続が続き
このあたりは、殆ど登る人は居ない山域です。

                   摩耶の滝を上から撮りました。
画像


摩耶の滝を過ぎて少し行き、沢を渡るといよいよ尾根に取り付きます、
勿論標識はありません。地図で調べて登り易すそうな尾根選びました。
背の低い熊笹と楢の木などの林の尾根を登ると、枝に赤テープが付いて
いて、誰が付けたのか、懐かしく感じました。

                  途中の尾根と赤テープ
画像


少ない雪の為、熊笹に足を滑らしながら登り、栂の木の
茂る岩場に出ました。「栂の頭」はその名のように、この
上あたりにあるのかも知れません。

                   栂の木のあるあたりより
画像


高度が上がれば雪の量もかなり多くなって来て、崩れそうな
雪庇も現れてきました。

                    雪庇の尾根
画像


雪庇の尾根を越えて平らな尾根の続く道に
なりました。山頂はもうすぐのようです。

                     平らな雪の尾根
画像


青い空に真白く輝く山頂付近が見えて来ました。この瞬間が
心が騒ぐ瞬間です。

                     栂の頭付近
画像


コシキノ頭方面
画像


山頂付近から左に木戸山あたりでしょうか、このあたりの山も
あまり登られていない山ですが、なかなか立派な山に見えます。

                     山頂直下あたりから木戸山方面
画像


浅間も眺められました。このあたりから浅間が見えるのか
と思いましたが、同じ郡内ですから見えて当然ですが、何か
遠い山のように思えました。

                      山頂直下から浅間方面
画像


夏の頃は木々や笹に覆われて、あまり展望は無さそうですが
今は雪に埋まり、葉を落としていて、あまり見る事の出来ない
角度からの上越の山々を楽しむことができました。

                       白砂山方面
画像


                       佐武流山方面
画像


                       苗場あたりから佐武流方面
画像



佐武流山方面から強い風に乗って雪が舞い降りて来ます.
ザワザワと木々を揺さぶり、小さなつむじ風になって冬が
遠ざかって行くように、下の尾根へ駆け降りて行きました。
ここからコシキの頭までは今日は諦めて、その北風に乗って
下山することにしました。

画像
 


ガイドブックにあまり載らない山も、自分でルートを探しながら
の山登りは、また楽しいものです。周りの木々や動物もあまり人
に警戒心が無いようで、この日もシジュウガラのような、小鳥が
道案内でもするかのように、先に行っては木に止まり、また
先に行っては木に止まって、暫らくは一緒に登っていました。



                   今日の軌跡
画像

                     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
土曜日はいい天気でしたね
仕事をしながら
「ああ、皆さんは今頃山歩きを
楽しまれているんだろうなあ」
とうらやましく思っていました
インレッドさんはこんなに気持ちのいい
山頂に立たれていたんですね〜〜

ヒル、そんなにいるんですか!!
動物も多いのでしょうね。
ヒルは怖いですね。
RUU
2009/03/08 21:38
RUU さん 今晩は。
お仕事ご苦労様でした。
このあたりや谷川を谷川温泉方面から、夏に登ったりすると、間違いなく10匹くらいのヒルには食われると思います。
RUUさんは、少しメタボのようですので、血圧も高いのでは??。夏になったら是非このあたりの山々を登ってみたら如何でしょうか。きっとスリムになって体重も下がるかも知れません。吸われても痛くも無く、それ程痒くもありませんので大丈夫です。
インレッド
2009/03/08 21:53
こんばんは
 どちらの山に出掛けたのかなと思っていましたが、栂の頭、コシキノ頭、でしたか。だいぶ雪があった様ですね。

 私は、今日は晴れたので、インレッドさんの行かれた獅子ケ鼻山に武尊山の写真を撮りに行って来ました。

 ピッケルを頂き役に立ち有難うございました。今日はロープも役に立ちました。でも、頂上はとても尖っていて雪庇が崩れそうなので、恐怖でした。
まきまき
2009/03/08 22:12
まきまき さん、今晩は。
獅子ヶ鼻でしたか、谷川から上越国境
の山々の眺めと、近くの武尊も立派な
山に見えて、良い所ですね。毎年行き
たい山です。
インレッド
2009/03/08 22:40
インレッドさんへ こんにちは。
地図を見る限り、たしかに等高線の密度がすくなく平坦そうですね。
こんなところを見つけては、チャンレンジするのも楽しそうでもあります。
一人歩きで静かに山をあるけば、小鳥も道案内してくれるという感じとってもよくわります。
こっちの森でもそんな感じがしますから。
本読みと山歩き
2009/03/08 22:52
 インレッドさん、おはようございます。
余裕を持って静かな山登りを楽しんでいる様子が、写真と文によって
感じられます。
一人で自由に好きなところを歩きまわれる自信が羨ましい、いつかは私も
そんな山歩きをしてみたいと思っています。
ロ−ラ−
2009/03/09 09:00
本読み さん、お早う御座います。
地図を眺めていると前回の大力山のように、時々山頂付近や尾根が平坦になっているところがあります、そこは空白地帯になっているようで展望も良く、面白いところです。ガイドブックではなく、地図でその様な所を探し、展望など色々と空想し、実際の展望と比較してみるのもなかなか良いものです。
インレッド
2009/03/09 09:02
ローラー さん、お早う御座います。
ガイドブックに無い山は静かでいいですね。地図を見て自分で探した尾根を歩いて見て、結構展望が良かったりすると、嬉しいものです。このあたりの山も稲包や高田山くらいしか登られていませんが、もっと良い山が沢山ありそうですよ。
インレッド
2009/03/09 09:26
インレッドさん 今度は栂ノ頭ですか
佳い山歩きをしていますね インレッドさんの世界が次々と開かれています。
6日金曜日、大変な雨だったとか。8日に遊びに行った水上で言われました。湯檜曽川の雪も大分減ってしまいまして 大穴スキー場などは地肌のほうがはるかに多く、当然閉鎖されていました。
河原にはマンサクが咲き始め フキノトウがふっくらと顔を覗かせ 腕まくりして歩くと風が心地よく・・・・
山の予定も少し変わりそうです
かめ・へー!
2009/03/09 18:07
かめ・ふー さん今晩は。
そうです、金曜日は大雨でした。でも土曜日は午前中からすっかり晴れましたが、風が強かったです。
このあたりも栂ノ頭・コシキの頭・木戸山とテン泊でもして歩けば、かなりの展望で面白いと思います。下には名湯が待っていますので、お奨めの山域です。是非一度歩いて見てください。
インレッド
2009/03/09 18:58
栂ノ頭お疲れさまでした。登っておりませんでしたので、興味深く読ませてもらいました。木戸山を計画したのですが、中止になって、そのままになっていたのを思いだしました。残雪と藪の季節が始まりましたね。
さすらい人
2009/03/09 20:16
さすらい人 さん、今晩は。
木戸山も少しきつそうですが直登出来るようです、展望はかなり良さそうですよ。そこからコシキの頭経由で降りても面白そうですね。私も帰ってから地図を眺めて、そのうち木戸山も登って見ようと思いました。
インレッド
2009/03/09 20:39
おはようございます。
インレッドさんは地図を眺めて、行く山を決めておられるようですが、自分はインレッドさんのブログ紹介で地図を辿っています。
なるほど、こんな所にこんな山があったんだなと感心しています。
おかげで、いろんな山を知ることができ、まだ経験の浅い者にとってはありがたいことです。
雪景色の中にも暖かさを感じる季節になりましたね。最後の写真は明るく、清清しく、心が現れるようです。
甘納豆
2009/03/10 08:03
甘納豆 さん、お早う御座います。
守門は如何でしたか?。
雪がある時は、その雪に助けられて、普段行けない場所に行くことが出来て、いつもと違った角度からの山の風景は、なかなか楽ししものです。そろそろそちらの花情報も入ってきて、春は益々楽しくて忙しくなりそうです。
インレッド
2009/03/10 09:02
インレッドさん こんにちわ!
どの写真もいいです。浅間展望から4枚が青空と白い雲
雪景色素晴らしいですね。 白銀の世界に憧れるのが良く
わかりました。太郎山と聖山に登ってみて白銀の北アル
プスの大パノラマ鹿島槍等の峰々が〜素晴らしい!思わず
わぁ 感嘆の連続でした…。教えて頂きました戸倉キティ
パークの可憐な節分草に感激しました。また四賀の福寿草
園に寄って来ました。角田、樋曽山あたり雪割草が咲き始
めましたよ。
  …白い峰夏の思い出過ぎ去りし…
小桜
2009/03/10 15:52
小桜 さん、今晩は。
太郎山・聖山へ行って来ましたか。後立山の大展望だったと思います。
昨年3月8日にキティーパークの節分草を見に行きましたが、雪が多くてまだ芽も出ていませんでした。
そろそろ週末あたりに雪割草を見に行きたいのですが、天候が悪いようで、迷っています・・・

 ・・・雪の尾根 つむじ風過ぎ 冬の行く・・・
                  栂ノ頭にて  インレッド
インレッド
2009/03/10 19:32
こんばんは。
山はたくさんありますね。ガイドブックに出ている誰もがすばらしいと思う山。そして、ほとんど登る人のない、それでもすばらしい山、自分だけの楽しみの山、そういうのも良いですね。
青い空に真白く輝く山頂、この瞬間がこたえられませんね。天を突き抜く青さすばらしいですね。
カスミッシモ
2009/03/10 20:24
カスミッシモ さん、今晩は。
100の山に100の物語とは、深田久弥さんの言葉ですが、人それぞれの登り方があると思います。今の私は、登りたい尾根を探して、そこからの展望を想像しながら登っています、そしてその山頂に立って眺めたときの感動はなかなか良いものです。
インレッド
2009/03/10 21:55
ご無沙汰しています。
相変わらず、お元気でよい山登りをやっていますねー。
足の骨折や腰痛はもう大丈夫なのでしょうか。私は先週
鹿島槍で写真を撮って来ました。久し振りの山歩きで、
あまり良い写真は撮れませんでした。
nori
2009/03/11 22:05
noriさん、お早う御座います。
鹿島槍ではどんな写真が撮れたのでしょうか?。
そろそろそちらの山にも行きたくなりました。
今年の雪の具合はどんなふうでしょうか?。
インレッド
2009/03/12 08:58
いつも興味深い山に登られるのはいつも地図を眺めてご自分で思い描いた山に行かれるからなんですね。そこまでの技量はありませんで、それだからこそ拝見していて楽しいです。いつも「すごい!」と感嘆しています。
sanae
2009/03/12 17:14
sanaeさん、今晩は。
sanae隊ほどの技量はありませんが、ガイドブックや登山道の無い山に行くと、自分も熊や鹿や兎にでもなったようで、時々はその足跡を追いながら登っていると、周りの動物たちも同類とでも思っているようで、あまり警戒もせず、その山に溶け込んだようで気持ちがよいものです。多分sanaeさんもそんな気持ちになったことがあると思うのですが・・・。
インレッド
2009/03/12 19:35
聞いた事の無い山ですがこの時期にしか登れない秘峰なんですね。
誰も登っていない山に自分の足跡をつけるのも楽しいと思います。
でも一人でこれだけの山に登るのは不安もあり大変だと思うのです。
小鳥の道案内は楽しいですね。
ミニミニ放送局
2009/03/14 13:52
ミニミニさん、今晩は。
ヒルやら藪漕ぎでこのあたりの山は、殆ど知られていない山です。雪があると何とか登ることが出来ますが、コシキの頭まで行ければもっと展望が良かったと思います。今は便利なGPSがありますから何とか行く事が出来ますが、そうでなければ一々赤テープを付けて登らないと帰りが少し不安になります。
インレッド
2009/03/14 18:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
群馬の秘境の山 コシキの頭途中で敗退(1564m・1610m)  2009/3/7日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる