インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の忍び寄る大峰山・吾妻耶山。2010/9/11日

<<   作成日時 : 2010/09/12 13:09   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 36

ちょっと怪我持ち体のため、近くて登りやすい、谷川連峰の端にある大峰山(1254m)・吾妻耶山(1322m)に行き秋の気配を感じて来ました。

                  ススキ咲く上に吾妻耶山
画像


今日登る大峰山も吾妻耶山も群馬の100名山になっています。最近は
山ヒルが出るため、あまり登る人はこの時期いないようです。

                  登山口の看板
画像


30分ほど登ると古沼・大峰沼に着きます。古沼には国の天然記念物の
モリアオガエルが棲息し、大沼には日本最古の浮島があります。

                  大峰沼
画像


ツリフネソウや秋の花々が咲く道を歩き大峰山への急登
になりました。

                  ツリフネソウ咲く道
画像


以前この山の向かい側にある谷川の保渡ノ沢を登っている時、登山口に置いてあった忌蛭剤のスプレーを体中に吹き付けて登りましたが、5匹くらいのヒルに血を吸われ体中が血だらけになってしまったことがあります。65kあった体重が降りてみたら59kに減ってしまい、顔も青い顔になって降りてきました
                                        (それは真っ赤な嘘です)。

画像


5匹のヒルに血を吸われたのは本当のことです。下山してから着ていた服を全部脱いで着替えて家に帰りました。家でパソコンに向かいブログを作っていたら、足がヌルヌルするためちょっと触って見ると、手が真っ赤に染まりました。二匹のヒルが家まで付いて来たようです。親指くらいに太ったヒルをライターで火あぶりの刑にしました。

                  大峰山への登り
画像


ヒルと言えば泉 鏡花の「高野聖」を想い出します。ヒルに襲われながら急ぎ旅する山奥に、妙齢の美人が住んでいてヒルに吸われた体を近くの沢で拭いていると、その美女が裸になって拭いてくれます。その女性と関係を持つと、牛や馬や獣にされてしまうと言う話です。

                  大峰山山頂付近からワレモコウ咲く奥に赤城山 
画像


さてこの山にそんな美女が住んでいて、裸になって私の体を拭いて呉れたら、・・・・???。

                  樹林の中の大峰山山頂
画像


大峰山から大きく降りて登り返し、仏岩への分岐を別けて、吾妻耶山の山頂に着きます。以前残雪の頃に登った時、このあたりに瑠璃色をした大輪のキクザキイチゲが沢山群生していて思わず喚声を上げてしまいました。その頃はまだ新潟地方のキクザキイチゲを見たことが無く。ここで始めて沢山の瑠璃色をしたキクザキイチゲを見ました。

                 吾妻耶山山頂
画像


山頂からは木々の間から残雪の頃に登った、阿能川岳や小出俣山が近くに眺められ、
その上に谷川連峰や白毛門への稜線が大きく聳えています。

                  山頂より谷川〜白毛門方面
画像


阿能川岳に始めて登った時は、残雪も溶け始め、根曲竹の上はかなり
滑り三ツ岩で10mくらい滑落して、買ったばかりのデジカメも遥か下に落
としてしまいました。

                  阿能川岳と上に谷川方面
画像


小出俣山では山頂で渦を巻いて襲い掛かる吹雪に、手袋を飛ばされてしまい、
予備の手袋もさらに飛ばされて、少し凍傷になってしまいました。
そんな苦労して登った山ですが山頂からの景色は素晴らしいところです。

                  小出俣山方面
画像


反対側には水上の町の上に武尊や至仏も眺められ、木々がある
割りには案外展望の良い山です。

                  みなかみの街と至仏方面
画像


                  みなかみの街と武尊・至仏方面
画像


展望を楽しんだ後、少し早い昼食にして下山しました。帰りはスキー場方面に降り、
銀の穂波が秋の風に揺れる爽やかな道でした。

                  ススキ揺れる道
画像


山ヒルには登りで一匹、降りで一匹に取り付かれましたが、いずれも血を吸
われる前に振り落とし、貴重な血液は無事でした。獣にされる事も無く、何とか
無事下山できました。

                  ススキの道と奥に吾妻耶山方面
画像


                  萩の花とその奥に武尊方面
画像



                  今日咲いていた花々
画像画像


















画像画像


















画像画像

















画像画像















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ夏のように暑い日が続いていますがワレモコウやススキの穂が出てツリフネソウが咲き山の空気は秋に変っていますね。
気持ちの良い遠望です。
ミニミニ放送局
2010/09/12 16:49
今日は、私も以前この山に登ったことがあります。吾妻耶山の頂上に着いて昼飯にしようとしたところがアブや蜂にからみつかれて、昼飯どころでなく早々と下山してきました。その頃はネットなど持ち合わせが無くて大変でした。しかし、谷川の展望が良くてまた行ってみたいところです。ススキが秋の訪れを教えてくれます。写真がいつもきれいで素晴らしいです。暑い夏ももう終わるでしょう。
ロ−ラ−
2010/09/12 18:13
こんばんは
 わが町の近くの山登りでしたね。もう秋になっていますねススキがとても良く撮れています。
 私は丁度良いお湿りで、白菜の苗を植えることがやっと出来ました。それでも水を汲んできてかけないと枯れてしまいます。もう少し雨が欲しいです。
まきまき
2010/09/12 19:37
こんばんは
インレッドさん獣にされる事なく無事下山でき良かったですね。
ヒルを見た事がありませんが、怖くてヒルが生息していると言われる山には近づかないようにしていますが、新潟の白山や粟ケ岳の紅葉の季節は美しいですからねぇ〜。
遠望の山々を見て思い出す事は、いつも拝見していると自分の事のように蘇ってきます。
ところで怪我は大丈夫ですか・・・沢歩きで?
リッキー
2010/09/12 19:53
ミニミニさん、今晩は。
この山は比較的近い山です、ノンビリと行って来ました。ここは残雪の頃に何度か登った事がありましたが、今頃は始めてでした。吾妻耶山は案外展望が良いので、暇がありましたらお出かけ下さい。
インレッド
2010/09/12 20:49
ローラーさん、今晩は。
体調は如何でしょうか?。
ここも残雪の頃が良いと思います。大峰山を経由せずに直接スキー場から登れば楽に登れると思います。
大峰山は4月中頃からカタクリが結構咲いていて面白いと思います。
インレッド
2010/09/12 20:54
まきまき さん、今晩は。
お仕事ご苦労様です。
ここも100名山ですが、踏破済みでしょうか。
今頃はヒルが居ますので、残雪の頃かカタクリの咲く
頃にでも是非どうぞ。
インレッド
2010/09/12 20:59
リッキーさん、今晩は。
怪我は打撲で、山ででしたら少しは自慢できるのですが。お恥ずかしいことですが、階段から転げ落ちて、胸を強打してしまいました。その時は何も無かった振りをして降りましたが、息が出来ないくらい痛かったです。最近少し治りましたが、まだ咳をすることが出来ないくらい傷みます。
ヒルは血を吸うときに血が凝固しない液体を入れて吸うのだそうです。そのために血が止まらないくらい多く出てしまいます。痛みや痒みは殆どありませんが、着てるものの上からも入り込みます。リッキーさんは血圧が高そうですから、少し吸われても良いかも知れません。昔は血圧の高い人は良く腕に吸い付かせていましたよ。
インレッド
2010/09/12 21:08
階段から落ちたなんて・・・。
打撲ですんでよかったですね。
肋骨にひびでも入っていたら
しばらく傷みますよね。
ヒルは嫌ですね。
早めに退治でよかったですね。
nousagi
2010/09/12 23:35
インレッドさん、おはようございます。♪
山ビルのとりつく山ですか。(^^ゞ
そして、山には怖いお話がありますね。
怪談・雪女に沢美人、気をつけましょう。
あ、階段も気をつけましょう。
ガチョーンのニュースがあったばかりです。
お大事にしてください。(^^)/
クロちゃん
2010/09/13 07:22
nousagiさん、お早う御座います。
ヒルは昔の人は血圧を下げるためにわざと腕に吸い付かせていたくらいです。(本当に下がるかどうかは???)痛くも無く、痒くも無く血を吸います。ただなかなか出血が止まりません。ヒルが吸い付いているのを無理矢理に引き離すと牙?吸盤が皮膚に残り跡が残ってしまいます。火でも付けて自分から離れてもらうのが良いそうです。
インレッド
2010/09/13 08:47
クロちゃん、お早う御座います。
谷川も一ノ倉方面はヒルは居ませんが、こちら側(谷川温泉側)は沢山棲息しています。群馬ではその他に四万温泉付近はウジャウジャ住んで居ます。裏妙義付近にも少々棲息しています。
インレッド
2010/09/13 09:00
インレッドさん こんにちは
階段から落っこちたんですか 気を付けて下さいね。
山では転ばないのに去年、家の近くの下水に自転車ごとは
まって‥‥足の膝打撲。恥ずかしい‥。
去年6月、南アの熊伏山(三百名山)に登った時、ドンヨリ
した日で山蒜が30匹もカッパの上からも入ってきて気持ち
悪かった‥。晴れマークの日しか登山しないのでヒル見たの
初めて。強烈に頭に残っています。
翌日は長丁場の池口岳なので塩をたくさん買って登りま
したが一匹も居なくて安堵しました。
small cherry
2010/09/13 10:10
small cherryさん、今晩は。
よそ見ををしていて、つい階段を踏み外して大回転してしまいました。
やっと痛みは少し引いて来ましたが、まだ少々痛みます。
ヒルは木の上からも落ちてきますので上の方も気をつけなければなりません。それでもヒルの気持ちになって考えて見れば、ジーッと獣や人間が通るのを待っている訳ですから、何日も食事にありつけ無い時もあると思いますので、少々の血ならば別けてやってもいいかなーなんて思いもします。
インレッド
2010/09/13 19:11
おはようございます。
青い空に白い雲、ススキの穂が揺れすっかり秋の気配ですね。
大峰山・吾妻耶山という字を見ておやっと思いました。
12日に湯檜曽川東黒沢に行きましたが、この日は東北から北陸にかけて大雨・洪水警報が出ているひどい天気。関東は晴れているようなので出かけましたが、もし沢がダメなら近くの山に登ろうと予定したのが大峰山・吾妻耶山でした。急遽、山と渓谷社の分県ガイドを買ってきて選んだのです。
でも蛭が出ることは書いてありませんでした。
結果的には、小雨でしたが東黒沢に入れて良かったです。
甘納豆
2010/09/14 06:12
甘納豆 さん、お早う御座います。
東黒沢でしたか、駐車場に近くて、そして沢も美しいし、本当に良い沢ですね。我が家からは高速で行けば1時間で着きます。昼ご飯を食べてからでも入渓できますので、暇なときは時々行こうと思っています。

この吾妻耶山は以前はヒルは居なかったのですが、最近棲息するようになったようです。木々の間からですが中々展望は良い山です。
インレッド
2010/09/14 08:47
階段から落ちたんですか?先日二泊3日で「粟島・村上観光」をしながら思ったんですが、階段は登るよりも下りが怖いんです。当方も例外なく遠近を使うようになって実感しました。打ち所が悪ければ取り返しの付かないことになります。
 粟島で仲間と海釣りをする予定でしたが寒冷前線の影響で高波が・・・。仕方が無いので中年のおじさんとオバサンは自転車に乗って島巡りでした。次回は青森まで飛ばして「八甲田〜弘前〜十和田湖〜白神山地〜・・・」夢が広がっていきます。運転手は小父さんたちに任せて、せめて75歳くらいまで誰も欠けずに行けたらなあと考えています。昭和39年度卒業の仲間です。
しまふくろう
2010/09/14 12:06
魅 さん、今晩は。
そうでしたか、
大勢で楽しそうですね。私はいつも
相変わらずの一人旅の山歩きです。
インレッド
2010/09/14 18:56
階段からとは>弘法も筆の誤りでしょうか。
インレッドさんのお怪我が心配ですが、もうお近くの山に登ってこられたのですね。
ベテランでいらっしゃいますが、どうぞ油断なさいませんように・・。
ヒルは子供の頃、田んぼで食いつかれたことがあります。
真っ黒で気持ち悪ーいんですよね。
そんなことを聞いたら私はその山へは行けそうもありません。
最も凄いイケメン妖怪さんが優しくエスコートしてくれるなら、
フラフラ〜と迷い込んじゃうかしらん(爆)
けっこちゃーん
2010/09/14 20:38
こんばんは。
蛭のいる山はあまり行きたくないですよね。でも、「高野聖」の美女を想い出しながら歩けば、それもまた楽しですかね。
「今日咲いていた花々」は特に美しく感じます。花が話しかけてきそうです。

カスミッシモ
2010/09/15 01:04
インレッドさんお早うございます
やっと秋らしくなってきましたね、いい季節になりましたね。
私もヒルにやられたことがあります、痛くもかゆくもないけど気持ちが
わるいですね、ズボンをまくったら2匹ついていたことがありました。
気をつけて下さい、今回同じ日に福島でマイタケを採りました。
どこかの山でばったり会うかもしれませんね。
きのこ
2010/09/15 05:18
冒頭の写真・・・秋ですね。
山ヒルに出会ったことはありませんがレポによると恐ろしい生物のようなので少しビビリます。
それでも山頂からの景色を見るためにはヒルに注意しながら登りたくなるのでしょうね。

怪我持ちの体・・・とのことご自愛ください。
keykun
2010/09/15 06:24
けっこちゃーん、お早う御座います。
昔は田圃にも良く居ましたね、家内の父は良くそのヒルを腕に付けて血を吸わせていました。血圧を下げると言っていましたが、本当に下がるかどうは???。です。山ヒルは田圃のヒルより少し細いのですが、血を吸うと直ぐに親指くらいに太ります。
最近は田圃にヒルなど居ないようです、それだけヒルには田圃も住みにくくなったのでしょうか。
インレッド
2010/09/15 07:08
カスミシモさん、お早う御座います。
山ヒルにしてみれば、いつか人間か獣が通るだろうと、息を潜めて何日もそこで待っている訳で、何も通らなければ何日も食事にありつけない日があると思います。今回吸い付いてきたヒルも針金のように細い奴でした、そんな事を考えると少し吸わせてやれば良かったかなー なんて思いもします。
インレッド
2010/09/15 07:13
きのこ さん、お早う御座います。
収穫はマイタケでしたか、それは凄いですね!!。
一度でいいから山でマイタケにお会いしたいと
思いますが・・・。
福島まで遠征した甲斐がありましたね。
インレッド
2010/09/15 07:17
keykunさん、お早う御座います。
榛名にはヒルは居ませんが、四万温泉方面の山には、それこそウジャウジャ居ます。keykun山は血圧が高くはありませんか。もし高いようでしたら4・5匹腕に吸い付かせて血を採ってもらったら如何でしょうか、痛くも痒くもありません。
群馬ではその他に裏妙義や谷川の谷川温泉方面には居ますのでご注意下さい。
インレッド
2010/09/15 07:22
インレッドさん
私にはビックリする事の連続です。
まずインレッドさんが古希をむかえる。(おもわず古希って何歳と調べ直しましたよ!)
階段から転げ落ちる!気をつけて下さいね。
そんな中、ヒルのいる山にですか!?
この山は冬にスノーシューで行けるかなと思った山です。
お大事にして下さい。

12日の日曜日に角間山に行って来ました。
静かな山登りが出来ました。
今度は冬の時期に行ってみたいですね。
izumi
2010/09/15 18:43
ご無沙汰しております。長らくコメントしておりませんでしたが、記事は纏めてでも拝読させていただいております^^
あっという間に山は秋の色。ススキのある風景…とても素敵です。私の住んでいる所では、ここ数日雨に降られたり曇り空で幾分過ごしやすくなったかな?とは思いますが…朝晩の空気が秋めいたくらいで、まだまだ残暑でございます。

いつもいつも素敵な景色を楽しませていただき、またヒルに血を吸われて体重が6キロも落ちたのかと一瞬本気にしたりと、色々と楽しませていただいていましたが、お怪我をされているとの事…病院には行かれたのでしょうか? ヒビでも入っていないかと心配です。
ご無理をされませんように・・・ご自愛くださいね。
元気な体で山登りを楽しんで欲しいです^^
胡桃
2010/09/15 22:05
izumiさん、お早うございます。
そうなんですよ、そんな訳で最近はあまり高い山は少し億劫になって来ました。それでもまだまだ行きたい山や沢が沢山ありますので、まだまだ楽しみです。同じ年配の人と比べると10歳は若く見られます。それも山登りをやっている精かなー と思っています。
角間山はスノーシューでも充分楽しめます。余裕があれば角間峠から湯ノ丸もついでに登って来ることができますよ。
インレッド
2010/09/16 06:55
胡桃さん、お早うございます。
お元気でご活躍でしたか。良い詩は出来ましたか。秋は詩など創るには良い季節ですね、ベルレーヌ「落ち葉」大好きです。…秋の日のヴィオロン ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し・・・、もう少し経ったらデジタルオーディオでバイオリンの名曲などを聞き、紅葉でも眺めながらの 山歩きでもやろうかと思っています。
インレッド
2010/09/16 07:10
>さてこの山にそんな美女が住んでいて、裸になって私の体を拭いて呉れたら、・・・・???。

間違いなく差し出されることでしょうね(笑)何の獣になりたいですか?(^_-)-☆

山ヒルがいたら行きたくないですが、2回目でも勇気がありますね(^^ゞ
sanae
2010/09/17 16:56
sanaeさん、今晩は。
お孫さんは益々可愛くなりましたね!!。
ヒルは私のように見た目は悪いのですが、吸われても痛くも無く、痒くも無く優しい虫です。私に取り付いたヒルは、針金のように細いヒルで栄養失調のようでした、何日も草むらに潜み通る人間や獣を待っていたのでしょうが、生憎食料になる動物は数日間通らなかったようです。少し吸わせてやれば良かったかなーと、後で少々後悔しました。
インレッド
2010/09/17 19:33
怪我待ち体でも山登りをなさってヒルが出る所へ行かれるとは勇気がおありですね〜
ススキやワレモコウをバックの山並みが良いですね。
ヒルに血を吸われた体を美女に拭いてもらった方が良かったのかどうなのか。ユーモアのある記載をたのしく読ませていただきました。(^_-)
山で出会った花たちは皆可愛いですね。
やまびこ
2010/09/17 20:40
やまびこ さん、今日は。
肋骨にちょっと異常がありますので、近くの簡単な山に行って来ました。以前はヒルは居なかったのですが、最近棲むようになったようです。今頃はあまり花も無く、紅葉には早くて、なんにもありませんが、ススキが秋の風情を楽しませてくれました。
インレッド
2010/09/18 14:55
おはようございます。
さすがに、ご経験豊富なだけに、いろんなアクシデントがおありですね。
ヒルの話は、そうぞうするだにぞっとしました。
小さいのに一匹やられたことはありますが、大きいやつにそれも5匹、家まで連れて返ったことはありません。 梅雨時ならもっとひどいんでしょうか。
 すすきの道の写真がよいですね。ゆたかなススキ、緑の山、青い空。
こっちも秋の気配が漂っています。
本読みと山歩き
2010/09/19 16:02
本読み さん、お早う御座います。
こちらは今三連休です。天気も良さそうで、観光や運動会日和のようです。
さすがに暑かった夏も終わりになり、ススキの穂が風になびく季節になりました。畦では真っ赤な彼岸花も咲き始めています。昨日は八ヶ岳に行って来ました。
インレッド
2010/09/20 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の忍び寄る大峰山・吾妻耶山。2010/9/11日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる