インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 笛吹川の東沢から釜の沢 2014/9/6日。

<<   作成日時 : 2014/09/07 17:54   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 34

天気予報では昼間は曇り時々晴れのようで、今日は前回雨の為「山の神」迄で敗退した東沢から釜ノ沢へと行く事にしました。一応今日の目標は釜ノ沢の「両門の滝」迄ですが日帰りではかなりのロングコースになりそうです。

     両門ノ滝
画像


東沢に入るには観光客の多い西沢を少し歩き吊橋を渡った所から東沢に入ります。丁度7時にその西沢渓谷の遊歩道を歩き、今日の沢歩きが始まりました。

     西沢渓谷と東沢の出会い付近
画像


国師ヶ岳から甲武信ヶ岳・雁坂峠へと繋がる、馬蹄形の山並みは、観光客の多い西沢渓谷から、東沢に入ると鶏冠山のギザギザとした尾根が見えて、昔のままの深山渓谷の様相を呈しています。

     吊橋より鶏冠山方面
画像


     朝もやの立つ鶏冠山出会い付近
画像


東沢から甲武信へは昔は登山道があったようですが、あまりの急峻な道と、他に登山道が出来たた為、今は廃道になっていて、僅かに沢登りの人達が通る道です。急峻な山裾を下に東沢を見ながら所々にある針金を掴みながら、時には沢に降り、また山裾に這い上がります。沢歩きよりもずーっと山裾のトラヴァースの方が体力を使う道でした。

画像


画像


日本の沢の中でも有数なゴルジュ、「ホラの貝」が見えて来ました。昔のままの幽谷を今に伝えていますが、入る事は出来ません。

     ホラの貝
画像


画像


ホラの貝あたりで一旦沢に降り、また岩場をよじ登って「山の神」へ向かいます。このあたりのトラヴァースが不明瞭な所もあり、気を使う所でした。丁度1時間半ほどで「山の神」に着きました。ここで今日の無事を祈り沢に降りました。

     山の神
画像


     ここからいよいよ東沢を遡ります
画像


この辺りの沢は石英閃緑岩(花崗岩の一種)のためか、水が綺麗なエメラルド色に染められています。深い森の山や木の歴史が密かに秘められているようで、美しい水の色でした。

画像


画像


    まず大きなナメ滝が現れました(乙女の滝)
画像


大きな大きな石頃がイッパイの沢を歩き、さらに上に向かいます。

画像


画像


     遥かに高い鶏冠山から一気に落ちて来る東のナメ沢
画像


画像


更に登るとまたエメラルド色の沢が続く登りになりました。

画像


画像


     西のナメ沢
画像


画像


画像


画像


画像


ここから東沢に別れて、いよいよ待望の釜ノ沢に入ります。この東沢から釜ノ沢を愛し、多くの人に広めた人が田部重治でした。「笛吹川の釜沢が、深い流れを深林の内に閃めかせている、恐らくは甲武信岳を中心として見た一帯の深林中、真に深い人跡の未だに到らない、斧を入れる事の無い、そして入る事も出来ない深林は、釜ノ沢の流域のそれであろう、巌峯に座して釜ノ沢を覗きこんだ人は、必ず釜ノ沢に這入り込まなければならないような魅力を感ずる、」・・・田部重治

     信州沢と釜ノ沢の分岐
画像


     魚止めの滝
画像


     上から眺めて
画像


画像


さてこの先にある、千畳のナメと両門の滝がこの沢では一番見たかった所です、その千畳のナメが近くになって来ました。

画像
    

心身共に気を使いながら登る沢登りでは、こんなナメ床を歩くのが一番の安らぎを感じる所です。特にこの長いナメの続く千畳のナメはこの谷のハイライトで、周りの木々の雰囲気も良く、サザナミの中気持ち良く歩いていました。

     千畳のナメ
画像


画像


画像


画像


画像


     奥にまた滝が
画像


     三段の滝
画像


     上から眺めて
画像


今日の最終目的だった両門ノ滝にやっと着きました。写真を撮りながらだったためか、片道6時間も掛ってしまいました、もう既に午後2時を過ぎてしまい、ここまでの結構辛い登りを想いつつ、帰りの事も考えて早々に下山しました。

     両門ノ滝
画像


降りも登りもあまり時間は変わらないと思い、急ぎ下山して山の神からホラの貝あたりまでは何とか明るい内に下山しようと、デコボコの大きな石コロだらけの沢を走るように降り、少しはまだ明るさの残る山の神を越え、ホラの貝を越す事が出来ました。鶏冠山との出会い付近からは、さすがに真っ暗闇になり、おまけにバケツをひっくり)返したような土砂降りの大雨になって来ました。ヘッドランプは視界が狭いため、道の有って無いような山道はかなり迷いながら、何とか夜の7時半頃に西沢渓谷の遊歩道に出て、13時間に及ぶ今日の沢登りが無事に終わりました。

画像




     今日の軌跡です、ギザギザになった所や往復の道がかなり
     違っているのは深い谷のため電波を上手く受信出来なかった為です。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
私は沢には入れる自信とか技術はないので、もっぱら山ばかりですが、沢の水の綺麗さとか滑滝の美しさとか、インレッドさんのブログで楽しませて頂いています。
写真も素敵で水の流れも良くわかります。
長時間コースと土砂降りの雨、無事で何よりです。
鶏冠山に行くあたりなんですね。
同行者がいれば鶏冠山に一度行ってみたいと思っています。
chiaki
2014/09/07 19:23
あの辺りの水の色は本当に美しいですが、インレッドさんの写真で見ると、美しさがいっそう引立って見えます。
ロングコースのうえ、最後は土砂降り・・・ご無事の下山にホッとしました。
増水する前に、そして、真っ暗になる前に鶏冠谷との出会いを通過できてよかったです。ハラハラしながら読みました。
水量が少なかった時でさえ、私はあそこの渡渉を心配しながら歩きました。
次回は、是非、鶏冠山にいかがですか?
山頂手前の直登ルートのフリーでの登りは、なかなか手怖いですが、達成感を感じられますよ。
アイ
2014/09/07 20:37
インレッドさん こんばんは
きれいなブルーですね、目的の両門の滝まで遡れて良かったです、帰りの暗く解りにくい道はさぞかし大変だったでしょう、お疲れ様でした。
インレッドさんが行かれた谷川岳馬蹄形半周廻りを歩いてきました、旧道はやっぱり歩きにくかったです、また秋に行ってみたいです。
夢創歩
2014/09/07 21:32
インレッドさんこんばんは^^

早速のリベンジでしたね!かなりのロングコースだったようで大変お疲れ様でした。
それにしても千畳のナメは素晴らしい景観です!とっても気持ちがよさそう^^こんな場所もあるのですね。
毎回、インレッドさんの記事にはとてもお出かけ意欲をそそられてしまいます。私もいつか訪問できるかな・・

西沢渓谷といえば、今年は冬に訪問してみようと思っている場所です。白い雪をバックにコバルトブルーの七ツ釜五段。綺麗やろうなーと思って楽しみにしています♪
ミュ
2014/09/07 21:35
chiakiさん、今晩は。
鶏冠山は山梨の100名山で一番難しい山のようですね、私もまだ登って居ませんが、登れるかなあの第3岩峰は垂直な岩場の直登のようでおまけにクサリも頼り無いようですよ。
夏は沢登りは最高です、群馬は谷川近辺には良い沢が沢山ありますから、ぜひやって見て下さい。
インレッド
2014/09/07 21:56
アイさん、今晩は。
鶏冠山ですか、山梨100名山中一番大変な山のようですね、その内にあの第3岩峰に丈夫なクサリでも着いたら なんて・・・。
その鶏冠山の先にと言うか横に両門の滝はありますから、山頂からは見えるかな??。
インレッド
2014/09/07 22:20
夢創歩さん、今晩は。
そうですねあそこは新道の方が歩きやすいです。紅葉は中々良いですから、その頃にまた登って見て下さい。
インレッド
2014/09/07 22:22
ミュさん、今晩は。
千畳のナメは本当に良い所でした。ここは沢はそれ程」危険な所は無いのですが、山のトラヴァースが結構大変で、所々不明な所があります。標識も無いので始めてですとかなり迷い易いですから、行かれる時は充分に時間の余裕を持って行って下さい、尚 今軌跡を載せて見ました。
インレッド
2014/09/07 22:26
カスミッシモさん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/08 08:10
MORINOBUNAさん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/08 08:11
achisiさん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/08 08:12
こんばんは
日暮れが早くなった事と、豪雨にも会われたのに、何事もなく無事に戻られホッとしました。
お陰でこんなに素晴しいナメ滝のお裾分けを、ありがとうございます。
エメラルグリーンに輝く滝壺の数々、千畳のナメ・両門ノ滝は、レポを拝見していても感動的な場所ですが、その場に立っているご当人は、更なる素晴しさを心に刻まれたんでしょうね♪〜
リッキー
2014/09/08 21:01
さすが、インレッドさんですねー♪こんな長い沢を独りで歩くのには、ちょっと勇気が要りますね(^^)。豪雨でも、暗くなっても無事に降りてこられて良かったです。今年の天候・降り方には、ちょっと気が抜けないですしね(^^;。
やまや
2014/09/08 22:07
インレッド様、一気に山は秋めいてまいりましたが、
先日のリベンジ、達成おめでとうございます!
本当に素敵な滝の数々。
西沢渓谷の滝の数々でも、そのエメラルドグリーンの素晴らしさを感じますが、
今回のルートは、また格別な造形美も加わり、見事な自然ですね。
怖いくらい静かで修行のような感じですね。
私には無理ですが、本当に満喫させていただきました。
長時間ご苦労様でした。ご無事で何よりです!
るたん
2014/09/09 06:35
リッキーさん、お早うございます。
以前から一度は来て見たかった所で、やっと念願がかないました。思っていた通りの美しい水の色とナメの続く沢で、特に千畳のナメは季節を変えてまた来たいと思う所でした。こんな風景に出会うとやはり沢登りはいいなー と思うばかりです。
インレッド
2014/09/09 08:41
やまや さん、お早うございます。
ここは御在所の谷ほど難しい所は無いのですが、かなり長丁場でした。沢よりも谷の少し上を巻く道の方が危険がいっぱいあったり、道に迷ったりする所です。それでも左右に大きくて長いナメ沢がたくさんあり、核心部の釜ノ沢に入ると千畳ノナメや両門ノ滝など素晴らしい沢でした。
インレッド
2014/09/09 08:47
るたん さん、お早うございます。
お近くの沢を楽しんで来ました。次は山梨の100名山の鶏冠山へかなー と思っていますが、あの第3岩峰にしっかりしたクサリでも無いと登れそうにありませんが、その山頂からは今回の東沢や釜ノ沢が眺められそうで、そこから両門ノ滝も見て見たいなー と思っていますが・・・。
インレッド
2014/09/09 08:51
みっちゃん さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/09 08:53
青木院長さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/09 08:54
peroさん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/09 08:55
やっと さん、お早うございます。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2014/09/09 08:56
再びのチャレンジ、今度はさらに奥までですね。
写真からはとても美しい沢の様子が拝見できますが
キツイでしょうね〜
暗くなってからのこんな道の下山は不安ですが
インレッドさんはたびたびあるようですね?
nousagi
2014/09/09 11:18
こんばんは

13時間にも及ぶ沢登り、すごいですね〜!
川の水がエメラルド色で綺麗です。
醍醐味があるでしょうけど、知らない私からすると
恐くてとてもとても。
無事に降りられて良かったです。
とわ
2014/09/09 20:13
nousagiさん、今晩は。
登山道がしっかりとあるところならば、夜でもヘッデンで何とか下山は出来ますが、ここは道はあって無いような所で、おまけに大雨でしたので、少し大変でした。この東沢へ入ってすぐに鶏冠山への登山口があります。山梨100名山ですから如何でしょうか。
インレッド
2014/09/09 21:09
とわ さん、今晩は。
暑い夏は沢登りは涼しくて気持ちが良いのですが、ここは少しロングコースで大変疲れましたが、水は本当に綺麗でした。普段は一日中歩いていても、翌日はほとんど疲れは残らないのですが、さすがに3万5千歩も歩いたので、翌日も足が重かったです。
インレッド
2014/09/09 21:15
やまびこ さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/09 21:16
コンバンハ。
なかなか良い沢ですね、私も行って見たくなりましたが
かなり長いコースのようで、
行けるかな とちょっと心配です。
nori
2014/09/10 19:28
こんばんは
緑の中の沢の勢いとエメラルドグリーンの静けさ
美しさと厳しさ、怖さを感じます(光と影)

沢登りの35000歩・・・
インレッドさんだからこそ成せるのですね・・・

チィーモ
2014/09/10 21:32
noriさん、今晩は。
ここはごらんのように水が大変綺麗な沢です。きっと絵になる画像が得られると思いますので、テン泊で如何でしょうか??。
インレッド
2014/09/11 19:29
チィーモさん、今晩は。
一日で歩いた最高記録は45000歩なのでそれに比べればまだ1万歩ほど少ないのですが、翌日も足は重かったです。釣りをやられるシィーモさんですから竿を持って遊びがてら如何でしょうか。
インレッド
2014/09/11 19:33
こんばんは。インレッドさま〜リベンジ達成おめでとう
ございます。西沢渓谷を歩いて感動したことこの間の
ようです、近くの渓谷絶景と水の美しさにどう表現すれば。
感動ありがとうございます。元気戴きました♪。

大好きな蒜山高原で大山・蒜山三山見て来ました。
たかちゃん
2014/09/11 20:49
たかちゃん さん、お早うございます。
暫く御無沙汰のよぷでしたので、どちら方面に行っているのかなー と思っていました。
蒜山高原でしたか、良い所のようですね。
ソバの花は咲いていたでしょうか??。
インレッド
2014/09/12 08:36
天気も良かったので、緑と川と空の藍青がすばらしいコントラストを見せてくれています。
良いですね〜。

なんといっても「両門ノ滝」が絶景です。
歩いて行ったものしか見れないのがまたよい。
途中のナメはもちろん良いですが、これが終着にあるとわかっていれば、モチベーションが上がります。
片道3時間でいけるなら挑戦してみたいところですが…
本読みと山歩き
2014/09/13 06:56
本読み さん、今晩は。
南アルプスの水は何処でも綺麗ですね。
ここは東沢に入らなくても、西沢渓谷を歩くだけでも、綺麗な滝や渓谷を眺められます。ぜひ一度見に来て下さい。
インレッド
2014/09/14 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
笛吹川の東沢から釜の沢 2014/9/6日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる