インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 破線の道の山急山  2014/9/15日

<<   作成日時 : 2014/09/16 09:06   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 27

東京方面から上信越道を通り松井田・妙義インターを過ぎると、左にギザギザの裏妙義の岩峰が目に飛び込んで来て、そちらの景色を普通は眺めて通り過ぎますが、右側にも鋭い岩峰の山があります。その岩峰が今日これから登る山急山です。隣に谷急山がありますが、こちらの山急山は以前は西上州の妙義山あたりの地図にも登山道は載っていませんでした。最近の昭文社の地図には破線になって載っています。

     今日これから登る 山急山
画像


     最初は林道を歩きます
画像


     秋の花が咲く林道
画像


画像


画像



この山には標識はありませんが、踏み跡はしっかりとあるとHPやブログの記事には書いてありますが。かなり薄い踏み跡があり、古くて色あせた赤テープがたまにあるだけで、かなり迷いやすい道でした。

      鉄塔の辺りから登山道に入ります
画像


     こんな山裾をトラヴァースぎみに登ります
画像


以前に登った方の記録には、しつこいほど赤テープがある と書いてありましたが、今日登って見ると、登山者は久しく登って居ないようで、赤テープはたまにしか無く、たまにある赤テープも、もう色あせて目立ちません、うっかりすると見落としてしまい迷いながら登りました。

画像


画像


ここの登山道は浅間砂が玉砂利のようになっていて、爪先上りの急登の道はかなりコロコロと滑りやすく、特に降りは要注意です。

画像


画像


かなり上部に登って来ました。直ぐ傍に大きな岩峰があるようで、五輪岩が近くになったようです。

画像


画像


画像


画像


画像


どうやら岩峰の下を回り込んで山頂に行くようです。

画像


まず五輪岩に登り、それから山急山に行く積りでしたが、どこで間違えたか、いきなり山急山の山頂に着いてしまいました。

     山急山 山頂
画像


画像


     山頂より裏妙義の谷急山と右に高岩
画像


右に稲村山と左上に高岩 (高岩は以前のブログに載っていますので、トップ下のサイト内索欄か検索して見て下さい)
画像


     下に五輪岩と上に裏妙義
画像


そんな訳で逆回りになりましたが、これから五輪岩に降り下山しようと思います。

     五輪岩方面
画像


     下山中にこんな岩峰もありました
画像


     五輪岩あたり
画像


     五輪岩から登って来た山急山方面
画像


     浅間山方面
画像


画像


本来登って来る筈だった尾根を降りましたが、途中で崖に阻まれ降りられなくなりました。何度も踏み跡を探しましたが、解らず、仕方が無いので引き返して、来た道を帰ろうと思いました。処が来た道には途中の尾根に「山急山¬」と木に書いてある所がありました。そこを降れば、来た道に戻れますが、その印のある木が散々探しましたが見つかりません、何度も降っては戻り、また他の場所を探しては戻り、散々探しましたが見つかりません、仕方が無いので、朝林道を歩いていた時に、あまり水の無い沢を越えた事を思い出し、沢を降る事にしました。少し濡れている沢の岩場はやはり滑ります。急斜面は倒木や立木にザイルを縛りながら降り、何度もそのザイルを使い遮二無二降りて何とか林道に出ました。

     上信越道と上 右に稲村山 左に高岩
画像


本来なら3時間ほどで登れて、2時間もあれば降れると安易に思っていました、万一迷えば、あまり水の無い沢を降りるか、直ぐ近くに高速道が通って居て、しょっちゅうその音が響いていたので、その音を頼りに降りれば大丈夫と、簡単に思って居て、赤テープもGPSもヘッドランプも持って来ず。かなり手古摺りました。夕方の5時頃に着きましたが、ヘッドランプは持って来ていなかったので、もう少し迷っていたら暗くなって下山出来なくなり、新聞沙汰にでもなって居たかも知れないと思い、やはり山は甘く見てはいけないと、猛反省の登山でした。

画像


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。ご無事で良かったぁ〜、またあの岩峯を拝見
出来ましたね、ありがとうございます。

以前兄に”迷ったら山を越えては駄目だよ”と聞いた事が
ありました・・・どうでしょうか??
たかちゃん
2014/09/16 09:32
コスモスの花とやさしい高原!花が揺れているのが見えるようでしたが、
こちらは怖い山迷いですね。
インレッドさんでも迷われるんだと思うと怖いです。
なるべくはっきりした道を歩きたいと思うのと、人の多いのは嫌という相反する気持ちで山選びにいつも苦慮しています。
ご無事でなによりです。
さえ
2014/09/16 10:20
インレッドさん こんにちは
山急山もいつか行ってみたいと思ってましたが、やめにします子)^o^(コワーイです。
リボンを着けて歩かないと帰れなくなりそうです。やっぱり山は慎重に越したことないですね。
金峰山にいってきましたが多分インレッドさんも通ったと思う川上村から大弛峠への道はすごーいですねー、あれ程の道は初経験でした。
夢創歩
2014/09/16 11:36
御無事で何よりです。
山急山、私はまだ登っていません。
知り合いも迷ったというので、誰か行く人がいれば同行を狙っています。
高岩は狭い岩場をすり抜けて登って、小粒でもぴりりで面白かった記憶が。
西上州の小さい山の方が、難易度は高いですよね。
chiaki
2014/09/17 06:29
たかちゃん さん、お早うございます。
そうですね、山を越えたら違う尾根に行ってしまいますから、その周辺の地理を良く知って無いと無理ですね。沢も本当は降ってはいけないのですが、ここの沢は水が殆ど無くて大丈夫だろうと思い下山しました。それでもザイルを持っていたので降りられましたが、無ければ濡れた急斜面は滑落し易い所でやはり降りられなかったと思います。
インレッド
2014/09/17 08:14
さえ さん、お早うございます。
今年の夏は原村で涼しかったでしょうね。その内近くの山にでも思っていますが・・・。
ここは赤テープをこまめに付けて登れば迷わないと思いますが、ネットで調べたら沢山付いているとの事でしたので、何もせずに登りましたが、5回ほど迷いました危険な岩場もちょこっとあり、ザイルだけは持って居ましたので、無事に沢を降りて帰る事が出来ました。もう少し道を探して迷っていたら、翌日にでもならないと降りられなかったと思います。
インレッド
2014/09/17 08:19
夢創歩さん、お早うございます。
ここは赤テープでも付けながら登れば大丈夫と思います。
大弛へ梓山の毛木平からは以前は四駆でしたので何度か行きましたが、途中でパンクをしたこともありました。最近は工事用の車が通って居るようで。以前よりは道が良くなった方です。
インレッド
2014/09/17 08:24
chiakiさん、お早うございます。
ここはこまめに赤テープなどを付けて登れば大丈夫と思いますが、道はかなり滑りやすいです。近いですから行って見ませんか。高岩はチムニーの岩場はちょっと怖いですが、山への距離が短いので楽に行く事が出来ますね。その傍の稲村山も距離は短いですが展望は良い山です。
インレッド
2014/09/17 08:35
achisiさん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
iインレッド
2014/09/17 08:37
peroさん、おはようございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/17 08:38
MORINOBUNAさん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/17 08:39
インレッドさん、こんばんは。
ご無沙汰しております・・・山急山、なかなか侮れない山ですよね。
私は過去、2度ほど歩いていますがいずれも秋か冬でした。
鞍部までの急登は、ロープが下がっていても殆ど飛びつきぶら下がる・・・
下りコースでは、フィックスロープがあるのですがなかなか手強いトラバースと
気の抜けない山ですね。
初めて歩いた時、恥ずかしながら道迷いして結局、来た道を戻り
うろついてようやく正規ルートを見つけて下山しました。

妙義山系はやはり、気軽には歩けませんね。
お疲れ様でした。
だんべえ
2014/09/17 22:47
おはようございます、インレッドさん。
初めて聞く山名です。
毎年、上信越道を通る時にこの辺りは11月辺り歩けば、良い所なんだとうなとみてました。でも、妙義山と同じように厳しい山なんですね。
そこまで行ったら、欲が出て中々下仁田ICで降りるのが難しいですが。
石川@
2014/09/18 06:31
だんべえ さん、こちらこそご無沙汰しています。
相変わらずお元気で  と思ったら体調が悪いようで。ご自愛ください。
この山の記事はほんの僅かの人のHPやブログが載っていましたので、参考にさせて戴きました。勿論 だんべえ さんの記事も参考にさせて戴きました。奇跡もありましたので、大変参考になりました。最近はあまり登った方が居ないようで、たまにある踏み跡もあちこちで迷っていて、時々途中で踏み跡が切れてしまいました。フィックスロープは5本くらい纏まって付いているのもありましたよ。一応そんな所があるのも解っていましたので、ザイルは持って行きましたが、それでなんとか助かりました。ここは多分殆どの方が迷う山だと思います。
インレッド
2014/09/18 08:10
石川@  さん、お早うございます。
ここは隣の谷急山と似たような名前ですが、こちらは山急山なのです。高速や碓氷バイパスを通ったら裏妙義の山と反対側の山を見て戴ければ直ぐに解ります。殆どの方が迷う道ですから、一度ぜひトライして見て下さい。
インレッド
2014/09/18 08:14
青木院長さん、お早うございます。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/18 08:16
おはようございます。
地図を片手に見させていただきました。
踏み跡の薄い山は間違えやすいですね。街中でも1本道間違えますからね。
大事に至らなくてよかったです。
私も気を引き締めて山に臨みたいと思います。
カスミッシモ
2014/09/18 10:35
凄い山ですね。
でも、どんな山でも人が入っているというのがまた凄い。
好奇心いっぱいの冒険家が多いということでしょうか。
山急山、なんて読むんでしょう。
サンキュウ山だったら楽しいですが。(^^)
nousagi
2014/09/18 10:48
カスミッシモさん 今晩は。
ここは間違い易い所と言うのは解っていたのですが、距離が短かいので、少し甘く見てしまいました。それでもザイルは持っていたので、何とか無事に戻る事が出来ました。ザイルが無かったらきっと山中で野宿だったとおもいます。
インレッド
2014/09/18 19:34
nousagiさん、今晩は。
この山はサンキュウサンと呼んでいる方もいますが、地元ではヤマキュウヤマと呼んでいます。今度上信越道を通ったらぜひ眺めて見て下さい。赤テープを付けながら登ればそれ程難しくは無いのですが、結構垂直に近い岩場の登り降りもあります。機会がありましたら度胸試しに是非自己責任で登って見て下さい。
インレッド
2014/09/18 19:39
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2014/09/18 19:43
インレッド様、あと2ヶ月もすればこのあたりの紅葉はすばらしいですよね。
今回は本当にご無事で何よりでした。お疲れ様でした。
沢を登りつめるのも凄いですが、破線のルートに果敢に挑んでますね。
高速を乗る時の、楽しみが増えました。
るたん
2014/09/19 06:26
るたん さん、お早うございます。
妙義山の中間登山道は11月の10日頃が紅葉の見頃になりますが。私がいつも楽しみにしている紅葉谷の紅葉は11月20日頃が見頃です。この山の隣の谷急山の下の方で三方境の少し下で見られます。素晴らしい紅葉ですからぜひお出かけ下さい。
インレッド
2014/09/19 08:39
また面白そうな山に登っておられるな〜くらいに気楽に読み始めたのですが、最後はドッキリでしたね(+_+)。
私も気を引き締めて登らねば、て気持ちになりました(^^ゞ
やまや
2014/09/19 20:28
やまや さん、今晩は。
この妙義山あたりの岩場はなかなか面白い所ですよ。いちど登って見て下さい。但し岩は大変脆い岩なので少々苦労します。中国の墨絵のような風景が広がって居て楽しいと思います。
インレッド
2014/09/20 17:24
こんばんは
無事に戻れて良かったですね・・・山歩きに関しては右に出る者がいないようなインレッドさんでさえも、今回のような事があるとは、気を引き締めて入山するようにします。
いちも車で眺めて通過していた岩稜の峰ですが、それにしても素晴らしいほどに切り立った岩場の山ですね。
リッキ^
2014/09/25 19:08
リッキーさん、今晩は。
もしかすると、野宿でもと一瞬思いましたが、ザイルは持っていましたので、ただガムシャラに沢を降りて下山しました。それでもここに登った方は殆どが迷ようようで、その迷った踏み跡をつい付いて行き、同じく迷ってしまったようです。
インレッド
2014/09/26 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
破線の道の山急山  2014/9/15日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる