インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪庇の続く桑ノ木山 2015/4/18日。

<<   作成日時 : 2015/04/19 15:23   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 27

2年前のゴールデンウイークにもこの山に登りました、その時は早朝に登山を開始して、桑ノ木山の少し先のネコブ山まで行く積りでした、天気予報は午後からは晴れると言う予報でしたが、早朝から大雨で、2時間ほど車の中で待機していました。8時頃になってようやく小降りになって来たので、小雨降る中歩き始めました。桑ノ木山には午後の2時頃になってやっと着き、素晴らしい展望に大満足でしたが、残念ながら時間切れで、ネコブには届きませんでした。その時は未だ多少は余力は残っていたので、時間があれば何とか届いたかなー と思いつつ、その内リベンジしようと思い下山しました。

     桑ノ木山よりネコブ山・下津川山方面
画像


そして今日は、早朝の3時頃にNHKのラジオ深夜便を聞きながら、コンビニ ドリップコーヒーを飲み車を運転して登山口に向いました、1週間の仕事も終わって、これから行く山への楽しみもあり、そんな時間も好きな時間です。この日は、ちあき なおみ と 渡哲也の歌を特集していて、一緒に口ずさみながら登山口に着きました。

     根なし明日なし浮草に
     月のしずくが やどるころ
     さぐりあてれば 小さな寝息
     きめた きめた お前と道づれに・・・・

     十字峡への歩き始め
画像


     桜の花も咲き始め・・・
画像


この山へのこだわりは、以前に「岳人」に載った日本のマイナーな山12山を読んでから始まりました。
そのマイナーな山とは

「四季を問わず創造的登山をしなくては登頂できない名山を指し、以下がその条件。

 .道がなく、登頂するのが困難なこと。
 .山容風格とも名山とよばれておかしくないものであること。
 .山群の主峰もしくは、それに準ずるもの(が望ましい)。

1 矢筈岳 やはずだけ 1257m 新潟
2 ピリカヌプリ ぴりかぬぷり 1631m 北海道
3  赤倉山 あかくらやま 1959m 群馬
4  丸山岳 まるやまだけ 1820m 福島
5  毛猛山 けもうやま 1517m 福島 新潟
6  烏帽子山 えぼしやま 1573m 新潟
7  ネコブ山 ねこぶやま 1794m 新潟
8  化穴山 ばけあなやま 1506m 新潟 山形
9  障子岳 しょうじだけ 1549m 鹿児島
10  黒部別山 くろべべっさん 2353m 富山
11  群別岳 くんべつだけ 1376m 北海道
12  朝日岳 あさひだけ 1376m 秋田

どの山も日帰りで登る私には、かなり困難な山ばかりです、せめてネコブ位は何とか と思っていますが・・・。

    雪崩れた林道を十字峡に向って歩きます
画像


うっかり滑ってしまえば、下の「しゃくなげ湖」に滑落して三国ダムまで流れてしまいます。

画像


    これから登る桑ノ木山が朝日を浴びて見えて来ました
画像


通常ならば1時間ちょっとで十字峡に着くのですが、今日は道が雪崩れの為荒れていて、ピッケルを使わなければ怖いような所が数か所あり、そのため2時間を越える林道歩きになり、やっと十字峡に着きました。

     左に黒又沢、上に三国川・右に下津川沢
画像


ここから更に少し上流に行き橋を渡って、トンネルを潜り、導水管のある所を登りますが、トンネルが雪で埋まっていなければ良いのですが・・・。

    何とか トンネルに入れそうです
画像


    登山口の導水管、幅60センチくらいの急な階段を登ることから、今日の登山は始まります。
画像


    この尾根を登ります
画像


急登が続く導水管の階段には、やはり数か所に雪が積もっていて登る事が出来ません、仕方が無く右の藪尾根を登りますが、かなりの急登で藪漕ぎですから、今日は林道歩きと、この導水管の登りでかなり疲れてしまいました。

      登り上げた岩場から下を眺めて
画像


登り上がると今度は、やはり急登の続く半藪漕ぎの登りになり、やっと本当にやっと雪庇の続く尾根の登りになりました。

画像


画像


    ピッケルを使い滑落しないように登ります
画像


     振り返って登って来た雪庇と奥に阿寺山から続く八海山方面
画像


今日は林道歩きと導水管の登りでかなり体力を使ってしまいました。とてもネコブ迄は行けそうにありません。ネコブ迄では無く、桑ノ木山迄も無理なような気がして来ました。諦めて帰ろうかと何度も思いましたが、後ろから背中を押して呉れる、八海山や駒ケ岳・中ノ岳に励まされ何とか一歩一歩と登っていました。

     雪庇の続く尾根
画像


画像


    途中より巻機山・金城山方面
画像


     登って来た尾根と奥に八海山
画像


     下に石楠花湖とその上に高倉山・先日登った桂山方面
画像


疲れた体に鞭打って、足を互い違いに出せば良いんだよ!!  と自分に言い聞かせ、何とか雪庇の続く尾根を登っていました。

画像


画像


桑ノ木山迄は何とか と思いつつ、もう直ぐ傍に見えて来ましたが、中々着きません。

画像


画像


     右に桑ノ木山
画像


    未だ冬の景色の山裾
画像


画像


     桑ノ木山方面
画像


こんな急峻な山なのに、桑ノ木山の山頂は、広い丸い山頂です。何処が山頂か解り難い山頂の突端に行き、今日も残念ながら登る事の出来ない、ネコブ山や下津川山や利根川源流の山を眺め食事にしました。

    桑ノ木山山頂
画像


画像


    山頂より登りたかったネコブ山と下津川山
画像


周り中沢山の雪を被った山が、利根川源流の山々です
夏になれば、ハート形をした、その一滴が関東地方の人を
潤す大河の一滴になります。
今日 貴方が飲んだ
その水もこの山の雪解け水かも知れません

そして後ろに聳えて居る山々が、
魚沼平野に流れて行き
やはり大河の信濃川になり
美味しい酒になり米になります

     山頂より以前やっと登った本谷山・越後沢山方面
画像


     十字峡より鉄砲登りが続き、草原のような山々が続いていた丹後山。大水上山方面
画像


   やはり十字峡から秋に登った中ノ岳・兎岳方面
画像


    山頂付近は地塘になっていた阿寺山から八海山・中ノ岳方面(中ノ岳の左にちょこっと駒ケ岳)
画像


今年も沢山の雪山に登りました
白い山々を友として
孤独を楽しみました
親父の顔のように皺だらけの
木々と語らい
融けて行く雪の中から
生まれたばかりの
儚い花々と語り歩きました

     さあ2時を過ぎました自分の踏み跡を辿って帰りましょう
画像


2年前に登ったこの山も
その時はまだ余力があったのに
たった2年で
こんなに体力が無くなって来て
年の過ぎる早さを知りました。

周り中曼荼羅のように聳える山々の中で、
ここだけは丸るく ただ丸く広がり
それこそ天国に近い
山のようでした

画像


南風が音も無く吹く山頂で
夏になれば、下津川を遡り
三国川を遡って
僅かに熟練した沢人が訪れ
秋から冬になれば
獣や鳥たちが憩うだけの
静かな山になり
満天の夜空には
シリウスやオリオンが
大きく輝く風景を想いながら 
降りる事にしました

     さらば桑ノ木山
画像


攣って来てかなり痛い足を引きずりながら、
尾根には踏み場に困るくらい咲いていた
イワウチワの花を眺め
写真を撮る元気も無く
茜色に染まり始めた
魚沼の山々を眺め
振り返り振り返り
登って来た山々を眺め
もう この山々に登ることは
無いだろう なんて思いながら
やっと駐車場に着き
今日の登山を終わりました。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん こんにちは。
素晴らしい景色ありがとうございます、10枚程保存させてもらいました。
お疲れ様でした、もうすっかり腰は良くなられたようですね。
桑ノ木山は地図でみたら最初の取り付きはどんでもなく急で遠く険しい山に見えました、それだけに静かで素晴らしい景色に会えるんですね。
夢創歩
2015/04/19 18:16
こんばんわ。今日、阿寺山へ登ってきました。
(レポは少し遅れます)
山頂からはネコブ山、下津川山の美しい展望を観ていましたが
インレッドさんが登られていたとは、夢にも思いませんでした。(^^ゞ
アサレン
2015/04/19 22:32
夢創歩さん、お早うございます。
那須を楽しまれたようで・・・秋に下の姥ヶ平の紅葉を眺めて下さい、最高ですよ。
ここはもう少し雪が溶けて方が登りやすい と反省しました。狭い導水管の階段が登れないと、かなりの藪漕ぎで急登になり前回の倍くらい疲れました。
この界隈の山々は利根の源流で良い山ばかりです。登るのはちょっと大変ですが、その内ぜひ体験してください。きっと山男に1っ歩近付けると思います。
インレッド
2015/04/20 09:25
アサレンさん、お早うございます。
阿寺に行って来ましたか。雪山がすっかり好きになったようですね。
実は今回この山が雪で登れないようならば、そちらに変更しようと思い、どこからが登りやすいか調べながら歩いていました。ダム管理棟あたりからかな?、十字峡少し手前あたりからかな?。秋には一度阿寺山には登った事があります。
その内是非こちらに登って見て下さい。ゴールデンウイークの頃の方が登りやすいかも知れません。
インレッド
2015/04/20 09:35
こんな大変な時期じゃなければ
インレッドさんならスイスイと思うのですが、
この山は冬限定なんですか?
林道の雪の様子を見ても、とても嫌な道です。(^^;)
nousagi
2015/04/20 10:06
花あり、雪あり、この季節のインレッドさんのブログは忙しいですね。
もともとたいした山歩きはしていない私ですが、絶対に行けないけど、行ってみたい山って意識するようになりました。
私の行きたいけど、無理だと思うのは今の所、白山釈迦岳です。

先週のミツバツツジ是非見てみたいです。
さえ
2015/04/20 12:02
こんにちは。
腰の痛みも癒えられて・・やはりインレッドさまは凄いです。
青空の山容を眺められて嬉しいです♪
麗から眺めるも美しいですけれど…感動が違いますね♪

昨年の4月左足首を痛め、”もう山は登らんよ”と言われて
おりまして、どうなりましょう??
赤城自然園のカレンダー(4月〜11月)フォトコンテスト
2014受賞作品の写真です、退園の時頂きました、部屋に
貼りました♪   5日山芍薬の蕾も見れました。
たかちゃん
2015/04/20 16:42
nousagiさん、今晩は。
この山には冬には雪が多過ぎて登ることはかなり困難です。今頃の残雪期限定の山です。今回はその林道歩きだけで、かなり疲れてしまいました。nousagiさんと同じように、都会派の登山者がこの林道を見たらば、きっと殆どの方が諦めて帰ってしまうと思います。それでも十字峡から丹後山方面や本谷山方面は6月を過ぎて夏のシーズンになっても、この雪崩れた林道を歩いて行かなければ登山口に着く事も出来ない所です。十字峡には写真に写っていますが、避難小屋があります。一度ぜひこの辺りの山に登って悲鳴を上げて見て下さい。きっとnousagiさんの実力数段上がると思います。
インレッド
2015/04/20 20:02
さえ さん、今晩は。
先週のミツバツツジの山は埼玉県の長瀞町にある岩根山です。1時間もあれば山頂に着く山で楽に登れます。4月の第1周あたりに行けば、もっと良い花が見られると思います、来年のその頃に是非歩いて見て下さい。白山釈迦ヶ岳の花々も見て見たいですね。
インレッド
2015/04/20 20:06
たかちゃん さん、今晩は。
赤城自然園の山芍薬の花は5月始めの頃が見頃のようです。今回のこの記事の上の画像が赤城自然園の山芍薬の花です。
足首はきちっとサポートして歩けば大丈夫と思います。まだまだ勿体ないですから、山歩きは止めずに続けて下さい。
インレッド
2015/04/20 20:13
麓では桜が咲いているというのに
まだ雪がたっぷりですね。
とても人を寄せ付けない雰囲気を感じる山ですね。
それがまた魅力なのでしょうが…
山頂が見えているのに残念で悔しかった事と思いますが
ご無事に下山されて良かったです。
mikko
2015/04/21 09:09
こんにちは。
すごい!! この季節の雪崩れて荒れた林道歩きは命懸けですね。
プラス藪漕ぎまでされて、インレッドさんの強靭な体力と精神力に敬服致します。
私には行っては見ることの出来ない、利根川源流の山々の素晴らしい景色を楽しませていただきました。
orihimeff
2015/04/21 13:02
お帰りなさい。
行ったからこそ わかる厳しさです。
同じくと言ったら 大変失礼ですが また行けるか分からないです。
まずは十字峡までの長さ。準備運動よりハードですもん(笑)
導水管を ひたすら登り上げ どこまでも続く尾根歩き。
歩いても 歩いても たどり着けない 桑ノ木でした。

昨年行って お天気がいまひとつで 展望がなかったんです。
厳しいと知りつつ 本音は また行きたい山のひとつです。

イワウチワが お帰りなさいって言ってますね♪
まな
2015/04/21 18:38
mikkoさん、今晩は。
そうなんですよ、登る積りだったネコブが直ぐそこに見えて居るのですが。この山頂までやっと登りましたので、もう無理だと思いました。下山は両足が攣って来て、歩く事が困難になって来ましたが、そんな時の為に医者から貰った塗り薬を持って居ましたので、それを足に塗り何とか下山出来ました。この界隈の山は夏ならば大丈夫ですから、一度登って見て下さい。
インレッド
2015/04/21 19:57
orihimeffさん、今晩は。
ここは2度目でした。前回は時間切れで敗退しましたが、体力は少し余力がありました、そんな為今回はリベンジの積りでしたが、前回よりも条件が悪かったせいもありますが、かなり疲れて、やっと桑ノ木に何とか届きました。この辺りの山は関東の人にはあまり馴染みが無い山ですが、かなり良い山々があります。機会がありましたら丹後山あたりに登って見て下さい。
インレッド
2015/04/21 20:03
まな さん、今晩は。
今回は林道にも導水管にも雪が積もっていて登れない所があり、苦労しました。ゴールデンウイークの頃か、その少し後くらいがベストかも知れません。行くのでしたら、その頃にぜひどうぞ。山頂からの眺めはさすがに素晴らしい所です。
インレッド
2015/04/21 20:09
18日に桑ノ木山の途中でテント設営をしていた男女二人組ですが、あの時下山途中だと少しお話しされたのはインレッドさんでしょうか?
インレッドさんのブログは、以前より拝見していたのですが もし、あの方がインレッドさんであるなら ご本人とお会いできたとは驚きです!
我々もブログやっています。http://tekutekudoujin.blog.fc2.com/
翌日、ネコブまで行きましたが ヘトヘトになりました。
また、寄らせてください!
てくてくA
2015/04/22 00:25
てくてくAさん、お早うございます。
ブログを見て戴いていましたか、有難うございます。
ここは2度目でしたが、今回はかなり状態が悪かったようです。テン泊の荷物を担いでは大変だったと思います。特に女性はあそこまで行けただけでも偉いですよ。山スキーの方は下津川右岸を登ったようでが、こちらより、かなり大変だったようです。地元の2人の方でしたが。やはりヘトヘトで下まで降りられるかなーなんて言っていました。日白山・武尊も見さて戴きました。谷川近辺では小出俣山や雨ヶ立山なども良いですよ。
インレッド
2015/04/22 09:25
peroさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2015/04/22 20:51
achisiさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2015/04/22 20:52
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2015/04/22 20:53
青木院長さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2015/04/22 20:54
ミニミニ放送局さん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2015/04/22 20:55
そちらの十字峡も凄いですね。さすがに豪雪地帯です。6月に入ってもスンーブリッジが消えない所ですか、良い眺めの山ですね。
nori
2015/04/23 06:31
noriさん、今晩は。
こちらにも十字峡があるんですよ,黒部ほどではありませんが・・・
利根川の源流の山々の眺めも中々のもでしょう。登り甲斐がありますから、未踏でしたら是非登って見て下さい。
インレッド
2015/04/24 19:55
行ってきました ネコブ山 と〜っても良かったです。
良き出会いも山行に花を添えてくれました。
山頂で胸がいっぱいになるのは久しぶりな気がしました。
インレッドさんならどんな言葉で表してくれるのか、、とても興味があります。
ハタノ
2015/05/05 05:00
ハタノしゃん、ネコブまで行って来ましたか、凄い展望だったと思います。きっと生涯忘れられない登山になったと思います。私は導水管が雪で登れない所が数か所あり、横の急登の藪漕ぎで疲れ果てて、またまた桑ノ木迄でした。
インレッド
2015/05/05 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪庇の続く桑ノ木山 2015/4/18日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる