インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS アルプス大展望の京ヶ倉 2015/5/5日。

<<   作成日時 : 2015/05/06 13:23   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 32

安曇野地方の民謡に「安曇節」があります。 ♪♪槍で別れた 梓と高瀬 めぐり会うのが押野崎・・・。梓川と高瀬川の合流する所が押野崎で、そこから犀川となり、長野市で千曲川と合わせて大河の信濃川になります。その押野崎のそばに聳えて居るのがこれから登る京ヶ倉です。犀川が大きく大蛇のように蛇行して、その上に北アルプスが眺められ、ちょっと他所では見られない風景になっています。

     犀川の上に 蝶・常念・大天井方面
画像


展望だけでは無く、この山にはヒカゲツツジの大群落もあります。・・・・が今年は不作の年のようで、しかももう既に終盤のようです。数年前の5月9日に登りましたが、その時は丁度見頃だったのですが・・・。

    登山口
画像


家を出る頃は雲が厚く垂れこめていて、今日は展望も望めそうに無いかと思っていましたが、晴れ男の面目躍如で、登山口に着く頃は、春には珍しい澄んだ青空になって来ました。

     登り始め
画像


画像


風薫る5月始め、
木々の葉も匂うばかりに
眩しく輝いていて、
こんな道は
ただ歩いているだけで
楽しくなる道です。
と  木々の間から
今日一番見たかった
山並が
ちらちらと見えて来て
素晴らしい春の山路になりました。

画像


画像


折角の青空が
春の朧な空にならない内に
おおこば の展望台地まで
早く 早くと急登を急ぎ
着いて見れば
思っていた通りの
澄んだ空の上に
北アルプスの嶺々が
大きく蛇行する犀川の上に
一直線に白く連なって輝き
なんと
素晴らしい景色でしょうか!!

     おおこば 展望台地より
画像


     常念・大天井方面
画像


画像


稜線へ出る手前の岩場に沢山の
ヒカゲツツジが咲いている筈ですが・・・

     今年はちょっと淋しいヒカゲツツジ
画像


     本当はこんな筈でした(2011年5月9日の画像)
画像


画像


     稜線に出ました
画像


少し先に行くと「とどの背岩」があります。その手前にまた展望の良い場所があります。

画像


     針ノ木・鹿島槍の稜線
画像


    爺ヶ岳・鹿島槍方面
画像


画像


     蝶ヶ岳・常念のアップ
画像


      常念を始め表銀座の」山々
画像


     船窪・針ノ木方面
画像



画像


      とどの背岩
画像


こんな岩場は怖くて通れませんから、巻き道を行きます

画像


画像


画像


     山頂直前
画像


4・5人の方が憩う山頂に着きました。こちらからは後立山の眺めが良くなります。

     京ヶ倉山頂(山頂の方は私ではありません、念の為)
画像


     山頂より五竜・唐松・白馬方面
画像


     3山揃い踏み
画像


山頂から静かな、大城方面に行き昼食にしようと思います。

     大城方面
画像


画像


画像


    大城山頂
画像


山頂で穂高から来たと言う
親子連れの方と食事にしました。

良いなーこんな景色を
貴方達は朝夕に眺められて
そしてこんな山で父親と食事が出来て
大人になったら、今日の山を
きっと想い出すんだよ!!
私も半世紀も前に
松本に3年住んでいました。
隣近所みんな良い人ばかりで
良くみんなと遊びに行きました。
息子もここで生まれ
転勤などしないで
ずーっと此処に住み付いて
しまえば良かった。

     帰り道にて
画像


新田次郎の小説「孤高の人」の中に、良く出て来る、安曇節のフレーズがあります。

 ♪♪ 白馬七月 残りの雪の 間に咲き出す 花の数・・・

     もとはアルプス 雪消のしずく 末は越後の 海となる

     日本アルプス どの山見ても 冬の姿で 夏となる・・・

                            今日は本当に山笑う一日でした。
画像


   ホタルカズラ
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん こんにちは。
京ケ倉って何処なんだろうとカシミールで探しました、去年行った事がある鷹狩山の近くだろうと思ってやっと見つけました。やっぱりこの辺はアルプスが毎日眺められていいですよねー。
まだ常念岳しか行ってませんが、こういう景色は眺めていても飽きませんねー。

背岩は怖そうですねー、ザイルは張ってあるのですか?
夢創歩
2015/05/06 17:03
インレッドさん、こんばんは♪
素晴らしい景色〜。d(-。∂)good!!
今年はどこも花期が早いでしょうか。
とどの背岩、その名の通りの岩に見えます。(^^)/
クロちゃん
2015/05/06 19:12
さすがに信州の山、眺望が素晴らしいですね!
日本アルプス総なめみたいな感じですね。
山頂付近の岩場は確かに危なそうですね!
機会があったら、私も登ってみたくなりました。
宮星
2015/05/06 19:18
夢創歩さん、今晩は。
鷹狩山は車でも行けますが、ここは車は下に置いて登らなければなりません。
そうでしたか、蝶や燕も日帰りで充分出来ますから登って見て下さい。とどの背岩にはザイルやトラロープはありません、かなり怖いので巻道を通りました。
インレッド
2015/05/06 20:17
クロちゃん、今晩は。
今年はヒカゲツツジ迄花付きが悪いようです。ここの処暖かなと言うより暑い日が続きましたから、咲くのは早いようですね。ここは楽に登れますから、その内登って見て下さい。
インレッド
2015/05/06 20:21
宮星 さん、今晩は。
とどの背岩は巻き道がありますから大丈夫です。案外簡単に登れますから、機会がありましたら是非登って見て下さい。
インレッド
2015/05/06 20:24
これだけアルプスが綺麗に見えるのは素晴らしいですね。
そして、山が雪でなく、緑というのが、なぜかホッとします。
ヒカゲツツジ、豊作の時とそうでないとき、ずいぶん違いますね。
だから、自然は面白い。(^^)
nousagi
2015/05/06 20:24
nousagiさん、今晩は。
山が雪で無く・・・。そうですか、私は雪で真っ白の方が好きなんですが。こんな景色も春らしくて良いかも知れませんね。ここのヒカゲツツジの群生は本当は凄いのですが、今年は残念でした。
インレッド
2015/05/06 21:28
素敵な場所があるのですね!ぜんぜん知りませんでした。
インレッドさんは、本当に様々な素晴らしいところをご存じなのですね〜
これからも、参考にさせていただきたいと思います。
てくてくA
2015/05/06 21:32
インレッドさん、こんばんは。
雪山と花の山、交互に楽しまれていますね。
蛇行する犀川と雪の北アルプスの山々、そしてヒカゲツツジ・・・素晴らしいですね!
早速、来年行きたい山にGet!させていただきま〜す。
ありがとうございます。
orihimeff
2015/05/06 22:01
インレドさん、こんばんは。
昨日、大城から京ケ倉へご一緒した老夫婦です。
本日(6日)、白髪岩に出かけましたが、林道が赤久縄山から先が土砂崩落のため通行止めで、一時間ほど林道歩きをしなければならないので、後日時間の余裕を持って出直しをすることにしました。
短時間で登れる「オドケ山」「高岩山」に登って帰りました。「高岩山」は山頂への登山道はなく、急斜面をよじ登りました。
yoshi-jii
2015/05/06 22:34
てくてくA さん、お早うございます。
ここは簡単に登れてこの展望ですから、大変良い所と思います。少し遠いかも知れませんが、一見の価値は充分にあると思います。ぜひBさん共々登って見て下さい。
インレッド
2015/05/07 08:41
orihimeff さん、お早うございます。
丁度連休の頃ならばヒカゲツツジも見頃になり,晴れていればこの展望ですから是非登って見て下さい。ゆっくり歩いても2時間もあれば着いてしまいます。道は難しい所は殆どありません。
インレッド
2015/05/07 08:45
yoshi-jii さん、お早うございます。
早速コメント戴き有難うございます。
赤久縄から歩いても白髪岩まで2時間半もあれば着いてしまいます。次回に是非どうぞ。高岩に登って来ましたか。狭いチムニーの岩場は奥方にはちょっと怖い所だったと思います。下の道路から見上げれば、良くあんな所に登ったなー と思える所ですね。
インレッド
2015/05/07 08:49
あー、いいですね。
こんなところが有ったのですか。
高い所は暫くは登らなくていいかと思っていましたが、この展望台にはぜひ登ってみたくなりました。
石川@
2015/05/07 09:17
こんにちは。
再度京ケ倉の展望とヒカゲツツジ拝見出来まして嬉しいです♪
登って見たい山はファイルに・・有りました〜〜2010/05/09
やはり美しいうつくしい♪
ここから三山見てみたいですね!!実現出来ますと最高です。

パンダ姉妹の成長を見に行って来ますね♪
北の道の駅スタンプラリーへGO・GOです。
たかちゃん
2015/05/07 11:52
花と大展望、お天気も良く最高ですね。
今年のヒカゲツツジは寂しいですが前回見た写真は又お見事ですね。
行ってみたくなりました。もう来年かな!
ミニミニ放送局
2015/05/07 16:22
こんばんは。
ヒカゲツツジの山なんですね。
山頂で少なくとも1時間はゆっくり眺望を見ながらお弁当を食べたいです。
北アルプスが美しいですね〜
カスミッシモ
2015/05/07 20:40
石川@さん、今晩は。
今年はそちらも花が咲くのは早いようですね。
ここはそちらからでは少し遠いかも知れませんが、2時間もあれば山頂に届きます。空気の澄んでいる頃に登ればきっと満足の行く登山になると思います。ぜひお出かけ下さい。
インレッド
2015/05/07 21:20
たかちゃん さん、今晩は。
パンダに会いにですか、優雅で良いですね。
ここは比較的簡単に登れます。
空気の澄んでいる頃に是非登って見て下さい。
インレッド
2015/05/07 21:22
ミニミニ放送局さん、今晩は。
ヒカゲツツジはこちらでも見られますから、秋口か初冬にでも登って見たら如何でしょうか。2時間ぐらいで山頂に着きます。アルプスを眺めてノンビリ出来ますから良いですよ!!。
インレッド
2015/05/07 21:29
カスミッシモさん、今晩は。
ここは2時間も掛らないくらいで山頂に着きますから、おっしゃる通り、山頂でアルプスを眺めながらのんびりするのも良いですね。是非お出かけ下さい。
インレッド
2015/05/07 21:31
peroさん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2015/05/07 21:32
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2015/05/07 21:33
noritanさん、今晩は。
ご無沙汰しています。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2015/05/07 21:34
青木院長さん、今晩は。
気持ち玉有難う御座います。
インレッド
2015/05/07 21:35
achisiさん、今晩は。
気持ち玉有難うございます。
インレッド
2015/05/08 20:09
こんにちは。
大城山頂でお会いした穂高の親子連れの父です。
角田山を初め多くの美しい山々のお話、ありがとうございました。
昨年は、小3になった次男もようやく体力がつき、
女房、大学生の娘と息子2人(小3、小6)の5人で
日帰りを中心に、王ヶ頭、爺ヶ岳、燕岳、蝶ヶ岳、有明山、京ヶ倉に
登り、家族の山行きデビューをしました。
これからも家族で沢山の山を登ろうと思っています。
今年は今のところ、鍬ノ峰、京ヶ倉です。
またどこかでお会いできることを楽しみにしております。
こちらのブログを見るのも楽しみになりました。
これからもよろしくお願いいたします。
穂高の父
2015/05/09 19:42
穂高のお父さん、今晩は。
コメント有難う御座います。
鍬ノ峰にも登りましたか。あそこは以前大町の高校生が登山道を造った山ですね、その後直ぐに登って見ました。針ノ木方面の眺めが良い所ですね。
ここ京ヶ倉では以前に登った時も親子連れの方と出会いましたが、ここはそんな登山者の方が多いようですね。家族で登山とは素晴らしい と思います。
インレッド
2015/05/09 20:23
インレッド様、こんばんは。
京ヶ倉のあの犀川の眺めは独特ですよね。
新緑に青空、白い雪山…素敵ですね。
最近は結構低いのに、ツアーも入ったり人気ですよね。
最近は手軽に展望が良い山、っていうのがとても気になります。
花見…見たい花だらけで困ります。
るたん
2015/05/11 00:05
るたん さん、今晩は。
花見にわざわざこちらまでお出かけのようで、ご苦労様でした。るたん さんと始めて出会った時のあの花も、そろそろ咲きだす頃ですね。私もこの時期は残雪と花見登山と忙しいシーズンです。また何処かで出会えたら嬉しいですね!!。
インレッド
2015/05/11 20:37
こんばんは
花の時期には少し遅かったようですが、我家の山のすぐ横の山? へようこそ
ヒカゲツツジは我家の山にもありますが、こんなに立派ではありません。
でも山から見える展望は同じですから、きっとすぐ近くのようですね♪〜
リッキー
2015/05/14 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルプス大展望の京ヶ倉 2015/5/5日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる