インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧氷の三ツ頭山より富士山  2015/12/5日。

<<   作成日時 : 2015/12/06 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 28

冬型の気圧配置になれば、日本海側や北関東の山間部の山々は雪の降る日が多くなり、反対に関東地方の平野やその周りの山は、良い天気が続きます。昨夜は遅くまで仕事で、朝起きたのが7時頃になってしまい遅い出発になってしまいました。どこに行こうかと迷いつつコーヒーを飲みながら運転して、今頃ならば八ヶ岳の三ツ頭あたりで、霧氷と富士と南アルプスを眺める登山にしようと出かけました。

     前三ツ頭より富士山
画像


     上部は雪雲のような 野辺山付近よりの今日の八ヶ岳
画像


     天女山への登山口(10時半頃の遅い登り始めになりました)
画像


梢を揺する風の音
積もったばかりの粉雪
青い青い冬の空
眩しいほどの太陽
激しく流れる雲
光と影が交互に
入れ替わる冬の道

画像


     天女山
画像


画像


孤高のように聳える北岳
雲の従者を従えた甲斐駒
密かに流れ始める
「四季」の冬のラルゴ

    北岳
画像


    甲斐駒ケ岳と北岳
画像


    今日の目標の三ツ頭方面
画像


画像


2000m付近から雪多くなる     
北風が頬を刺し 
手を凍らせる 
手袋更に重ね3枚にする
フードを深く被る
「四季」冬の 
第3楽章激しく 鳴り始める

画像


画像


画像


強い風に吹かれ
粉雪が舞い始め
霧氷のツブが上着にあたる
潮騒のような風の音
その風に逆らいながら登る
ラ フォリアの曲が
流れ始める

画像


画像


     振り返って歩いて来た尾根
画像


上から一人の若者が降りて来る
頬を真っ赤にして 
鼻水をたらしながら
「前三ツから三頭への尾根は
風が強くて歩けない
上は吹雪で展望も無い」と

画像


     振り返って山麓の風景
画像


画像


画像


前三ツの登りになる
風更に強くなり
爪先も冷たくなる
ラ フォリアの曲が
次第に大きくなる

画像


画像


画像


画像


足も弱くなったと
つくづく実感しながら
ラ フォリアの曲が
大きく大きく流れて終わり
強風の吹き荒れる
前三ツに着く
もう既に午後三時を過ぎた
上へは諦めて食事にする

     前三ツより三ツ頭方面
画像


画像


画像


富士や南アルプスを眺め
秩父の山々を眺め
立ちながら
パンと温かいコーヒーを飲む

     霧氷の間に金峰山
画像


     更に荒れて来た三ツ頭への尾根
画像


画像


トレッリのクリスマス協奏曲の
弦の音が静かに流れ始める
富士を眺めながら
下山を始める

画像


画像


画像


画像


遥か西の尾根に
太陽が沈み始める
人の心も熱くしながら

そして東の空の下
富士が刻々と
茜色に染まり始める

画像


画像


画像


すべての命は
限りない時の流れの中で
青い星に生まれ変わる

遥か下の清里や大泉の町にも
憩えるような灯りが
ポツポツと点き始めた

画像


画像


画像


山をさまよう
孤独な山友よ
貴方の星降る山を
いつの日か探せ・・・

画像


画像


天の川で身を清めた
天女が舞うと言う
天女山で
都会では見られない程の
星々の瞬きを眺め下山する

     南アルプス方面
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
インレッドさま、健脚なので素敵な風景を見られまして
最高ですね。
富士山の夕景感動致します♪
夏、40才代に2回山頂で宿泊した思い出が甦ります。
麗の街は雪は無いようですね、拝見致しました画像に思いを馳せ
ながら富士山を麗から楽しませて戴きます。
ありがとうございます。
たかちゃん
2015/12/06 16:14
インレッドさんの足で登り4.5時間という事は・・・私には日帰りでは難しいコースですね!
風が強かっただけあって、富士山をはじめ、周囲の山の展望は良かったようですね!
<貴方の星降る山をいつの日か探せ・・・>心にしみて来ますね〜!
宮星
2015/12/06 17:54
冬の三ツ頭、権現岳も雪の時に日帰りを何回かしましたが、ゲートが閉まると駐車場に止められないのでこのところご無沙汰しています。
暮れゆく富士山、なんとも素敵な写真ですね。

このところ数年は12月の第一日曜日は西岳に登っていましたが、昨日は仕事、今日は三頭山に登ってきました。
風は無かったのですが、雲が多かったです。
富士山も先週より雪が多くなった気がします。
chiaki
2015/12/06 18:01
インレッド様、珍しくゆっくり陽に染まる富士まで眺められたんですね。
我が家のそばの茅ケ岳もばっちり映っています。
八は雲の中だったので候補にはなかったのですが、
極寒の中、クラッシクを口ずさみ静かな歩きだったのでしょうね。
あの雲の下ならこんな絶景だったんですね。お疲れ様でした。
るたん
2015/12/06 22:20
今シーズン初の雪歩きですね。
霧氷がとてもきれいで、本格的な冬を感じました。
日没前の富士山と空の色は、ため息が出るほど美しいです。見せていただいて、ありがとうございます。
アイ
2015/12/07 00:09
たかちゃん さん、お早うございます。
2回も富士山に登れば充分です。私はまだ未踏です。
でも富士は下から眺めた方がよさそうです。それでも
一度くらいは・・・。
インレッド
2015/12/07 09:03
宮星さん、お早うございます・
足の具合は如何ですか、
写真を撮りながらのゆっくり登山です。前三ツ頭迄ならば通常ならば三時間くらいで行ける所なのですが、手袋を脱いでは撮って、また手袋をしてまた脱ぐ といった感じで写真を撮るにも結構時間が掛かってしまいます。この日はコンパクトデジカメで撮りました。
インレッド
2015/12/07 09:10
chiakiさん、お早うございます。
三ツ頭に行って来ましたか、ここは私も好きな所ですが、最近はこちらからは権現まで日帰りではなかなか行けなくなりました。夏ならばまだ大丈夫なのですが。この日は風が強くて雲が激しく流れる日で晴れたり曇ったり と変化の多い日でした。
インレッド
2015/12/07 09:24
るたん さん、お早うございます。
この日は風が強く吹いていて、晴れたり曇ったり変化の多い日でした。画像はコンデジで撮っていて手持ちでしたので、星空はちょっと無理でした、夕映えの富士を撮るにも木に寄り掛かったりしてブレ無いように撮りました。三脚を持ってくればよかった と悔やみましたが・・・。夜は鹿が多くてあちこちで鳴いていました。
インレッド
2015/12/07 09:29
アイさん、お早うございます。
ここは冬はかなり寒い所ですが、赤岳や富士や南アルプスの眺めも良いですね。
思わず夕映えの富士を撮る時間になってしまいました。全部コンデジで撮っていましたので三脚を持ってくればよかったのに と悔やみましたが、夜は鹿が多くてあちこちでキーンと鳴いていました。
インレッド
2015/12/07 09:33
土曜日はお天気は良かったのですが、八ヶ岳は朝から雪雲の中でしたね。
私は山梨から八ヶ岳と富士山を眺めていました。
暖かい山歩きでしたよ!
さえ
2015/12/07 10:25
綺麗ですね〜
また霧氷の見られる時期がきたんですね。
とはいっても、綺麗=厳しい
どこかお手軽に見に行きたいものですが・・・
nousagi
2015/12/07 18:28
さえ さん、今晩は。
山梨の山に登ったのかな、降りて行ったのかな??。
この日は富士に南アルプスは一日中良く見えていました。
こちらはこの冬一番の寒い登山でした。
インレッド
2015/12/07 20:27
刻々と茜色に染まる富士山素晴らしいですね!
時の過つのを忘れてしまうほど幸せなひとときですね。
とは言え寒さも厳しそうですが。。
観音平から編笠・権現・三ツ頭ルートは無雪期に歩いていますが、
天女山から前三ツ頭を経てのルートは距離が長く大変そうですね。

orihimeff
2015/12/07 20:27
nousagiさん、今晩は。
そうですね、何でもそうですが、厳しいものは美しいものです。
お手軽に厳しい霧氷ならば赤城が一番です。「赤城山ライブカメラ」で検索して霧氷になっているようでしたら、登ってみたら・・・。
インレッド
2015/12/07 20:30
orihimeffさん、今晩は。
無雪期ならば観音平から編笠経由で登る権現よりも、こちらから権現の方え登るのが楽かも知れません。この時期は前三ツと三ツ頭への鞍部あたりはいつも強風が吹いていて、この日のように寒い日はちょっと大変です。寒く無ければなんとか行くことは出来るのですが・・・。画像は全部orihineffさんのカメラと同じ会社のコンデジで撮りました。三脚は持っていなかったので、全部手持ちです。
インレッド
2015/12/07 20:46
こんばんは。
寒い中有難うございました。三つ頭も今は厳しい寒さなんですね、それゆえに見える景色に胸を打たれます。富士山はやっぱり眺めるのが最高ですね。権現岳に行けるのは絶好の日だけのように感じました。
夢創歩
2015/12/07 21:46
こんばんは
美しい樹氷の向こうに富士山がくっきりと見えて、素晴らしい景色ですね。
茜色に染まっていく富士山にもうっとりします。
いつも素晴らしい画像に感心しています。 (^_^)v

やまびこ
2015/12/08 18:39
インレッド様、再訪です。すっかり八ヶ岳も白さがなくなってしまいましたよ。
霧氷みたいな現象は、前日が悪い天気にならないと期待ができないのですね。
ところで、天気が続いた今ならどんな山がお勧めですか?
希望は北アルプスが眺められるところなんですが。
現在の候補、福地・三峰・車山。ロープウェイで西穂の手前まで等。妄想中。笑
るたん
2015/12/08 18:51
夢創歩さん、今晩は。
ここは前三ツ頭と三ツ頭の鞍部はいつも冷たい風が吹く所です。それでも展望は良所です。雪の状態では案外簡単に行くことも出来ますが、天気次第です。三ツ頭からの赤岳もなかなか良い景色です。是非登って見てください。
インレッド
2015/12/08 19:54
やまびこ さん、今晩は。
厳しい気象の時は眺めも素晴らしい景色になりますね。三脚を持ってくれば、星空の素晴らしい眺めも撮れたのですが、残念でした。
インレッド
2015/12/08 19:57
るたん さん、今晩は。
北アルプスの眺めですか、一番は美ヶ原だと思います。王ヶ鼻からの北アルプスは素晴らしい景色です。八島湿原の所からの鷲ヶ峰も良いですよ。三才山トンネルの下から登る戸谷峰も人はあまり居ませんが良い眺めです。大町市付近の鍬ノ峰も針ノ木あたりの眺め良く、簡単な山では聖山からの北アルプスも良い眺めです。
インレッド
2015/12/08 20:06
こんにちは♪

あっ、霧氷ですね!
いつ頃だったか前の記事でモンスターのような霧氷を
見せてもらったの憶えています。
上から降りてきた青年、
若かりし頃のインレッドさんだったのでは^^
今も充分、若いです(笑)

山頂からの夜空も眺めてみたいし
富士山の夕陽も見てみたい。
いつか・・・

クラシックを聴きながら黙々と登られる姿が
浮かんで来ました♪
とわ
2015/12/10 08:35
とわ さん、お早うございます。
霧氷の時期は好きなので冬は良く見に行きます。
今回クラシックは聞きながら登った訳ではありません。周りの状況からこんな時はBGMとしてこんな曲が流れていればよいなー と思いつつつ登っていました。
インレッド
2015/12/10 09:20
こんばんは。
積雪期の八ヶ岳は素晴らしい眺望ですね。
クラシックを聴きながら登るのだと、この曲では身も心も凍えてしまうのではないかと余計な心配をしてしまいました。聞くのでしたら心温まる曲が良いと思います。茜色の富士も見事です!
カスミッシモ
2015/12/10 20:24
カスミッシモさん、今晩は。
聞きながら登った訳ではありません。この状態ならこの曲が良いかなー と思いながら登っていました。その為寒い所ならばBGMとしてこの曲かなと思っていましたが、。>身も心も凍りそう・・・と感じたようなら 合っていたようですべ。
インレッド
2015/12/10 20:37
こんばんは。
今年は気温の温度差が激しくこの様な霧氷をを
撮るのに苦労しますね。
しかし、素晴らしい霧氷と赤富士の写真が撮れましたね。
一度は撮って来たい写真ですがチャンスがありまあせん。
イヤー!羨ましいです。
tomo
2015/12/12 21:38
tomoさん、始めまして、
コメント有難うございます。
南牧にお住まいのようですね、磐戸や砥沢あたりにも良く行きますが、好きな所です。
今回はコンデジで手持ちですので、たいした画像ではありませんが まあコンデジならば良い方かなー?? なんて思っています。
インレッド
2015/12/13 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
霧氷の三ツ頭山より富士山  2015/12/5日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる