インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 爺ヶ岳で展望を楽しむ  2016/6/11日。

<<   作成日時 : 2016/06/12 14:53   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 30

北アルプスには、ここの処しばらくご無沙汰していました。久し振りに北アルプスの空気を吸って見たいと思い、先週開通したばかりの柏原新道を登り爺ヶ岳に行って来ました。

     爺ヶ岳直下より劔岳
画像


登山口前の駐車場に前夜泊、早朝の6時に登り始めました。朝の空気はピリッとしていて、少し冷たい空気でしたが、眠気が一気に覚め、樹林の間から朝日を受けて輝く尾根を眺めながら、今日は梅雨の晴れ間の良い登山日和になりそうでした。

     登り始め
画像


画像


画像


扇沢の激流の沢音やエゾハルゼミの最期の鳴き声を聞きながら登り、まだ喧騒の前の静かな扇沢バスターミナルを眼下に眺め、左前方には新越乗越の尾根が見えて来ました。

画像


画像


画像


遥か前方に種池小屋の建つ稜線が、真っ青な空の下、メルヘンチックに見えて来ました。

     右上部 雪渓の左に種池小屋
画像


     左に蓮華岳・中央少し右に針ノ木岳・スバリ岳
画像


画像


この柏原新道は6月2・3日に小屋の方が上部の雪渓を切り開き、いつもより少し早く開通しました、新越山荘は7月にならないと営業はしていないようです。今日は種池小屋や冷池山荘に泊まり、翌日に鹿島槍方面に登るらしい方が少し登っていましたが、天気の良い土曜日の割にはまだ少ない登山者でした。

画像


     蓮華岳
画像


     蓮華・針ノ木
画像


この時期に以前にも2度ほど登ったことがあります。その内の一度は、種池小屋手前の急斜面の雪渓で12本爪のアイゼンを履いてピッケルを持っていても、腐ったグズグズの雪には効き目が無く、滑落しそうだったので、途中で敗退したことがあります。今日もピッケルに12本爪は背負っていますが・・・

     その雪渓
画像


今年は異例の少雪でしたので、雪渓も小さく(いつもの年なら少なくてもこの倍くらいの大きさです)アイゼンを履かなくても大丈夫でした。

     上部
画像


      下部
画像


その雪渓を過ぎると種池小屋も近くになります。

     見えてきた種池小屋
画像


    小屋付近より蓮華・・針ノ木
画像


     立山の雄山方面
画像


小屋前のベンチに座り蓮華・針ノ木・立山を眺めてバナナを食べて、爺ヶ岳へ向かいました。

     爺ヶ岳方面
画像


やっぱり北アルプスは雄大でいいなー
空気も少し冷たくて
清涼飲料水のように
甘くて爽やかで・・・

      爺ヶ岳への途中より種池小屋と立山・劔方面
画像


画像


     鹿島槍方面
画像


     劔の大窓・小窓に劔沢
画像



霧が麓から湧いてきました
青空も良い
雲も青空の中にあって良い
山には霧も似合っている
その雲になって
想い出の劔に
飛んで行ってしまおうか!!

画像


画像


画像


画像


画像


爺ヶ岳南峰が近くになって来ました。冷池山荘方面に行く方がたまに通りますが、山頂直下をトラバースして行くため、爺ヶ岳南峰には寄って行きません、山頂にはポツリと置き忘れられたタオルがあるだけの静かな山頂で昼食にして下山しました。

画像


      爺ヶ岳南峰山頂2670m
画像


画像


今日は久々に足が笑ってしまい、ガクガクになりながらの下山でした、まあそれでもこの歳でこの山に日帰り登山が出来るのは、多少は自慢しても良いかなー??。

画像


https://youtu.be/MBMXZuFLkhg   (信濃恋歌)

  ♪♪爺ヶ岳降りればよー
     蓮華が見えるよー
     思い出すのはよー
     あの子のエクボだよー

     はるか連山に
     雪煙上がればよー
     思い出すのはよー
     信濃恋歌だよー
 
                  なんて歌いながら やっと下山しました。

      以前に途中敗退した赤谷山方面
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
インレッドさん こんにちわ 
北アルプスの残雪と新緑に輝く山々を見せて頂きまして
食い入るように見ました。素晴らしいです!
私も登りたいです。でももう筋力がなくて登れません。
16年前に八方尾根から上がり唐松、五竜、鹿島槍ヶ岳と
山中2泊で縦走し柏原新道に下山しました。
バス電車を乗り継ぎ白馬駅に。もう夢のゆめです。
インレッドさんのブログを楽しみにしています。

2016/06/12 16:49
日帰りで爺が岳とは健脚ですね。
今年は雪が少なくて花が咲くのも早いですね。
北アの緑も濃くなってきましたね。
何年か前に4月下旬に冬道ルートで爺まで日帰りで行った事があります。
最近は体力が落ちてきて...。

私もそろそろアルプスに入りたいです。
chiaki
2016/06/12 18:48
北アルプスの爺ヶ岳へ
かなりきつい登山のようですね!?
それにしても・・・やはりアルプスの山々は雄大で素敵ですね〜!
私もいつかは・・・と思っていましたが、肉離れ後、2週間半の今日、戦場ヶ原〜小田城ヶ原〜千手が浜へ歩いたら、ちょっと違和感が出て来て、帰りは低公害バスに乗る始末でした!
そういえばしばらく前から表題背景が・・・千手が浜のクリンソウでしょうか?
宮星
2016/06/12 18:51
夢さん、お早うございます。
夢さんが 夢のようだ ですか??。まだまだ泊まりながら刻んで行けば大丈夫ですよ。ここなら種池に泊まって、冷池山荘に泊まって鹿島槍なら大丈夫では・・・。だんだん夢は少なくなってしまいますが、いつまでも若く元気でいるには、多少でも夢は持っていたいですね。
インレッド
2016/06/13 06:45
chiakiさん、お早うございます。
残雪時に登っていましたか。次回は南尾根からゴールデンウイークの頃にでも登って見見ようかなと思って居ますが、果たしてどこまで行けるか・・・、それでも上の稜線に出るだけでも良いかな と思っています。
インレッド
2016/06/13 06:49
宮星さん、おはようございます。
まだ足の具合は良くありませんか、お大事にしてください。
今のトップの画像は千手ヶ浜のクリンソウです。ここは良く竜頭ノ滝付近に車を置いて行きました。。この時期は途中にシロヤシオやミツバツツジなども割いていて良い所ですね。
インレッド
2016/06/13 06:53
インレッドさんの足は私たちの足とは違うようですね。
日帰りでは絶対に無理です。
私は両方の小屋に泊りましたよ。京都から出かけけると出発が遅くなってしまいます。朝一なら一泊で済んだかもしれませんね。
日帰りできるならもう一度行ってみたい山ですね。
さえ
2016/06/13 09:17
こんにちは。
素晴らしいですね、やっぱりアルプスは1味も2味も違いますね。
アイゼンもつけずに行けたんですね、山荘の人が雪渓をカットして道を作ってくれるのですか?
日帰りなんて思いもしませでした。やっぱり元気さが違います、私など武尊の剣ヶ峰山からの下り位で家についたら足の裏が痛くて、アキレス腱も最近文句を言っています。
夢創歩
2016/06/13 17:44
大いに自慢してください。(^^)
爺ヶ岳を日帰りしてしまうんだから。
アルプスはやっぱり泊まりがいいなぁ。(笑)
nousagi
2016/06/13 19:28
この山に日帰り登山が出来るなんてやっぱり凄い
です。私は種池小屋に着いただけでも もう疲れ
てしまいました。
hana
2016/06/13 19:47
こんばんは。
爺が岳から眺める立山・剱は凛々しいですね。山に登って良かったと思える気分になります。
爺が岳はライチョウがたくさん居ると思いますが、今はどうしているのでしょう。
カスミッシモ
2016/06/13 19:50
さえ さん、今晩は。
以前の夏に冷池山荘に泊まったことがあるんですが、1畳に3人で寝るようなしまつで凝りました。そんなくらいならば、きつくても日帰りでやって家に帰ってゆっくり寝た方が良いなー と思いました。もう少し歳をとったら泊まりで刻みながらゆっくりと登れば、まだこの山には登れそうです。
インレッド
2016/06/13 19:53
やっぱりアルプスは大きいですね♪
気分揚々と信濃恋歌を口ずさんでの下山。
思わずこちらも良い気分にさせていただきました(^.^)
まな
2016/06/13 19:56
夢創歩さん、今晩は。
この時期に爺ヶ岳には何度か登った事があるのですが、今までで一番雪は少なくて、あの雪渓も楽に通ることが出来、アイゼンもピッケルも荷物になっただけでした。来年は隣の尾根を登って行って見ようかと思っていますが・・・。
インレッド
2016/06/13 19:58
nousagiさん、今晩は。
ここの冷池山荘には以前に泊まったことがあるのですが、夏の土日は1畳に3人で寝るような状態になります。暑くてきつくてとても眠れません、そんなくらいならば少しはきつくても日帰りの方が家でゆっくり寝れるので良いかなーと思っています。皆さまのように毎日が日曜日の身分なら良いのですが・・・。
インレッド
2016/06/13 20:03
hanaさん、今晩は。
そうですね まだ何とか日帰り登山ができましたが、次回はもう無理かなー と思いました。そのようになったら泊まりで行こうと思います。
インレッド
2016/06/13 20:06
カスミッシモさん、今晩は。
そうですか、ここに雷鳥が居たんですか。ここではまだ見たことがありません。立山ではしょっちゅう見たのですが・・・。カスミッシモさんも如何ですか、ぜひ日帰りでやってみて下さい。
インレッド
2016/06/13 20:09
まな さん、今晩は。
ご無沙汰しています。
二王子には私も残雪の頃に1度だけ登った事があります。
日帰り登山がお得意の まな さんもぜひ如何ですかやって見て下さい、やはりアルプスは違いますよ。
インレッド
2016/06/13 22:01
 爺が岳まで日帰りでしたか!この行程は初秋に紅葉見物で種池テント泊で心の人とのんびり過ごしたことがあります。今年はこちらも残雪が少なめなんですね。この夏は種池テント場でのんびり涼をとりたくなってきました。
 6/11-12インレッドさんの記事に触発されて丹後山泊まりで出かけてきました。おかげでよい週末を過ごせました、有難うございます。
mikagemori
2016/06/13 23:05
mikagemoriさん、お早うございます。
丹後山方面にテン泊のザック背負ってですか、さすがに健脚ですね。
でも あの周辺の山々は良いですね。私のブログ友も同日 周回したようですよ!!。
インレッド
2016/06/14 09:08
爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳は、私のアルプスデビューの想い出の山です。
雄大なアルプスの素晴らしい景観にすっかり魅せられて、今も尚、山歩きを続けていられることに感謝あるのみです。
また、行ってみたくなりました。(ゆっくり小屋泊まりですが。。。)
インレッドさんの健脚すごい!ですね。
orihime
2016/06/14 10:07
今日は、お久し振りのコメントですがお元気で何よりですね。インレッドさんのブログ何時も拝見しています。色々と楽しませていただいたり、元気をもらったりしています。そして年を忘れて山へ行きたい気持ちになってくるのが不思議です。ボッチラぼっちらですが近くの山へ仲間に連れて行ってもらっています。写真見て文章を読んで、信濃恋歌でしびれてきます。
ローラー
2016/06/14 10:46
久し振りにこちらに来ましたか。今年は例の所で写真は撮って居ませんでしたので残念ながら会うことは出来ませんでしたが、来春南尾根にぜひどうぞお越下さい。
nori
2016/06/14 19:10
orihimeさん、今晩は。
ここは想い出の山でしたか、冷池山荘に泊まって鹿島槍に昔登ったことがあるのですが、その時は1畳に3人で寝るようなしまつで眠ることができず、それ以来小屋泊まりは止めて日帰りかテン泊にしました。日帰りでは少しきついですが、家に帰ってゆっくり眠れますのでその方が今は楽なような気がします。
インレッド
2016/06/14 19:17
ローラーさん、今晩は。
最近は体調は如何でしょうか??。
歩くことは体には大変良いと思います、これからもずーっと続けて下さい。
最近はデジブックが主力のようですね。私はグッドのメールが多すぎて面倒なので止めました。
インレッド
2016/06/14 19:28
noriさん、今晩は。
あそこに今年も居て写真を撮っているのかなー と思っていましたが居なかったようなのでどこか違う所で撮っているのかと思いました。この日は午前中は良い天気できっと良い写真が撮れたと思いますが・・・。
インレッド
2016/06/14 19:31
こんにちわ
日帰りで歩く爺ケ岳、充実感ありそうですねえ。
小屋どまりでのんびりもいいですが、ガンガン登るというのも魅力的です。
北アルプスはやはり素晴らしい山ですね。
いつか日帰りで歩きたいなあと参考にさせていもらいます。
体力だいじょうぶかなあと不安ですが(*_*;
私は最近ご無沙汰してるので、この夏は北アルプスを堪能したいと思ってます。
さてどこに行こうかと計画するのも楽しいですね。
kyou
2016/06/15 19:10
コメントありがとうございました。
blog確認しましたが、女性は私が小屋に到着した頃には、既に下山していたようです。
あの急登を泊まりのザックを担いで登るのは遠慮したいですね。。(^^ゞ

北アルプスは良いですね。
昇ってくるガスが神秘的な味わいをかもしだしてます。
アサレン
2016/06/15 20:44
kyouさん お早うございます。
kyouさんの脚力ならばなんの問題も無く日帰りは出来ますよ!!、ついでに群馬から自転車で扇沢まで行って登って、登って来たら如何でしょうか。それこそ勲章ものですよ。
インレッド
2016/06/16 09:16
アサレンさん、お早うございます。
会いませんでしたか。テン泊であのコースは私も遠慮したいです。中ノ岳の避難小屋もよい所に建っていますね。あそこからの夜景や朝の景色を眺めて見たい気がします。
インレッド
2016/06/16 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
爺ヶ岳で展望を楽しむ  2016/6/11日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる