インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の見納めと雪山始めとなった裏妙義紅葉谷 2016/11/26日。

<<   作成日時 : 2016/11/26 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 46

都合で例年より遅い紅葉谷なりましたが、例年恒例の裏妙義紅葉谷に今年もたくさんのブロガーさんや仲間が集まりました。紅葉には少し遅いかも知れませんが、その代わり雪と紅葉が同時に見られるのは、何度も登っていますが初めての事でした。

     今年の紅葉谷の紅葉
画像


     今日集まったブロガーさんと、山仲間たち
画像


関東地方では、二日前に降った雪は観測以来11月では初めての積雪になったようです。裏妙義国民宿舎までの道路も所々白く積もっていて、もう紅葉は散ってしまったのでは と心配しながら登りました。

    歩き始め
画像


     どなたかのお蔭で一層明るくなりました
画像


     雪山登山のような・・・
画像


画像


画像


遠くから来た方も居ますので、紅葉谷の紅葉がすでに散ってしまったら、本当に申し訳ないと思いつつ、雪の残る道を登りました。

画像


画像


画像


画像


紅葉谷も近くになってきましたが、雪が登山道に残っています。

画像


紅葉谷に入りました、まだ紅葉は残っていてくれました。

画像


画像


この辺りはいつもと同じくらいの、良い色がまだ残っていました。

画像


紅葉と雪が同時に見られるのは、この山では初めてのことです。

画像


画像


画像


画像


数十年もこの山に登っていれば、ここ紅葉谷の想い出もたくさんあります。富岡の二組の夫婦を連れて来たころの、本当に覆いかぶさるような、真っ赤に燃える紅葉・・・


画像


画像


この道でたった一人の女性しか会わなかった頃、あまりの美しさに驚くその女性に写真を撮って送ってあげたら、駅前で料理屋さんをやっていて、たくさんご馳走になったこともありました。

画像


画像


そして私がボロボロ涙を流して見た映画のこと・・・

画像


その映画は、横山秀夫の小説「半落ち」で、寺尾 聡主演の映画です。横山秀夫は群馬の上毛新聞社の記者をやっていたため、クライマーズハイ始め群馬を舞台にした小説をたくさん書いています。

画像


w県の教育課警部の梶はアルツハイマー病で苦しむ女房の首を絞めて殺し、自首しました。警察官が妻を殺すと言う大事件に世間は大騒ぎになります。その梶は13歳の息子を骨髄性白血病で無くしていました。もし適合するドナーが現れれば助かった命です。

画像


その息子の命日に夫婦で墓参りに行ったのですが、アルツハイマーの妻は、すぐにそのことを忘れ「墓参りに行く」と言い出しました。梶は「今行って来たばかりだ」と言うと、妻はまだ「息子の想い出が少しでも残っているうちに私を殺してください」と半狂乱になります。

画像


妻は自分の首に梶の手をあてました。不憫に思った梶は妻の首を絞めて殺し、その二日後に警察に出頭します。犯行を全て自白したら、半落ちでは無く全落ちなのですが、出頭するまでの二日間を一切喋りませんでした。その二日間がこの小説の重要な所です。

画像


そのころ新聞の投書欄に「命を有難う…」と言う投書が載りました。新宿の歌舞伎町の小さなラーメン屋で働く少年が、あるドナー登録された人から骨髄を移植されてその少年は助かったようです。その投書を偶然に読んだ梶は自分の骨髄をあげた方だとすぐに解りました。

画像


自首する前に歌舞伎町でそのラーメン屋を探しあて、その少年に会い、自分の息子を想い出しました。その後自首した訳です。しかしその少年に会ったことは一切黙秘続けました。その少年が犯罪者の血を貰ったと解れば生涯苦しむだろと思ったからです。梶は本当は自殺するつもりでしたが、その少年の働く姿を見て、もう一人自分の骨髄を分けて助けようと思い自殺を思い止まりました.

画像


骨髄のドナー登録は50歳の誕生日まで登録が出来ますが、51歳になれば登録が出来ない規則になっていて、彼は51歳になったら死のうと思って居ました。
骨髄を移植した少年が警察官に連れられて密かに刑務所に会いに来て面会しました、少年が「命を有難う・・」と言っても梶はただ下を向いて ちがうと首を横に振るだけでしたが、少年が突然 「お父さん・・・私には二人のお父さんがいます、本当の父親と骨髄をくれた貴方です。今度世界で一番美味しいラーメンを作りますから是非会いに来てください」と言うとさすがに梶の肩が震えて涙が落ちるばかりでした。

画像


その小説や映画は、ご覧になった方もたくさん居ると思います、面会する場面がちょっと小説と違いましたが、映画の最後のシーンは、息子と妻と楽しそうに紅葉の下を歩くシーンで終わりになります。

私はその最後の回想シーンで涙がこぼれ落ちました。そのシーンが実はこの紅葉谷のここなのです。


     映画の最後のシーンは、家族で楽しそうに歩く紅葉のここの場所の映像で終わります
画像


      紅葉谷の紅葉もなんとか今年も綺麗でした
画像


まだ首にコルセットをしていますから、今日はここまでで下山しようと思いましたが、女道の紅葉も気になり、結局女道へと行くことにしました。

     雪の三方境
画像


     浅間颪が冷たい尾根になりました
画像


     雪山登山になって来ました
画像


     女坂を降ります
画像


画像


画像


          雪と紅葉となかなか見られない景色になって来ました。
画像


画像


画像


      景色に見とれて・・・
画像


女道の紅葉もこの辺りは、まだ何とか綺麗でした
画像


画像


この辺りで雪と紅葉を眺め食事タイム、たくさんの御馳走を皆様に戴き、満腹になりました。

画像


画像


さあ谷急沢に降ります。普段でも滑る沢に雪があれば慎重に降りなければ・・・。

画像


画像


画像


     最後は私を入れて6人になりましたが、無事下山できました、お疲れ様でした。
画像


今年も賑やかな紅葉谷オフ会になりました。いつもの年より遅い紅葉谷になりましたが、まあ良くこんなに皆さんが集まったものだと感心しました。皆々様本当にありがとうございました

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はお世話になりました。
最後までご一緒してくださり、本当にありがとうございました。
ご無理をさせてしまったかな?と思っていました。
イメージと違ってとても優しいインレッドさん、お会いできて嬉しかったです。
雪と紅葉、めったに見られない景色を、皆さんと一緒に見られて、良い思い出になりました。
本当にありがとうございました。
chiaki
2016/11/27 08:43
「半落ち」は読みました。私も涙した口です。映画は見ていないので、見てみます。
さぞや、この紅葉谷が美しく映っていることでしょう。
比良山系の武奈ヶ岳にも西側に紅葉谷がありますが、そこもまた美しく…
この名前を関するところは、その名に恥じない美しさがあるんでしょうかね。
紅葉から落葉も植物の生存戦略の一つにすぎないのですが、そこに物語や自分史を重ね見ることができる人が ‟美しい”のかも知れません。
本読みと山歩き
2016/11/27 08:54
昨日はお元気な姿でお逢いでき本当にうれしかったです!
紅葉谷でみんなして心配しながらお待ちしていましたが、やはり女道を廻られていたのですね! ご無事に皆さんで周回されて良かったですね。
「半落ち」の横山さんは好きな作家ですが、この場所とつながって涙しながら読ませていただきました。 綺麗な紅葉もさることながら「半落ち」の映画見なくては(笑) 読んだら映画は見ないタイプでしたが、ここは別かも!
素敵なお話をインレッドさんの記事拝見しながら心に染み入る場所となりました。
素敵な思い出の場所となり本当にありがとうございました!
みちほ
2016/11/27 10:49
たくさんのお仲間が集まりましたね〜
紅葉も綺麗に残っていて良かったです。
華やかなお顔ぶれに紅葉谷のもみじも負けてはいけない!
とあわてて輝きを増したのかもしれませんね〜
女道を無事に下山されたようですので首の様子もだいぶよろしいのかと安心しました。
来年こそは紅葉谷でお合いしたいと思います。
mikko
2016/11/27 11:16
恒例になったインレッドファミリーの裏妙義紅葉谷ツアーに参加できありがとうございました。
chiakiさんにも会うことが出来ました。もっと驚いたのはその山友のヤマ猫さんとは、飯豊の朳差の山小屋でご一緒させて頂た方でした。その時もインレッドさんの話をした様に思います。
今回も涙してブログを読ませていただきました。
写真もいつもながら綺麗ですね。
そろそろ首輪も取れて雪山を楽しみましょう。
連絡を待っています。

てるてる坊主
2016/11/27 11:25
昨日はお世話様でした。
綺麗な紅葉が残っていて良かったですね。
「半落ち」の映画は私も観ましたよ。紅葉のシーンは裏妙義だったのですか?
本当にいろんな事をよくご存知ですね。
私達は紅葉谷のピストンでしたが 帰りは陽の加減でしょうか?
目線が違うからか紅葉が一層綺麗でしたよ。
はらっぱ
2016/11/27 13:21
昨日はお世話になりました。
 女道一周でしたね。私たちが一番遅かったようです。奇麗なもみじが残っていて良い山歩きが出来ました。
まきまき
2016/11/27 13:33
こんにちは。昨日はお世話になりありがとうございました。
元気な様子で安心しました、すぐに雪山を楽しみ、また分けて頂けると楽しみにしています。
雪で少なくなっていましたが、雪と紅葉のコラボ、やっぱりもみじ谷は賑やかがいいですね。
半落ちはテレビで見た覚えがあったのですが、読むまで思い出せませんでした、随分考えさせる映画でした。ラストシーンがもみじ谷だったとは知る由も有りませんでした。
夢創歩
2016/11/27 13:46
chiakiさん、今日は。
お世話になりました。紅葉はちょっと遅かったようです、それでもこの時期にしてはまずまずだったと思います。少し歩き足りなかったと思いますが、次回は谷急山までならば登り甲斐があると思いますので是非どうぞ。
インレッド
2016/11/27 13:49
本読み さん、今日は。
半落ち の最終場面がこの紅葉谷です。「紅葉谷」は私が勝手に付けた名前ですが、最近は殆どのブロガーさんが「紅葉谷」とここを呼んでいてすっかりメジャーになってしまいました。嬉しいような 悲しいような複雑な気分です。
インレッド
2016/11/27 13:54
みちほ さん、今日は。
遠路帰宅したばかりで、お疲れだと思いますが、大変お世話になりました。是非映画を見て下さい、きっと涙でじいっと見られなくなることと思います。もう10年以上も前の映画ですが、監督は良くここを知っていたなー と感心しています。
インレッド
2016/11/27 14:01
mikkoさん、
これからはmikkoさんの追っかけになりますから、よろしくお願いいたします。
ここにmikkoさんのような都会的な女性に来てもらえれば、田舎の登山者は皆大喜びだと思います、来年もぜひお越しください。
インレッド
2016/11/27 14:05
てるてる坊主 さん、今日は。
お孫さんは一段と可愛くなりましたね。
周回で帰って来たらまだ車がありましたが、どちらへ・・・。
首輪は明日精密検査がありそれで解除されるかどうか決まると思います、調子は良いのでたぶん大丈夫だと思うのですが。
インレッド
2016/11/27 14:15
はらっぱ さん、今日は。
女道もつい気になり無理をして行ってしまいました。ちょっと遅い感じでしたが、あまり見られない紅葉と雪の風景が良かったです。それでも沢は大変滑りやすく、慎重に歩きました。
インレッド
2016/11/27 14:18
まきまき さん、今日は。
やっぱり女道を行ったのですか、帰ったらまだ車があったので、どこへ行ったのかなと思っていました。沢は滑りやすかったですが大丈夫でしたか。
インレッド
2016/11/27 14:21
夢創歩 さん、今日は。
お世話になりました。また大変ご馳走様でした。
今回は紅葉はちょっと遅めでしたが、良く3回もここに来ましたね。青いころの葉と真っ赤な葉と、そして雪と紅葉も楽しまれ、充分にここを堪能しましたね。
インレッド
2016/11/27 14:25
昨日はお世話になりました。
HPの掲示板にわざわざコメントをいただき
ありがとうございます。
俗っぽい方なのでHPも内容がありませんが、
夫婦合わせると出かける回数だけは多いので
リハビリ中限定の情報源にはなるかもしれません。
今後ともよろしくお願いします。

ところで、
HPにリンクを貼らせていただいても構わないでしょうか。
石塚
2016/11/27 15:40
石塚 さん、今晩は。
昨日は大変有難うございました。
リハビリ中限定ですか、これからはずーっと楽な登山になりそうですから、あり難く参考にさせて戴きます。
リンクの件は了解しました、宜しくお願い致します。
インレッド
2016/11/27 20:00
沢山の方が集まっての賑やかな紅葉谷、インレッドさんのお力は凄いです。
願ってもなかなか見ることの出来ない雪と紅葉のコラボ、ラッキーなオフ会を皆さん楽しまれたようで良かったですね。
女道まで歩かれたとのこと、大分回復されたようで安心致しました。
来年の紅葉谷はお会いしたいと願っております。
orihime
2016/11/27 20:48
こんばんは
おやまぁ〜 何と賑やかでブロガーの集いではなく、山の会の恒例山行のようでしたね♪〜
雪山と紅葉三昧だとは、羨ましい程の風景が飛び込んで来て、心配していたモミジの落葉も少なく良かったですね♪〜
年に一度の顔合わせは、年々参加者が増え、駐車場が満杯になる年が来るかも・・・。
リッキー
2016/11/27 20:56
今年も紅葉谷はにぎやかっだたようですね。私の友達も紅葉谷に行ったようですが、「紅葉谷」インレッドさんの命名でしたか。その友達も「紅葉谷」と言っていました。有名になったようですね。映画は見ましたよ、あの場面がここでしたか。
nori
2016/11/27 21:06
昨日は大変お世話になりました
紅葉と雪のコラボに大満足でした。
初めてお会いする方やまたお会いできた方々
素敵な一日となりました、ありがとうございました
kazu
2016/11/27 21:50
ありがとうございます。
早速、リンクさせていただきました。
石塚
2016/11/28 10:02
先日はどうもありがとうございました。紅葉間に合って良かったです。歩きながらの本のお話とても面白かったです。一冊題名を失念しました、何だったっけ・・・とアルツ状態ですが^^;(明るく照らす方を拘置させないようしなきゃ・・^^;)、『半落ち』読んでみようと思います。いろいろと本のお話も伺えて楽しかったです。
女道もまだきれいな紅葉が残っていましたね。無事に下りられたようで安心しました。コルセットもお役御免になるといいですね。
今年は雪と紅葉と珍しいコラボで良い思い出になりました。鬼が笑いますが来年も又楽しみにしています(^^♪
sanae
2016/11/28 10:58
orihimeさん、今日は。
少し遅かったですが、雪と紅葉と一緒に見られるのも中々無いことなので、それはそれで良かったと思います。毎年紅葉の見納めの山としては最高の所だと思います。次からは雪山になりますが、今年いっぱいはコルセットをしなければならないようで、まだ楽な登山が続きます。
インレッド
2016/11/28 14:07
リッキーさん、今日は。
こちらでは珍しく11月に雪が積もりました。滅多に見られない紅葉と雪の景色を見られて、案外良い想い出になりました。最近の気候はおかしいですね。
来年はこちらまで遠征してください。
インレッド
2016/11/28 14:10
noriさん、今日は。
そちらの方も「紅葉谷」と言っていましたか、もう全国に知れ渡ったようです。
noriさんも、写真でも撮りにぜひお越しください。
インレッド
2016/11/28 14:13
kazuさん、今日は。
なんとか紅葉を見られて良かったですね。今日 精密検査に病院に行きました。本当はもうすっかり良くなったようなので、コルセットを外しても良い と医師に言われるかと思ったら、良くはなっているようですが、まだ今年いっぱいは装着していなければならないようで、これからも安近短の山になりそうです。
インレッド
2016/11/28 14:23
石塚 さん、今日は。
早速リンクを貼っていただき有難うございます。
これからも宜しくお願い致します。
インレッド
2016/11/28 14:25
sanaeさん、今日は。
アルツハイマーになっちゃいましたか、まあ お宅は明るく照らしてくれる方が居ますから、安心して生きて行けそうです。今回も真っ直ぐに帰らずあちこちと寄り道だったようで・・・。
本の名は「羊と鋼の森」宮下奈津で、ピアノの調律師の物語です。
一流の調律師 板鳥さんに「どんな音を目指していますか」と尋ねるシーンがあります、板鳥さんは有名な小説家の文章で答えます「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」文体を音や人に変えたら私にも参考になります。
インレッド
2016/11/28 14:32
雪、だいぶ残ってましたね。
でも、赤と白のおめでたいコラボでよかった。
インレッドさんの快復も早くなりますね。(^^)
恒例の山行が続いているのは嬉しいことですね。
下手をしたら、今年はインレッドさん抜きだったかも。
気を付けてくださいませ。(笑)
nousagi
2016/11/28 17:55
綺麗な紅葉と、映画のお話と皆さんの元気な笑顔とインレッドさんのご無事を確認してありがとうです。雪道の沢、少し心配でした。
さえ
2016/11/28 18:11
こんにちわ
沢山の方が集まって賑やかな紅葉ハイキングだったようですね。
もしかしてこの日インレッドさんに会えるかもと思って、計画してたんですが…
腰を痛めて泣く泣くあきらめた次第です。
紅葉と真っ白な雪…いやあ、見てみたかったです。
kyou
2016/11/28 18:52
nousagiさん、今晩は。
やっぱりこんな遅くでもここは「期待を裏切らない」でしょー。
そろそろ来年は皆さま勝手に行くかも知れませんが、それもまた良いと思っています。今日 精密検査をして来ましたが、だいぶ良くなっているようですが、まだ完全にくっついては居ないので、コルセットは今年いっぱいは外せないようです。
インレッド
2016/11/28 19:29
さえ さん、今晩は。
今年はこちらには来られませんでしたか、紅葉は相変わらず良かったですよ。
そちらもすっかり雪景色ですね、首の骨が良ければ西岳や三頭あたりに行きたいところです。
インレッド
2016/11/28 19:32
kyouさん、今晩は。
不死身のkyouさんでも腰を痛めていたのですか。
   絶対に治る秘訣を教えます
夜寝るときに仰向けには寝ず、右を下にして寝たり、左を下にして寝たりして横向きに何度か寝返りをして寝て下さい、すぐに治ります。

 来年ここで会いましょう!!。
インレッド
2016/11/28 19:37
みなさんとの記念写真の中に一目でわかるインレッドさんの姿! お元気そうなので、一安心しました。
紅葉に間に合ってよかったですね、賑やかな声も聞こえてきましたよ♪  お正月はコルセットも取れて迎えられそうですね。大事に至らず本当に良かったです。
pallet
2016/11/29 10:32
こんばんは。
やっぱり積雪だったのですね。紅葉は葉が落ちずに見事です!
26日は箱根を歩く予定でしたが、環境保全区域が多いので中止しました。
「羊と鋼の森」は図書館で借りようと思ったら一番人気で270人待ちでした。1年待ち?ですかね。
カスミッシモ
2016/11/29 17:52
palletさん、今晩は。
ご心配をお掛けしています、今は痛くは無く、ちょっと首が回り難いだけです、本当は月曜日の診察で、もうコルセットはしなくても良いよ、と言われると思って居たのですが、やっぱり今年いっぱいは、やっていなければならないようです。
正月になったらガンガンと登ろうかなー????。
インレッド
2016/11/29 20:52
カスミッシモさん、今晩は。
ここでこの時期に紅葉と雪を見るのは始めてでした、なかなか良いふうけいでしたよ。

ピアノ律師の物語の 羊と鋼の森 はピアノ曲の好きな方には特に面白い本だと思います。ピアノやヴァイオリンの曲は私も大好きなのですぐ買って読みました。
インレッド
2016/11/29 20:59
会えずに残念でした!レポで首元を囲われたインレッド様のお姿確認でき、
心配ではありますが、笑顔も感じられ、回復の様子に安心しました。
あの沢あたりは足元を見るのも大変ではなかったですか?無理しないでくださいね。
映画の話、本の話、いつかまた静かな山で遭遇して伺いたいものです。
貴重な雪と紅葉のコラボ、インレッド様のお姿、よく楽しませていただきましたよ。
半落ちの撮影があったんですね…なるほど…
るたん
2016/11/30 00:51
うたん さん、今晩は。
お忙しいようですね。
もう首は借金で回らないかと思ったら、すっかり良くなってきたのですが、今年いっぱいは念のため首輪を装着していなければならないようです。
そろそろ雪山の季節ですね、また三峰のでも行ってアルプスや富士を眺めて下さい。
インレッド
2016/11/30 17:44
<紅葉谷>というだけあって、素晴らしい紅葉の世界ですね!
「半落ち」は小説も映画も見た事はありませんが、シルバー大で介護や認知症の問題も勉強しているところで、いろいろ考えさせられることが多いです。
おぉ!今年はchiakiさんも参加されたんですね!
宮星
2016/11/30 20:57
宮星 さん、お早うございます。
半落ち はなかなか面白い小説です、映画も良いですから是非見て下さい。

今回はchiakiさんも始めて紅葉谷のオフ会に同行しました、楽しまれたようで、良かったです。
インレッド
2016/12/01 09:05
インレッドさん こんわんは20年ぶりに風邪を引いてしまい
ました。(21年10月霙から雪餓鬼岳で2百名山完登翌日は
晴天、それでも風邪引かなかったのに…)22年鍬崎山にて
3百名山完登晴天でした。
紅葉谷の紅葉と雪、素晴らしいですね。画面を見ているだけで
歩いた気分になり癒されます。これからも宜しくお願いいたし
ます。

2016/12/01 16:09
夢さん、今晩は。
200も300も完登ですか凄いですね。
ここも200や100に負けないくらいの良い山ですから
機会がありましたら、登ってください。
インレッド
2016/12/01 20:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉の見納めと雪山始めとなった裏妙義紅葉谷 2016/11/26日。 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる