穴地獄から芳ヶ平  2015/6/20日。

草津白根山の麓に芳ヶ平の湿原があります。ナナカマドの紅葉や夏のワタスゲ・秋のリンドウなど美しい湿原で、きっと貴方も歩いたことがあると思います。さらにその麓の方には、あまり歩かれていない、大平湿原や大池・平兵衛池・水池などがあり、珍しいチャツボミゴケのある穴地獄があります。それらの湿地帯が今回ラムサール条約の登録湿地になりました。今日はあまり天気が良くないようですが、それらの湿地帯を見て来ようと思います。

     ワタスゲ咲く今日の芳ヶ平
画像


芳ヶ平は渋峠や白根山の逢ノ峰あたりから何度か歩いたことはありますが、そのさらに麓の大平湿原や・大池・平兵衛池・水池・穴地獄は今回が始めてです。今日はチャツボミゴケ公園から歩き始めました。

    歩き始め
画像


滝の下にビロードのような苔が見えますが、その苔がチャツボミゴケです。

画像

     
画像


チャツボミゴケは強酸性の水中で生育する珍しい苔です。鉱山跡や温泉などで少しは生育しているようですが、この穴地獄ほどの大群生は世界でも珍しい所です。

画像


画像


ここを穴地獄と呼んでいるのは、昔は深い穴になっていて、おまけに強酸性の鉱泉が湧き出しています。動物や小鳥がうっかり中に入れば溶かされて骨になり、再び這い上がることができません。そのため「穴地獄」と名付けられたようです。どんな具合なのか、ちょこっと小指を入れて見たら、生温かい水でしたが、ピッリッと痛みが走り、その内皮膚が溶け出して、私の小指の骨が見えて来ました!!!。

画像


画像


小指の骨が・・・なんて真っ赤な嘘ですが、動物や鳥が出られなくなったと言うことは、昔はあったようです。やはり硫黄の臭いが漂う湿原でした。

     次に水池へと向かいました。
画像


画像


     水池への分岐
画像


モリアオガエルの生育するこの水池には、そのカエルの鳴き声とハルゼミの声が木霊して、碧の樹影を映した池は神秘的で、秋の紅葉の頃も見て見たいと思う池でした。

     水池
画像


次に大池へと向かいます。

画像


秋の紅葉も、きっと美しいだろうと思われる道でした。

画像


すっかり曇って来て、周りの山々が見えませんが、晴れていればそれらの山を映して、美しい池のようです。

     大池
画像


画像


 山がまた 私を招く
   新緑の山  想い出の山

 道しるべ 一人たどれば
   流れ来る 霧も懐かし

画像


龍神伝説のある平兵衛池に着きました、そのためか、ここも神秘的な池でした。

     平兵衛池
画像


八石山の手前で少し視界が明けて草津温泉街が見えました。

画像


     八石山
画像


次に大平湿原に向かいます

画像


もう少し早ければミズバショウも見られたようですが、今はズミの花が少し咲いているだけで、他には何もありませんでした。

     大平湿原
画像


   山を越え ヤッホーと叫ぶ
      コダマする谷 はるかなる峰

   道しるべ なおも辿れば
      青春の 夢も儚く・・・

画像


画像


画像


画像


登り一辺倒でやっと芳ヶ平ヒュッテに着きました。ここでコーヒーを飲み、良い音楽を聴いた想い出もあります。

画像


     芳ヶ平
画像


画像


チャツボミ公園には午後の4時半までに戻らないとゲートが閉まってしまいます。渋峠付近までは行きたいと思ったのですが、4時半までには戻れそうにないので、ちょこと湿原を歩いて帰えることにしました。

画像


ラムサール条約とは貴重な湿地や水鳥の保護、そしてその保全・再生、賢明な利用と学習などを目的に、イランのラムサールで開催されたのを機に名付けられました。

画像


関東では尾瀬・奥日光・渡良瀬遊水地・谷津干潟があり、今回この芳ヶ平からチャツボミゴケのある穴地獄までの湿地群が新しく登録されました。

画像


画像


    今日の軌跡(地図は約5万/1)
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2015年06月21日 15:23
インレッドさん こんにちは
草津,白根山の麓 芳ヶ平へ行かれたんですね。
新緑の湿原にワタスゲが咲いていたりとなかなか良い所ですね。
レッドさんの前に載っていました美人コマクサを探しに草津
白根山に行って来ました。
コマクサは8分咲き、見事!久しぶりに見る草津白根山の
雄大さに圧倒されました。(火山性微動2交通規制あり)
2015年06月21日 18:33
インレッドさん こんにちは。
まだ行ったことが有りませんが良い所と聞いてました、気持ちが良さそうな所ですね。
六合村の方から入るのですか、チャツボゴケもまだ見ていません。秋も良さそうですね。夢さんは本白根山に行かれたようですが、調べたのですが規制がよくわかりません、コマクサもこれから良さそうですね。草津方面の山はまだほとんど行っていません。
2015年06月21日 18:44
インレッドさんは白根山でも草津の方へ行かれましたか!
<チャツボミゴケのある穴地獄>の景観、独特で美しいですね~!
日光白根山もそうでしたが、雪深い所はまだまだ雪渓が残ってますね!
表紙の写真がヒメサユリになっているようですが・・・行かれたんですね?
2015年06月21日 19:48
夢さん、今晩は。
コマクサを見に行ってきましたか、本当は7月に入ってからの方が良かったと思いますが、なかなか他所では見られない群生ですね、少し色が濃いコマクサが多いようです。
2015年06月21日 19:53
夢創歩さん、今晩は。
今回は、旧六合村から入りましたが、草津の方からが良いようです。チャツボミゴケ公園は入園料が¥300ほど掛かります。
草津白根は湯釜のある白根山付近は入れませんが、本白根は5時までならば大丈夫だと思います。
2015年06月21日 19:56
宮星さん、今晩は。
南郷の高清水のヒメサユリはそろそろ終盤だと思いますが、浅草岳あたりはこれからだと思います。トップのヒメサユリは数年前の鬼ヶ面山で撮ったヒメサユリです。
orihimeff
2015年06月21日 20:39
こんばんは。
2年前のお盆に奧志賀に行く時にチャツボミゴケ公園に途中寄りしました。
緑の苔と水が綺麗で珍しい景色に喜んで水池まで歩きましたが、木は茂って熊でも出そうな静けさに臆病な私は早々に引き揚げました。
真夏で無く新緑やツツジの花の頃が良いでしょうね。
芳ガ平まで続くコース、紅葉の頃に歩いてみたいです。


2015年06月21日 22:51
こんばんは
白根山の近くを車で何度か通過した事はありますが、こんなに美しい場所が近くにあったんですね♪~
これからの季節は、色々な花で湿原も賑やかになって来そうですね♪~
チィーモ
2015年06月21日 23:16
インレッドさんこんばんは~
チャツボミゴケの緑が鮮やかですね。ワタスゲも沢山咲いてますね~
チャツボミゴケは今は亡き父との思い出の場所です。
ツツジとチャツボミゴケのコラボが美しかったことを思い出します
芳ケ平はラムサール条約の関係で何度か新聞に掲載されてましたね
渋峠から行って見ようかと考えてます
2015年06月22日 07:12
ここは群馬でもよく行く所です。
往復されたのですか?結構な距離でしょう。私はチャツボミ公園から一廻りしてもどりました。往復と云う概念がなかったので、芳ケ平まで行ったら帰りの足があるかしら?なんて考えていました。
上から芳ケ平に降りてくるコースも好きです。こちらはバスが片道助けてくれます。
2015年06月22日 08:57
orihimeffさん、お早うございます。
この道は危険な所はありませんが1箇所だけ(大平湿原の少し先)沢を渡る所があります。水が多いとちょっと大変ですが後は大丈夫です。芳ヶ平を1周して下山するとかなりのロングコースになり。ゲートが閉まる前に帰るのは時間が気になります。朝は9時にならないと受付が始まりませんの遅い出発になります。
カスミッシモ
2015年06月22日 09:00
おはようございます。
美しい湿原です!
ご紹介ありがとうございます。チャツボミゴケは舌をかみそうです。
一度は歩いてみたくなる所ですね。
2015年06月22日 09:01
リッキーさん、お早うございます。
ここは渋峠か逢ノ峰から芳ヶ平ならば簡単に歩くことができます。白根山は現在火山活動がレベル2になっていますので、午後5じ以降は道路は閉鎖されます。ゆっくり歩くのならば渋峠からの方が良いかもしれません。
2015年06月22日 09:05
チィーモさん、 お早うございます。
そうでしたか、以前ブログにアップしていましたね。
渋峠から芳ヶ平ならば簡単に歩けますが、下の湿原の方に行くと帰りがちょっと大変です。やはり秋が良いかも知れません。
2015年06月22日 09:09
さえ さん、お早うございます。
今回は往復ピストンでした、少しロングコースですが、行きは登り一辺倒ですが、それほど急登は無いので大丈夫ですが1箇所だけちょっと嫌な渡渉地点があります。横手山の下の渋峠付近から歩くのが一番楽ですね。
2015年06月22日 09:13
カスミッシモ さん、お早うございます。
本当に舌をかみそうな名前ですし、穴地獄なんて怖そうな名前ですね。ここは昔鉄鉱石を掘っていた所です、近くに日本鋼管の工場もありましたが、今は保養所になっています。JR吾妻線はここの鉄鉱石を運ぶため作られたそうです。
nousagi
2015年06月22日 14:10
初めて聞きました。
綺麗な緑の苔ですね。
指が溶けるほどの(笑)強い酸性にも負けない
というより、そんな場所を選んで生きる苔なんでしょうか。
芳ヶ平ヒュッテは、外見はそれほどではないのですが(笑)
けっこう人気のある山小屋なんですね。
2015年06月22日 20:36
えっnousagiさんほどの方が、ここはまだ未踏でしたか・・・
なかなか雰囲気の良い湿原ですよ、秋にでもぜひお越しください。
芳ヶ平ヒュッテのコーヒーは、今はどうか知りませんが、以前は街で飲んでいるようで、音楽も洒落たジャズでした。山小屋で聴いていると言うのをすっかり忘れて、まるで銀座の喫茶店で聴いているようでした。
nori
2015年06月22日 20:39
霧に霞む芳ヶ平の雰囲気もなかなか良いですね
チャツボミゴケなんて始めて聞きましたが、
本当にビロードのようで綺麗です。
てくてくA
2015年06月23日 00:06
インレッドさん、こんばんは
へ~!こんなに綺麗なところあるのですか!
芳ケ平は、行ったことないのです。
あの周辺は、車で通過した事しかないので・・・・
なんとなく、ガスが怖いイメージがあるのですよね。
なるほど、今度行ってみようかな。
2015年06月23日 09:38
noriさん、お早うございます。
この苔はなかなか綺麗でしょう!。写真を撮る方が三脚を構えて数人ほどいましたよ。いかがですか是非撮りに来て見てください。
2015年06月23日 09:42
てくてくA さん、お早うようございます。
この芳ヶ平だけでは楽すぎて面白くないかも知れませんから。ついでに横手山にでも登って。芳ヶ平に行くと良いかも知れません。この辺りは白根山火山活動の範囲外ですから大丈夫ですが、道路は5時過ぎには閉鎖されると思います。
2015年06月23日 21:43
achisiさん、今晩は。
気持ち玉ありがとうございます。
2015年06月23日 21:44
MORINOBUNAさん、今晩は。
気持ち玉ありがとうございます。
2015年06月23日 21:45
peroさん、今晩は。
気持ち玉ありがとうございます。
2015年06月23日 21:46
みっちゃん さん、今晩は。
気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック