インレッド残照録

アクセスカウンタ

zoom RSS 三坂峠より白砂山方面へ 2018/8/11日

<<   作成日時 : 2018/08/12 15:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 16

山の日のこの日、国内最長の、ほぼ100kに及ぶロングトレイル「ぐんま県境稜線トレイル」が全線開通しました。と言ってもほとんどが今迄あった登山道をつないだだけですが、その内、今日これから登る 三坂峠〜白砂山のコースだけが、今まで登山道が無く、新しく作られて、本日開通したばかりの登山道です。

     途中の稜線(帰りに撮影 後ろの青い山は赤城方面)
画像


この三坂峠から白砂山へのコースは、無雪期は密藪の藪漕ぎになり、有雪期はかなりの雪積量で登ることが出来ません。今迄で山好きな「山ヤ」さん達に僅かに残雪期に登られていた山域です。私も一度残雪期にトライして見ましたが、林道歩きだけで膝を越すラッセルに疲れ、何とか辛うじて一山だけ、ちょこっと登り敗退した所です。

       その時の画像です
画像画像













さて開通日の今日は、大勢の登山者で賑わっているだろうと思ったら、登山口の旧三国スキー場付近には、工事用のトラックが1台停まっているだけでした。

     登り始め
画像


今日は生憎霧雨の降る天気で、カッパを着てでは暑いので傘を差し、カメラはコンデジをポケットに入れて登りました。

画像


丸木橋と道標がある渡渉地点に着きましたが、昨日の雨で水量が多く、おまけに橋はありません、一気にイチ ニイのサンで駆け渡りました。

画像


画像


画像


1時間ちょっとかかり、三坂峠とこれから登る、新しく造られた白砂山への分岐に着きました。

画像


さあこれから登る、新しく造られたこのルートは、多分私が最初の登山者と思います。刈り払いされた笹の道は歩きにくいだろうと思ったら、丁寧に刈り払われていて、登山者に踏み固められても居ず、フワフワと足に優しく歩きやすい道でした。

画像


画像


画像



晴れていれば前方に白砂・佐武流などの山々が見え、後方には三国山・平標・仙ノ倉などの谷川の山々が見える筈ですが、今日は生憎何も見えません。

画像


案外歩きやすい道ですが、結構アップダウンが多く、帰りにはきっと辛いかもしれません。

      傘を差しながら歩いています
画像


画像


画像



画像


画像


この県境のトレイルはこの区間以外は、今迄に全部歩いたことはあります。特に野反湖〜横手山区間は歩く人も居ず、熊さんにヘビに大きなガマガエルに出会っただけで、当時は道も不明瞭で野反湖からカモシカ平・大高山・ダン沢の頭・赤石山と大変苦労した区間でした。早朝に歩き始め帰りは真っ暗山の道で、まだ若い時代でしたので歩けたコースです。

     ぐんま県境稜線トレイルのルート
画像


画像


今迄林間の道でしたが、この辺りからは熊笹の草原歩きになりました。晴れていればどんな景色が見えるのだろうかと思いつつ、群れて飛ぶトンボと一緒に歩いていました。

画像


画像


画像


雨が少し多くなってきて、レンズが濡れるようになってきました。

画像


奥に見える山が、取りあえずの目標の「セパトの頭」かな??。ここに落ちた雨は、やがて新潟県十日町の清津峡へセパト川となり流れて行きます。

画像


画像


画像


標識類は全く無い セパトの頭に着きました。僅かに赤テープが山頂を知らせているだけの山頂です。

画像


今日は更にこの奥の上ノ倉山〜忠次郎山までは行く積もりでしたが、雨が少し激しくなり、おまけに足も攣って来ました。ここからは展望のない林間コースになるようなので、今日はここまでとして、木の下蔭で食事をして下山することにしました。

     更に先のコース
画像


     残雪期に四万温泉付近から良く登った 栂ノ頭〜コシキの頭方面
画像


画像


画像


     奥に稲包山
画像


下へ降りてきたら青空も少し見えて来ました    

      稲包山
画像


      西稲包山かなー??
画像


今回のこのコースの上部は一部 白砂山から上ノ間山だけは残雪期に歩いたことがります。そのあたりも展望は良く草原のような尾根歩きになり、残雪の佐武流山が良い眺めでした、今日のこのコースはアップダウンが多くありますが、美しい林間や草原歩きもあり、春夏秋冬面白い山域のようです。

画像


今日は誰にも会うことのない登山で、このコースを歩く最初の登山者だったようです。、記念する登山でしたが、奇しくも前日に、このコースを視察していた、県の防災ヘリが墜落し9人の方が亡くなりました。

       良いコースを有難うございました。御冥福を祈ります。

画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
記事を読み始めたら、登山ルートを確認に行った”はるな”の事故のところだと・・・
事故に遭われた皆様のご冥福をお祈りいたします!
さすが、インレッドさん、このコース一番乗りでしたか!
ご無事の下山、おめでとうございます!
宮星
2018/08/12 19:10
インレット様 こんばんは。
凄いコースを考えられた皆様に感謝ですね。
事故に遭われた皆様のご冥福お祈りいたします。

また素敵なコースを制覇されますでしょうか??
たかちゃん
2018/08/12 20:04
信越トレイルよりも厳しい山がたくさんあるトレイルのようですね。所々は歩いたことがありますが、特にこのコースは魅力があります。
nori
2018/08/13 06:52
開通、第一号ですね。
11日は霧雨が降っていたのですね。
こういう所はソロでは自信がないので、誰か同行者を探さなくっちゃ。

出かけずに家でだらだら、休みは残っていますが、行かずじまいかもしれません。

はるなの事故には心痛みますね。
chiaki
2018/08/13 07:25
宮星さん、今晩は。
ここは残雪の頃や紅葉の頃はきっと素晴らしい稜線だと思います。群馬県境トレイルの中で最後まで登山道が無かった山です。多分この登山道では最初の登山者だったと思いますので私にとっては記念の稜線です。
インレッド
2018/08/13 18:33
たかちゃん さん、今晩は。
お盆は如何お過ごしでしょうか。
ここはまだ真ん中付近が未踏です。上の白砂山から降りて来れば案外楽かも知れませんが、野反湖から白砂山までも結構きつい山です。
インレッド
2018/08/13 18:36
noriさん、今晩は。
ここは残雪の頃は、白い雪を被った苗場や佐武流や谷川連峰の眺めが良いと思いますので、その頃に是非登って見て下さい。信越トレイルよりはきついですよ。
インレッド
2018/08/13 18:39
chiakiさん、今晩は。
ここはchiakiさんならば、更に奥の忠次郎から白砂まで日帰りで行くことが出来ると思います。是非トライしてみて下さい、なかなか良い稜線ですよ。
インレッド
2018/08/13 18:42
またまた凄い所に行って来ましたね。登山道がずーっと刈り払われた道のようで、枯れた笹を踏みしめての草原の道もなかなか展望が良さそうですね。
hana
2018/08/14 05:08
こんにちは。
三国スキー跡からでしたか、四万温泉から稲含山ー三坂峠ー白砂山ー野反湖で周回、車回収が出来るかなーと思ってますが1泊2日でしょうかねー。山の日は天気がよく無かったのですね、少しづつピストンでもいいですね、もう少し涼しくなったら天気のいい日に行ってみたいです。一番乗りご苦労様でした、道はきれいに刈り込んであるようですね。
夢創歩
2018/08/14 14:09
初開通ルートの初歩き、おめでとうございます。
地図を出してみましたが、三坂峠から白砂山長いですね。
コースタイムは9時間位かかるでしょうか。
気持の良い登山道で、これから歩く方も増えることでしょう。
最新情報をありがとうございました。
orihime
2018/08/14 20:26
インレッドさま、ご無沙汰しております。今年は暑いですね。
早速の「ぐんま県境稜線トレイル」情報、ありがとうございます。
前日からはるなの事故で確認することになり残念でしたね。
ネットで観ましたが、稜線歩きが気持ち良さそうなところもありますね。
少しずつ挑戦してみたいですね。またお勧めコースのアップもお願いいたします。!
るたん
2018/08/15 10:28
夢創歩さん、こんにちは。
四万ダム方面から白砂経由で野反湖までは1泊2日ではかなり強行です。車の回収もザックを背負って自転車では無理だと思います、オートバイでも積んで行けば別ですが、もうそんな無理な事は考えずに、そろそろ歳相応の登山をお勧め致します。
インレッド
2018/08/15 10:49
orihimeさん、こんにちは。
昨日私もレンゲショウマを見に行って来ましたよ。
三坂峠までも画像のように沢を渡渉したり楽ではありません。白砂からさらに野反湖迄は日帰りでは かなりハードなコースになります。私はこのコースは、今回セパトの頭まで行ったので、残りは上ノ倉から忠次郎までが未踏です。秋や残雪の頃は良さそうです。
インレッド
2018/08/15 10:56
るたん さん、御無沙汰しています。
白馬ではchiakiさんと出会ったようですね、黒戸尾根など頑張っているようで、体調はすっかり良くなったようです。
今回のルートはこの県境トレイルでは一番厳しい領域です、テン泊でないと全部聡は難しい所です。
先日 meru見ましたよ、私と同じ首のコルセットをしていました。
インレッド
2018/08/15 11:01
hanaさん、今日は
毎日暑いですね。ここは林も紅葉樹が多いようなので、秋の頃もよさそうで、残雪歩きにも面白いようで、これからが楽しみです。
iインレッド
2018/08/15 11:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
三坂峠より白砂山方面へ 2018/8/11日 インレッド残照録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる